ラインで告白するなら知っておきたい「OK」を貰うポイントとは

ラインで告白するなら知っておきたい「OK」を貰うポイントとは

最近では、ラインで告白する人が増えています。これまで、相手に直接伝えることが大切だとされてきた告白も、時代の移り変わりとともにその方法が少しずつ変わり、20代のおよそ3割の人がラインでの告白経験があるというアンケート結果もあるほど、ポピュラーになっているんです。

ラインで告白と聞くと、なんとなく軽いイメージもありますが、ラインでの告白には、想いを素直に伝えることができる、相手の反応を確かめながら告白できる、上手にスタンプを活用すれば好印象を与えられるなど、メリットもたくさん!だからこそ、ラインで告白する人が増えているんですね。

でも、どうせ告白するなら、少しでも成功率をアップさせたいと思うもの。そこで今回は、ラインで告白する前に知っておきたい「OK」の返事をもらうために抑えておきたいポイントをお伝えします。

 

ラインで告白するなら知っておきたい
「OK」を貰うポイントとは

 

告白前に距離を縮めておきましょう

出会って間もない人やあまりよく知らない人に告白されても、警戒してしますよね。多くの人が、あまりよく知らない人や出会って間もない人の告白をOKすることはほとんどありません。

「よく知らないこと」を理由に断られてしまうんです。告白の成功率を上げるためにも、まずは告白前に相手との距離を縮めておきましょう。

告白の成功率がもっとも高いのは、出会ってから3ヶ月以内の告白です。この3ヶ月の間に、メールやライン、電話などのやり取りを重ねて、二人の距離を縮めておきましょう。

何気ないやり取りを重ねることで、相手の見えなかった一面が見えたり、新たな魅力を発見できたりするかもしれませんよ。

ただし、どれだけ距離を縮めたいと思っていてもやり過ぎは禁物!中には、あまり親しくない人とのやり取りを快く思わない人もいるので、週に1回程度から始めて、相手の反応を見ながら徐々にやり取りの頻度を増やしていきましょう。

 

送る相手を間違えないようにしましょう

送る相手を間違えてラインしたなんて経験がある人は少なくないですよね。他愛ない会話であれば「ごめんね。間違えちゃった」ですみますが、告白ともなれば話は別。あとで、詳しく話を聞かれたり、からかわれたり、間違えた相手が異性の場合には、相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。

直接伝える告白とは違い、ラインで告白する場合には、こうした間違いが起こることもあるので、どんなに緊張していても、相手をしっかりと確かめてから想いを言葉にしてくださいね。

 

送る時間帯に気をつけましょう

ラインは、相手の状況がどうであれ、送ってさえおけば手軽に相手に伝えたいことを伝えることができるのが便利なところ。でも、ラインで告白する場合、タイミングによっては告白の成功率を大きく左右するんです。

真夜中や早朝など、寝ている時間帯や忙しい時間帯の告白は、心に響きません。かえって自分勝手なイメージを植えつけてしまうことも・・。これでは、告白の成功率が下がってしまいますよね。

ラインを使った告白を成功に導くためには、送る時間帯を考えることも大切です。ラインで告白するときには、忙しい時間帯や深夜を避け、いきなり告白するのではなく、まずは相手の状況を確認しましょう。相手が何かしている場合には、時間を改めると良いですね。

 

シンプルに告白しましょう

いざ、ラインで告白するとなると悩むのが告白の言葉。自分の想いをしっかり伝えようとすると、どうしても長文になってしまいますよね。

でも、想いのたけをただズラズラと並べただけでは逆効果。かえって、想いが伝わりにくくなってしまうんです。告白は、想いを伝えるためのもの。つまり、想いを理解してもらうことの方が大切です。

分かりやすく簡潔な言葉ほど理解を得られやすいので、ラインで告白するときには、できるだけ分かりやすくシンプルな言葉を使いましょう。

このとき、絵文字やスタンプ、顔文字を避けるのがポイント!真剣さを伝えるためにも「好きです」「付き合ってください」など短い言葉でもしっかりと気持ちが伝わる言葉を選ぶと良いですね。

敬語にするとより真剣さを伝えることができます。また、ひと昔前であれば純愛に見えた「ずっと見ていました」などの言葉は、ストーカーと受け取られてしまうこともあるので、勘違いされてしまう言葉には注意が必要です。

 

返事がなくても気長に待ちましょう

ラインで告白すると、既読がついているのに返信がもらえないということがあります。そんなとき、つい返信を催促したくなりますよね。でも、相手は真剣に考えているところかもしれません。

そんなときに返信を催促されると、気持ちの整理がついていないことを理由に断られてしまう可能性が高まるんです。なかなか返事をもらえなくても、焦らず気長に待ちましょう。

数日待っても返信がない場合には、別のことを話題にしてラインを送ってみても良いですね。告白後の楽しいやり取りが良い返事につながることもあるので、告白したらそれで終わりではなく、返事をもらえるまではできることをやってみましょう。

また、もしも結果がダメでも、真剣に考えてくれたことに対してお礼を伝えることを忘れずに!たったこれだけで、あなたの好感度がアップするので、今後につなげることができますよ。

 

いかがでしたか。

意中の相手に告白を考える瞬間ってありますよね。でも、直接伝えるほどの勇気が出ない、緊張して告白できないなんて人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのがラインでの告白です。ラインでの告白は、相手の反応を確かめながら伝えられる、想いを素直に言葉にできるなど、直接伝える告白とはまた違ったメリットがあります。

直接伝える告白との成功率も変わらないので、なかなか勇気が出ない人にピッタリの方法ですね。とは言え、ただ想いを伝えれば良いわけではありません。

「OK」の返事をもらうためには、抑えておきたいいくつかのポイントがあるんです。ラインで告白するときには、相手が忙しい時間や寝ている時間を避け、分かりやすいシンプルな言葉を選びましょう。

既読がついてもすぐに返信がないこともありますが、焦って返事を催促するのは禁物です。ラインで告白するときには、ぜひここにご紹介したことを参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

ラインで告白して「OK」を貰うには

・ 告白前に距離を縮めておきましょう
・ 送る相手を間違えないようにしましょう
・ 送る時間帯に気をつけましょう
・ シンプルに告白しましょう
・ 返事がなくても気長に待ちましょう


連記事
告白恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会