円満離婚をするコツを知って、遺恨を残さずに別れる方法

円満離婚をするコツを知って、遺恨を残さずに別れる方法
愛し合って結婚したとしてもいろんな理由で離婚を考えることはありますよね。もし、離婚をするならお互いに遺恨を残さない円満離婚を目指したほうがいいでしょう。円満離婚をするコツは、お互いが離婚についてしっかり納得することです。

離婚届を提出する最後まで言い争いもなく、お互いの幸せのために離婚できれば素敵ですね。あなたが離婚を考えている理由は、相手との価値観の違いや、相手の浮気、自分の浮気、子育てについてと原因はさまざまでしょう。

しかしどのような理由があったとしても、一度は結婚して夫婦になった相手です。ここで離婚後の相手の幸せを考えてあげることができれば、あなたも離婚後に必ず幸せになれます。

離婚はお互いの幸せのための再出発です。今回は円満離婚をするコツを知って、遺恨を残さずに別れる方法をお伝えします。

冷静になろう

円満離婚をするコツで大切なのは何よりも冷静さです。もし相手にどれだけ気に入らない一面や耐えられない部分があったとしても、その場の感情や勢いで「離婚しよう!」なんて言ってしまうと、相手だって感情的になってしまいます。

離婚という言葉を一言でも口にしてしまうと、その瞬間から二人の関係はギクシャクしてしまいますよね。そうなると、円満離婚に向けた話し合いも上手くいかなくなってしまうでしょう。円満離婚をするためには、とにかく慌てず冷静に考えてみてください。冷静になり、離婚についてしっかり考えてから話し合いを始めることが円満離婚をするコツです。

 

ふたりだけで話し合って決めよう

離婚をするべきかどうか悩みはじめると、自分の親や友人、近所の人なんかについ相談をしたくなりますよね。しかし、他人への相談はあまりしないほうがいいでしょう。誰かに背中を押してほしい気持ちもわかりますが、離婚をする理由は自分か相手にしかないはずですよ。

周りの人がこう言っていたから、という理由で離婚を決めることはあまりよくありません。離婚したいのかしたくないのか、自分で結論を出すようにしてください。そして相手とじっくり話し合えるのなら、ふたりだけで話し合うことが円満離婚をするコツです。
 

 

離婚後のことを話し合おう

離婚を決めたら、お互いの離婚後の生活について話し合ってみてください。離婚すれば相手とはそれで終わりだから関係ない、自分だけ幸せになればいい、と考えるのではなく、離婚したあとに相手も自分もちゃんと幸せになれるのかどうか考えることが大切です。

離婚はお互いが幸せになるための再出発。離婚した後に相手がどうやって暮らしていくのか、自分がどうやって暮らしていくのか、今より確実に幸せになれるのか。ふたりで話し合い、お互いに確認し合ってくださいね。

ふたりが離婚後の幸せをイメージできることが円満離婚をするコツです。また、子どもがいる場合は子どもの幸せについても考える必要があります。親権や養育費はどうするのか、面会交流はするのかしないのか。

離婚をしても血を分けた子どもですし、子どもにとっての生みの親はあなた達ふたりだけですので、よく話し合って決めてください。子どもの意見を聞いてあげることも必要ですよ。

子どもは思っている以上に親のやりとりを見ていますし、事情をわかっています。夫婦だけで勝手に決めず、対等な存在として話を聞いてあげるようにしたいですね。

 

お金には汚くならない

離婚の話し合いでおそらく一番もめるのは、離婚後の財産分与や慰謝料などのお金についてですよね。事情はいろいろあると思いますが、あまりお金に汚くならないことも円満離婚をするコツ。

もちろん離婚を決めた直接的な原因が相手の浮気や暴力、ギャンブルなどだとすれば、慰謝料をもらうのは普通ですし当然もらうべきです。

しかし仮に一円でも多くお金を手に入れようとして必要以上に相手を追い詰めてしまうと、冷静な話し合いができなくなってしまうでしょう。落ち着いて話し合えなければ円満離婚からは遠ざかってしまいますよね。

財産については離婚までに手に入れたお金や物はふたりのものですし、「そっちが浮気したのが悪いんだから〜」という考えで多く手に入れようとすれば相手もあれこれ理由をつけて言い返してくるので、やはりもめる原因になってしまいます。

大切なのは離婚後にどうやって稼いで暮らしていくかのほうです。財産分与や慰謝料はあくまでお互いが納得する形を目指してくださいね。

 

相手の意見を聞き、相手を疑わない

自分の意見ばかりを通そうとせず相手の意見聞いてあげることも円満離婚をするコツです。離婚の原因がどちらにあるにせよ、離婚前には相手の言い分もあるはずですよね。それを一度聞いてあげて、自分の意見も伝えて、お互いが納得した形の円満離婚を目指してください。

また、多少自分が損をしても、相手を疑わないようにしましょう。もしかすると相手の浮気が離婚後に発覚して、「慰謝料をもっと取れたのに」と嘆くパターンもあるかもしれません。

だからといって根拠もないまま相手のスマホを勝手に見る、探偵を雇うなどの相手を疑う行為は、されたほうもあまりいい気分はしませんよね。とにかく感情的になって冷静な話し合いができなくなるのは避けるべきです。

円満離婚をするコツは自分の意見ばかり通そうとせず、相手の主張もちゃんと聞いてあげること。納得するまで話し合ってくださいね。

 

やはり夫婦関係が上手くいかないと離婚を考えてしまうことは少なからずありますよね。お互いが納得して円満離婚ができるように、まずは冷静になって離婚について考えてみましょう。

離婚は、お互いが今より幸せになるための再出発。離婚して相手は幸せになれるのか、子どもは幸せになれるのか、自分は幸せになれるのかをしっかり考えて話し合うことが大切です。また、お金の話は一番もめるポイントでもありますので、感情的になってしまわないよう注意しましょう。

そして自分の意見ばかりでなく相手の主張も聞いてあげて、相手をあまり疑わないように。お互いが後悔することなく、円満離婚できたと思えるように、今回紹介した円満離婚するコツを試してみてください。

まとめ

円満離婚をするには

・ 冷静になろう
・ ふたりだけで話し合って決めよう
・ 離婚後のことを話し合おう
・ お金には汚くならない
・ 相手の意見を聞き、相手を疑わない


連記事
別れ 結婚
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました