Lineで告白するには秘訣がある、うまく気持ちを伝えるコツ

Lineで告白するには秘訣がある、うまく気持ちを伝えるコツ
好きな人にLineで告白するには、どうしたらいいかわからなくて悩んでいる人もいますよね。Lineではお互いの顔が見れないため、文章だけで自分の気持ちを相手に伝えなければなりません。

しかし、文章だけでうまく気持ちを伝えようとすると、なかなかうまくいかないものです。焦ってLineで告白したばかりに、誤解が生じてしまい振られてしまう可能性も考えられます。実はLineで告白するには、成功させるための秘訣があるんですよ。

せっかく想いが募って告白するのですから、この秘訣を知って実行することで、告白を成功させましょう。そこで今回は、Lineで告白するには秘訣があることを知って、うまく気持ちを伝えるコツをお伝えします。

 

Lineで告白するには秘訣がある、
うまく気持ちを伝えるコツ

 

1人でゆっくりLineが読める時間帯に送ろう

Lineで告白するには、まず相手に読まれなければいけません。告白のLineを送った時に、もし意中の相手が飲み会に出ていて周りにたくさんの人がいる状況だったら、その場でLineを見ようとは思いませんよね。その時は帰ってからゆっくり読もうと思っていても、忘れてしまうこともあるでしょう。

また、告白のLineは内容としてはどうしても重いものですので、相手に余裕がある時に送らないと、受け取り方が変わってきてしまいます。ですからLineで告白するには、相手がゆったりとしている時間、余裕がある時に送ることがとても大切なんですよ。

人によってゆっくりしている時間は変わってきますので、まずは相手の生活の流れを大雑把でいいので把握します。そして、この時間ならLineをゆっくり読んでもらえるであろうということがわかったら、意を決してLineで告白してみましょう。

 

Lineの内容は短くシンプルに

Lineで告白するには、内容は短くシンプルにする必要があります。もしあなたがLineで告白されたとして、好きになったきっかけや理由、今後のことなどを長い文章で送られたら、どう思いますか?あまりにも文章が長いと、読む気も薄れますし、ドキドキ感もなくなりますよね。

人によっては恐怖感を覚える人もいるかもしれません。そう思わせてしまっては、Lineで告白しても振られてしまうことが目に見えてしまいます。ですからLineで告白するには、自分の素直な思いを短くシンプルにまとめましょう。

言葉が少ないことで、その短い分に込められたあなたの思いをくみ取ろうと、受け取った相手があなたのことを色々と考えることができます。また、シンプルに言いたいことを伝えることで、誤解を与える可能性も低くなり、あなたの気持ちがうまく伝わります。

 

敬語を使うと思いが伝わりやすい

告白したいと思う時、相手とは親しくなっている関係のことが多いですよね。親しい間柄であれば、普段は軽い口調で話やLineのやり取りをしているでしょう。

いつもの調子で告白してしまうと、せっかくの大事な言葉も軽くなってしまい、本当の思いが伝わらない可能性もあります。ですからlineで告白するには、敬語を使いましょう。もともと敬語には相手を敬ったり、大切に思う気持ちが込められています。

ですから親しい間柄で使うと引き締まった印象を与えます。また敬語を使うことで、自分の気持ちがいかに本気かということも伝えることができるのです。Lineで告白するには丁寧な言葉遣いを心がけ、自分の気持ちを相手に誤解を与えることなく伝えることが大切です。

 

「付き合いたい」とはっきり言おう

告白する時には、思いを伝えればそれだけでいいと思う人は少なく、多くの人は意中の相手と付き合いたいと思っていますよね。Lineで告白するには相手を好きな思いだけ伝えても、「だからどうしたいのか」までを伝えておかないと付き合うところまで繋がらないことがあります。

また、好きな思いだけ伝えて「ありがとう、これからも仲良くしよう」などと言われた時に、自分では付き合えていると思っていても、相手はそんなつもりではなかったということもあります。

誤解して悲しい結果にならないためにも、Lineで告白するには、必ず「付き合いたい」とその気持ちをはっきり伝えましょう。「付き合いたい」と言われると、相手は自分のことを考えて返事をする必要があることを認識してくれるものです。

 

急がないけど返事がほしいことを伝えよう

Lineで告白すると、顔を合わせないので返事を曖昧にする人もいます。返事を曖昧にしておくことで、今の関係性をキープしている可能性もあります。告白する側からすれば、いつまでも返事がもらえないととても不安になりますよね。

ですからLineで告白するには、必ず返事がほしいということを伝える必要があります。しかしここで重要なのは、返事をせかさないこと。返事を急がせてしまうと、相手にとって自分は気を使えない人だという印象を与えてしまい、告白が失敗に終わってしまう可能性が高くなってしまいます。

相手にもすぐに返事を返せない事情があるかもしれないことを理解して、返事はほしいけど急がないというところまでしっかりと伝えましょう。そうすることで、既読が付いているのに返事がこなくても、「今は考えているところなんだな」と余裕を持って待つこともできますよ。

 

いかがでしたか。Lineはいまやコミュニケーションツールとして当たり前のものとなってきました。電話やメールで告白する人がいるように、Lineで告白する人も増えてきています。とはいえ、Lineは文章だけのやりとりとなるので、誤解が生じやすいものとも言えるでしょう。

Lineで告白するには、自分の思いを正直にわかりやすく伝える必要があります。また目の前にいないからこそ、相手のことを思いやり今ならLineしても大丈夫だという状況で告白しましょう。

そうすれば、Lineでの告白でもしっかりと思いを伝えることができ、相手にも誠意が伝わるものです。今回紹介したlineで告白する秘訣をぜひ実行して、幸せな日々を掴み取ってください。

まとめ

Lineで告白するには

・ 1人でゆっくりLineが読める時間帯に送ろう
・ Lineの内容は短くシンプルに
・ 敬語を使うと思いが伝わりやすい
・ 「付き合いたい」とはっきり言おう
・ 急がないけど返事がほしいことを伝えよう


連記事
告白恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会