人生の岐路でもう二度と失敗しない5つの決断の仕方

人生の岐路でもう二度と失敗しない5つの決断の仕方
人生の岐路での決断は自分自身にとって大きなチャレンジになりますよね。ほとんどのケースで決断をすることで、周辺にはあらゆる変化が起こり時には複雑な環境を迎える場合もあります。人生の岐路で決断したことが必ずしも正解とは限りません。

リスクを抱えてできるだけ失敗しないように自分の行き先を見極めないとダメなのです。そんな経験は長い人生一度だけでなく、何度もやってくるでしょう。過去を振り返り「あの時こうしておけば」と後悔するのが一番辛いですよね。やりたいこととやるべきことはいつも違います。

人生の岐路に立った時も、どちらの気持ちを大切にするかその迷いが判断を難しくする原因かもしれません。そこで本日は人生の岐路で後悔しない決断をするために、覚えておくべき点をお伝えします。

 

慌てずに考える時間を持ちましょう

人生の岐路はどんな瞬間にやってくるかわかりませんよね。例えば命にかかわるような場面で重大な決断を下さないといけない時もありますし、数年先のことをいまから計画して決断する場合もあるでしょう。どのようなシチュエーションでも、大切な決断をするためには冷静にならないといけません。

慌てて判断する時は結果を考えず、とにかくその場で答えを出すことだけを意識してしまいます。できるだけ時間をたっぷりとり、選択肢をいくつか比較して頭がクリアな状態で考えてください。急な場面での決断は一人では負担になるため、信頼できる人のアドバイスを聞くと安心です。

 

決断が簡単ではないことを受け入れましょう

人生の岐路で失敗しないためには、大切な決断をするのはとても困難だという点を受け入れないといけません。なかなか判断ができない自分に対してイライラしたり、不安を感じる時は誰にでもありますよね。このような状態になると、焦って冷静な判断ができなくなってしまいます。

人生にとって影響が大きな選択こそ、時間も長くかかり迷いも増えてしまうのです。たとえ楽しい決断をする時でも、絶対に間違いないと自信を持てる場面ってほとんどないですよね。人生の岐路で決めたことは、どんな内容にせよ少なからず不安が多少残ってしまうのは自然な流れなので安心してください。

 

できるだけ自分に素直になり決断しましょう

人生の岐路を迎えるのは、困難のなかにいるイメージがありますよね。長い人生の間、別れ道で選択を求められる瞬間は何度もあります。その時になにを頼りにしていいのか、もし失敗したらどうしようと怖くなるのは当たり前。

だからこそ後で後悔しないためには、自分の気持ちに素直になって考えないといけないのです。性格、価値観、夢、育った環境など、今までを振り返ってみましょう。

自分らしく生きていくためにこれから何が必要か、そして何が余分なのか見えてくると思います。最初にピンときたアイデアを大切にして、そこから柔軟に判断していくとよいでしょう。

 

ゴールにどうやって到達するか考えましょう

人生の岐路で選択した決断は、いずれどんな形でもゴールへとつながっていきますよね。近道になるか遠回りになるかは後になってみないとわかりません。私たちは結果ばかりを意識して物事を考える傾向がありますが、それでは物事の本質を見過ごしてしまう場合もあるのです。

どんなゴールが待っているかよりも、どうやってそこに到達するかが重要です。人生は結果でなくどのように生きてきたかが、自分にとって大切な価値として残るもの。人の評価、周囲の視線を考えずに本当に自分が大切にするものだけにフォーカスして決断をしてください。

 

目先にとらわれず長い目で考えましょう

目先の損得だけを考えて物事を判断すると、後で必ず後悔してしまいます。迷いながら生活するのは一番辛く、なんとかそこから抜け出すためについ目先のメリットだけを考えて決めごとをする場合ってありますよね。これでは人生の岐路に立った時に、間違った選択をする可能性があります。

明日のためになにかするよりも、5年先、10年先のために今からスタートする気持ちが重要です。大切な決断を迫られた時は、長い目で将来を考えながら判断してみましょう。そうすればきっと未来の自分も安心しているはずです。

 

やはり人生の岐路で間違った選択をしたら人生が狂いそうな不安があります。ですので大切なシチュエーションこそ適切な判断をするためには、色々な材料が必要ですよね。

頭だけで考えるとうまくまとまらない場合もありますので、どうするべきか、どうしたいのか、紙に書きだしてみるのもよいでしょう。どんな決断をしても、それが自分にとって一番正しいものだと信じる気持ちを大切にしてください。

選択肢が必ず正しい方向へ導いてくれるのだと思いこんでいる人のほうが、たとえ思うように展開しなくても人生が楽しく感じるでしょう。自分の決断に迷いがあると、うまくいくはずの人生も失敗してしまいます。自分自身に勇気をもって次のステージへ進みましょう。

まとめ

人生の岐路で失敗しないためには

・ 慌てずに考える時間を持ちましょう
・ 決断が簡単ではないことを受け入れましょう
・ できるだけ自分に素直になり決断しましょう
・ ゴールにどうやって到達するか考えましょう
・ 目先にとらわれず長い目で考えましょう


連記事
考え方人生
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会