人と話すのが苦手なら試す、リラックスして会話するコツ

人と話すのが苦手なら試す、リラックスして会話するコツ
会話は仕事や恋愛あらゆる面で必要になり、誰が相手でも楽しく会話ができるのが理想ですよね。人と話すのが苦手な悩みを克服するために、セミナーに参加にして勉強したり自己流に頑張っている方は多いと思います。

しかし人と話すのが苦手な人は、なかなかその壁を超えられず、なかには人に会うのがストレスになってしまう場合もあります。初対面の人との会話の場面を想像してみましょう。

なにを話していいかまったくわからず、気まずい沈黙が続いてしまうととても緊張してしまいます。するとさらに舞い上がってしまい、後でとてもがっかりする結果になるのです。

うまくコミュニケーションが取れない時は、話題を選ぶ前に必要なのがまずリラックスすること。そこで早速ですが、人と話すのが苦手な人にぜひオススメしたい、リラックスして会話をするコツをお伝えします。

 

人と話すのが苦手なら試す、
リラックスして会話するコツ

 

会話が苦手でも自己否定をせず安心しましょう 

人と話すのが苦手と感じるのは、決して珍しいことではありません。多くの方が同じ悩みを持ち、コミュニケーションに対する不安を抱えていますよね。

会話はできて当たり前、と間違った判断をしてしまう自分がまずは問題なのです。ほかの人ができるのに自分にはできない。そんな挫折感を味わってしまうと、せっかく楽しめるはずの瞬間もつまらなくなってしまいます。

人と話すのが苦手に思うのは自分自身を否定するよりも、まずはそんな苦手意識がある点を理解しましょう。苦手なものは経験や練習を積みかさねていけば必ず今よりも改善されていきます。

 

共通点を見つけて話を盛り上げましょう 

人と話すのが苦手なのはなぜか、色々な原因があります。恥ずかしがり屋さん、口下手、話題がないなど、会話が盛り上がらない要因はあちこちにありますよね。

仲が良い友達同士だって時には話題がなく、沈黙する瞬間はあります。リラックスできないのは会話の相手でなく、一人でその場を盛り上げようとする自分のせいかもしれません。

会話は一人でするものではなく、いつも相手との共同作業です。リラックスしてコミュニケーションを取りたいときは、まず共通点を見つける点を意識してみましょう。服装、表情、話し方など、共感がもてることを見つけて話のネタにしましょう。

 

相手に興味を持ちながら会話をしましょう 

会話は自分だけの話をすると相手がつまらない思いをしてしまいます。「話す」と「聞く」がお互いにバランスよくできるのが一番の理想ですよね。

しかし緊張して話すことが全く頭に浮かばないと、その場の空気が張り詰めたようになってしまいます。相手がどんな話題が好きか、趣味は何か、まったく情報がない状態で会話をしないといけない時があります。

そんな場合は相手にまず興味を持つことがポイントです。知りたい点についてどんどん質問しましょう。すると相手の答えのなかからもっと会話の幅が広がっていきます。無理に話題を見つけるよりも、自然な話の流れから糸口を見つけるとよいでしょう。

 

話のネタがない時は聞き役になりましょう 

人と話すのが苦手な人は、無理に自分がリードする必要はありません。会話で緊張するのは当たり前で、そんな苦手を無理やり隠そうとするとさらにぎくしゃくした雰囲気になってしまいます。

自分は緊張しているのだと少しだけ開き直ってみましょう。話のネタが見つからないときは、相手にしゃべらせるのが一番。人間の心理として、話をするとリラックスする効果があるといわれています。

相手がべらべら話して快適な様子が分かれば、自然と自分もリラックスできるようになるのです。人と話すのが苦手な人は、話すスキルよりも聞くスキルを身につけましょう。

 

表情を豊にして緊張感を減らしましょう 

人と話すのが苦手な時に必ず試したのが表情作りです。怖い顔や緊張した表情では、会話の相手がリラックスできませんよね。相手が誰であっても必ず好感が持てる素敵な笑顔を忘れず、相手を受け入れる姿勢をアピールしましょう。

また会話のなかでも、少し大げさにリアクションすると、さらに盛り上がるメリットがあります。面白い時は声を出して笑う、悲しい話は暗い表情をするなど、表情の作り方も意識してください。

 

いかがでしたか。人と話すのが苦手な時は、まず深呼吸してリラックスしましょう。緊張感が相手に伝わってしまうと、リラックスして会話をすることができませんよね。

苦手意識を克服するにはあらゆる角度からトライして、解決のヒントを見つけるとよいでしょう。人と話すのが苦手なら、会話の主導権を相手に渡してしまうのが一番。

簡単な話題のネタを提供するだけで、リラックスしてコミュニケーションが取れるようになります。どんな話をしようか、ネタが見つからないと焦ってしまう時は、相手にどんな質問をするべきが考えることがポイントです。

コミュニケーションはその人の魅力がわかり、さらに一歩踏み込んだ人間関係を築くために欠かせないツールです。人と話すのが苦手な自分を受け入れ、早速今日から会話を楽しんでください。

 

まとめ

人と話すのが苦手な時にリラックスして会話するには

・ 会話が苦手でも自己否定をせず安心しましょう
・ 共通点を見つけて話を盛り上げましょう
・ 相手に興味を持ちながら会話をしましょう
・ 話のネタがない時は聞き役になりましょう
・ 表情を豊にして緊張感を減らしましょう


連記事