仲良くなりたいと思ったら読む、親交を深める5つのステップ

仲良くなりたいと思ったら読む、親交を深める5つのステップ
性別や年齢を問わず、仲良くなりたいと思った相手とは良い人間関係を保ちながら親交を深めていきたいですよね。ただ、相手のことを意識してしまうと、緊張して対応がぎこちなくなってしまったり、挙動が不審になってしまったりしてしまうことはよくあることです。

せっかく仲良くなりたいのに、相手に妙な警戒心を持たれてしまっては元も子もありません。一方で、押しが強すぎるのも相手を困惑させたり、馴れ馴れしい印象になって距離を置かれてしまったりしてしまう可能性があります。

適切な距離を保ちながら円滑に良好な人間関係をつくっていくということは、とても難しいものです。そこで今回は、仲良くなりたいと思ったら読む、親交を深める5つのステップを5つお伝えします。

 

仲良くなりたいと思ったら読む、
親交を深める5つのステップ

 

どうして仲良くなりたいのかを意識しましょう

まず、仲良くなりたい相手について、なぜ仲良くなりたいと思ったのかを考えてください。趣味が同じ、話が面白い、容姿が好み…などなど、些細なことで良いのです。仲良くなりたい理由を意識することで、円滑に親交を深める際のヒントになります。

例えば趣味が同じで一緒に楽しみたいと思うなら、その趣味の話題から一気に距離を縮められるかもしれませんよね。仲良くなりたい理由を意識しておくことは、お近づきになる前に、相手にも親近感を持って貰えるように準備をするということ。

良好な人間関係を築く上で、第一印象というものはとても大切です。仲良くなりたい相手にできるだけ良い印象を与えられるような、そんな出会いにするために少し工夫をしましょう。

 

相手との共通点を見つけましょう

先ほど、仲良くなりたい相手と趣味が同じであれば、その趣味の話題から距離を縮めやすいとお伝えしましたが、仲良くなる近道はやはり共通点を探すことです。

仲良くなりたいと思うわけですから、それまでは相手のことについてあまり知らない場合がほとんどだと思いますが、例えば話し方である程度の出身がわかる場合がありますし、世間話から世代や考え方もわかります。また、服装を見れば好みの雰囲気やブランドなどもある程度は推測できますね。

そうした様々な視点から何か自分との共通点を見つけてみてください。どうしても無い場合は、共通点を作ってしまってもいいでしょう。仲良くなりたい相手と同じ趣味を始めたり、同じブランドの物を購入してみたり、相手が不快にならない程度に真似してみるのも1つの手段ですよ。

 

直接・間接問わず接点を増やしましょう

さて、仲良くなりたい相手とは、できる限り多くの時間を共有したいですよね。先ほど例としてお伝えした「同じ趣味を始める」には、仲良くなりたい相手と会う機会を増やすという意味もあります。

直接会うことはもちろんですが、メールやSNS等で連絡できる間柄であれば、しつこくならない程度にやり取りを増やしてみてください。

また、友人に協力してもらい、自分の居ない場でも自分のことを話題にしてもらっても良いでしょう。同じ趣味を始めた場合は「ちょっとアドバイスして欲しいみたいですよ」という感じで、さりげなく伝えてもらうのです。ただ、あまりに不自然であからさまになると、相手も不審に感じてしまいますので、くどくならないように注意しましょう。

 

自分から笑顔で挨拶することを心掛けましょう

偶然でも予定していた場合でも、仲良くなりたい相手と対面する際には自分から積極的に挨拶するということを常に心がけておいてください。プライベートでもビジネスでも、人間関係を築く上できちんとした挨拶は基本です。

そして、挨拶の際に大切なのは笑顔であるということ。先ほど、第一印象が重要だとお伝えしましたが、きちんと挨拶ができるかどうかでその印象が本当に変わります。礼儀正しくできればそれで十分かもしれませんが、にこやかな笑顔で挨拶する方がより印象に残るでしょう。

さらに、挨拶をする際に相手の名前を添えると相手のこちらに対する親近感が増すと言われています。挨拶については仲良くなりたい相手に限らず、どのような人に対しても礼儀としてきちんとしておくべきですが、仲良くなりたい相手については名前を添えるということを意識すると良いかもしれませんね。

 

本音や悩みを打ち明けて心を開いていることを示しましょう

さて、人間関係を築く中でその距離をグッと縮めるきっかけの1つとして、“腹を割って話す”ということがあります。自分に心を開いてくれているのがわかると、相手との親密度が増したと実感しますよね。

仲良くなりたい相手とある程度交流を持つことができたら、あえて弱い部分を見せてみたりちょっとした悩みを相談したりしてみましょう。“貴方だから打ち明けるのです”という姿勢をみせるのです。頼りにされたり、信用してもらえたりすることを嫌がる人はいないでしょう。

ただ、気をつけたいのはあまりにも重い内容の話はしないことです。親友と呼べるほど、お互いのことはよくわかっているという関係であれば別ですが、そこまでの関係でない段階で深刻すぎる話をしても相手は困惑してしまいます。話題には注意しながら本音で話し合える関係を目指してくださいね。

 

いかがでしたか。仲良くなりたいと思ったら読む、親交を深める5つのステップをお伝えしました。同性であっても異性であっても、そして年齢差があっても無くても、仲良くなりたいと思える相手がいることはとても素晴らしいことです。

一生続くような人との縁は人生の大切な宝物であると言えますし、せっかく得ることができた縁は良い形で繋いでいかなければ勿体ないですよね。けれど、冒頭でもお伝えした通り、仲良くなりたいと強く思うほど、良い人間関係を築いていくのは難しいと感じるものです。

今回お伝えした方法で、ぜひ多くの方々と親交を深めていってください。そして、相手からも仲良くなりたいと思ってもらえるような人間になれるように心がけましょう。

まとめ

親交を深める5つのステップとは

・ どうして仲良くなりたいのかを意識しましょう
・ 相手との共通点を見つけましょう
・ 直接・間接問わず接点を増やしましょう
・ 自分から笑顔で挨拶することを心掛けましょう
・ 本音や悩みを打ち明けて心を開いていることを示しましょう


連記事