彼氏に依存してしまう恋愛が二人を不幸にするその理由とは

彼氏に依存してしまう恋愛が二人を不幸にするその理由とは

彼氏に依存している人の多くが、依存していることを自覚していません。でも、彼氏に依存していることに気づいて、改善しなければお互いが不幸になってしまうかもしれませんよね。

私たちは、誰かと関わると多かれ少なかれ相手に依存してしまうところがあります。もちろん、依存し合うことでお互いが助け合える関係もあるので、そのすべてに問題があるわけではありませんが、どちらか一方の依存が極端に強いと、それは相手にとって大きな負担となります。

これがお互いを不幸にするんです。恋愛していると、何をしていても彼氏のことばかり考える、彼氏に嫌われないよう振る舞う、メールの返事がすぐにこないと不安になるなど、多くの人が一度は経験がありますよね。

でも、これらが日常的になっている場合は注意が必要です。ここでは、お互いが不幸になる前に知っておきたい、彼氏に依存することが危険な理由をお伝えします。

 

彼氏に依存してしまう恋愛が
二人を不幸にするその理由とは

 

彼氏を優先してしまう

彼氏に依存していると、何があっても彼氏を優先しがち。中には、すでに入っている仕事や友人との予定をキャンセルするほど、彼氏を優先してしまう人もいますよね。

でも、毎回彼氏を優先していると、周囲からの信頼を失ってしまいます。また、彼氏を優先するあまり、友人の誘いを断ったり、休日に予定を入れずに連絡を待ったりなどして、自分の時間を有効に使えなくなってしまうことも・・。

幸せとは、彼氏と過ごす時間にだけ存在するものではありません。今、どう過ごすかが、未来の幸せを決めているので、今、彼氏だけを優先していると、将来的な幸せを逃すことにもなりかねないんです。

パートナーとは、対等な関係でいるのが理想です。でも、いつも彼氏を優先していると、彼氏の方は、何でも自分の思いどおりになると勘違いしてしまうので、いつしか主従関係ができあがり、都合のいい女になってしまうこともあります。

 

ほかのことが手につかなくなる

彼氏と一緒にいなくても、ふと彼氏のことを考えることってありますよね。これだけなら、彼氏に依存しているようには見えませんが、彼氏と一緒に過ごしていないのに、いつも彼氏のことばかり考えている場合には要注意。

彼氏に依存しているかもしれませんよ。いつも彼氏のことを考えているだけでは、彼氏に迷惑がかかることはほとんどありません。

でも、仕事や勉強など、目の前にある今あなたがやらなければいけないことに集中できなくなってしまうので、成績が落ちたり、つまらないミスを引き起こしたりなどして、あなた自身に影響が現れてしまうんです。

影響が出るのが自分だけなら問題ではないと思ってしまう人もいますが、どれだけ望んでいても、今の彼氏と一生を添い遂げるとは限りません。

今だけでなく、将来的な幸せを手に入れるためにも、彼氏と一緒に過ごさない時間は、自分の時間として大切に過ごしたいですね。

 

自分を犠牲にして我慢してしまう

大好きな彼氏には、嫌われたくないと思うのは当然ですよね。でも、必要以上に嫌われることを不安視していると、いつの間にか自分を犠牲にして、彼氏の好きなように、彼氏が喜ぶように判断して、行動するようになります。

これを「私は彼氏に尽くしている」とか「彼氏への愛情表現」だと捉える人もいますが、これは、彼氏への依存です。残念なことに、あなたがどれだけ自分を犠牲にして我慢しても、彼氏にあなたの愛情が正しく伝わることはありません。

本当の意味で、あなたの不安が解消することはないんです。そのため、我慢する場面は増える一方。残念ながら、自分の感情を押し殺した付き合いの中に、本当の意味での幸せはありません。

また、あなたが我慢し続けることで、お互いがお互いを依存し合う共依存の関係ができあがることがあります。共依存の多くは、自分を犠牲にして相手の世話を焼くのが特徴で、DVに発展してお互いが不幸になることもあるほど危険です。

 

彼氏を束縛してしまう

彼氏と一緒に過ごす時間は、幸せそのもの。でも、いくら恋人同士とは言え、適度な距離感は必要ですよね。でも、彼氏に依存しているといつでも彼氏と一緒に居たい、彼氏のことはなんでも知りたいと思いがち。

結果として、用もないのに頻繁に連絡したり、彼氏のSNSなどをこまめにチェックしたりしてなどして、彼氏の行動すべてを把握しようとします。

これでは、彼氏のプライバシーはないも同然なので、彼氏は窮屈さを感じるだけ。ストーカーだと受け取られても仕方ない行為なんです。付き合っていても、一緒に過ごす時間以外は、お互いが自由であることが幸せになれる秘訣だということを忘れずにいたいですね。

 

問題を直視できなくなる

彼氏に依存していると、正しい判断ができなくなってしまいます。目の前で浮気や暴力などの問題が起こっていても、それを直視できずに、気づかないフリをしたり、問題を解決しようとせずに我慢したりしてしまうんです。その結果、事態がどんどん悪化して、お互いが望まぬ不幸を引き寄せることにつながります。

 

いかがでしたか。

彼氏とは幸せになりたいですよね。でも、彼氏に依存し過ぎていると、お互いが不幸になってしまうかもしれません。彼氏に対する依存は、自分に自信のない人や人の意見に左右されやすい人、不安感が強い人に多い傾向があります。

ひとたび彼氏に依存し始めると、何があっても彼氏を優先しようとするので、あなた自身の周囲からの信頼を失います。また、彼氏に嫌われないようにするあまり、自分を犠牲にしてまで我慢しがち。そのため、お互いが不幸になる共依存の関係へとシフトしてしまうこともあるんです。

依存は、たびたび愛情と勘違いされがちですが、これは相手に対する執着で、愛情とは異なります。ここにご紹介したことを参考に、彼氏に依存することがお互いが不幸になる理由を知り、彼氏への依存を改善してくださいね。

 

まとめ

彼氏に依存してしまうとどうなるか

・ 彼氏を優先してしまう
・ ほかのことが手につかなくなる
・ 自分を犠牲にして我慢してしまう
・ 彼氏を束縛してしまう
・ 問題を直視できなくなる


連記事
嫉妬 恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました