告白に失敗しない為に知っておく5つの注意事項とは

告白に失敗しない為に知っておく5つの注意事項とは
好きな人に告白するにはとても勇気がいりますよね。告白で失敗してしまうとしばらく立ち直れず、いつまでもコンプレックスになってしまうこともあるでしょう。

でも、緊張しながら勇気を出して告白したのに、うまく気持ちが伝えられないというのは想定内のことです。告白で失敗しない為には、事前の準備が欠かせませんが、成功するか失敗するか考える前に、どうやって自分の気持ちを正直に相手に伝えるかが大切なポイントです。

そして頑張った分だけ必ず結果がついてくるもの。たとえ最初の告白で失敗しても、二度目のチャンスが訪れる可能性もあります。しかしできるだけ失敗のリスクを減らす為には、注意しておくべき点を理解することも重要です。そこで今日は、告白で失敗しない為の注意事項についてお伝えします。

 

告白に失敗しない為に
知っておく5つの注意事項とは

 

告白するまでの期間を意識しましょう

告白に失敗しない為には、タイミングがとても大切だといわれますよね。いきなり告白しても相手が引いてしまうだけですし、逆に待たせすぎも失敗する原因です。カップルの多くが知り合ってから3か月以内に告白して結ばれるという統計があります。

お互いを知り合うまでのいちばん適度な期間で、それ以上、以下でもタイミングがうまく合わない場合があります。知り合ってから付き合うまでは定期的な連絡をお互いに続け、相手のスペースに入るとよいでしょう。連絡がこないとなんだか心配、そんな存在になれば告白で失敗する確率も少なくなります。

 

特別な日を活用して告白しましょう

告白の瞬間はお互いにとってずっと思い出に残りますよね。ごく普通のなんでもない日に告白をされるよりも、特別な時に言われた方が気分的にOKしやすい場合があります。好きな人の誕生日、クリスマスやバレンタインデーなどをうまく活用して告白のタイミングにしましょう。

なにかイベントがあれば、相手を誘い出す口実にもなりますので告白を失敗させない為にも、事前の段取りをしっかり行ってください。告白した日は二人の思い出の記念日になりますので、大切な人とはインパクトに残るような場面を演出するとよいでしょう。

 

2人の距離感をなくしてから告白しましょう

告白に失敗するのは相手の気持ちが全く読めないまま行動してしまう場合です。相手に断れたときのことを考えると、告白するのはとても勇気がいることですよね。少しでも失敗のリスクを減らす為には2人の距離感をなくしてから気持ちを伝えましょう。

ある程度の信頼関係や親密な距離感ができれば相手もなんとなく告白される期待感が増えてきます。そんな矢先にうまく伝えれば告白はきっと成功するでしょう。どうしても自分の気持ちが抑えられない、我慢できない、という自分だけの都合で告白しても相手は納得しないかもしれません。

 

必ず相手を目の前にして告白をしましょう

告白はとても大切な瞬間ですが、なかなか勇気がなくて言い出せないですよね。今の時代はコミュニケーションのツールとしてメールやSNSなどがありとても便利ですが、この方法を告白として使ってしまうと失敗する確率が高くなります。告白された側の気持ちを考えてみましょう。

大切な瞬間を簡単にメールで済まされた、と思うとなんだか特別な感じがしなくなります。とても緊張してうまく言葉がでないこともありますが、告白で失敗しない為には必ず相手に会って目を見つめながら気持ちを伝えましょう。ドキドキしながらも必死になる姿はきっと相手の心を動かすチャンスになります。

 

最初は失敗する覚悟で告白しましょう 

告白で失敗する可能性は誰にでもありますので、決して油断せずに気持ちを引き締めて臨みましょう。どんなに気が合う異性でも、友達と恋人関係はまったく違うものですよね。脈ありだと思っていた人に告白をしたら「友達のままで」なんて断られてしまう可能性もあります。

絶対に成功するという油断はせず、最初は告白で失敗することを想定してください。失敗しても次の作戦があると思った方がリラックスできますし、もっと自分らしく告白の瞬間も振舞えるはずです。

断れたからもう終わり、でなく最初の失敗を生かして2度目のチャンスで再度トライするまでを計画しておきましょう。絶対にOKしてくれると思っていた矢先に断られたら、きっとかなりの衝撃を受けてしばらく心の傷が消えなくなります。

 

まとめ

告白に失敗しないための注意事項とは

・ 告白するまでの期間を意識しましょう
・ 特別な日を活用して告白しましょう
・ 2人の距離感をなくしてから告白しましょう
・ 必ず相手を目の前にして告白をしましょう
・ 最初は失敗する覚悟で告白しましょう


連記事
告白恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会