シンプルライフを実践して服を減らす為に必要な心構えとは

シンプルライフを実践して服を減らす為に必要な心構えとは
シンプルライフを実践すべく服の整理にとりかかったのもつかの間、ぎゅうぎゅう詰めのクローゼットを見て気持ちが萎えちゃったという方は多いでしょう。

掃除は億劫なものですが、なかでも服の整理・処分は気の進まぬ仕事ですよね。もちろん、服ですからタンスや机を移動させるような肉体労働はありません。しかし、服には思い出が詰まっています。

特に女性は、服への執着が強いもの。なかには、お気に入りの服を捨てることは身を切られるくらい辛いという方もいるでしょう。

とはいえ、いくら口で「シンプルライフ」と言ったって、服を捨てぬことには始まらない!ここでは、シンプルライフの実践を服によって阻まれている方のために、服を減らす為に必要な心構えをお伝えします。

 

シンプルライフを実践して
服を減らす為に必要な心構えとは

 

断捨離の後、残るのは「あなたを幸せにする服だけ」です。

シンプルライフに必要な服は多くありません。クローゼットや衣装ケースがぎゅうぎゅう詰めの方、その服はあなたにとって本当に必要なものですか?ここでいう「必要」とは、「あなたを幸せにする」という意味です。

シンプルライフを送るために服の選定は必要不可欠です。今現在、多くの服を所有している方、まずはシンプルライフのための服の選定から始めましょう。選定方法や選定の基準については次項以降でご説明します。

ここではまず、「シンプルライフのためには服の選定が必要である」こと、つまり「服を捨てる」という心構えをしてください。服が好きな方・服を捨てるのが苦手な方にとっては、辛い作業になるでしょう。

しかし、その気持ちは「服に対する執着心」からくるものです。そして、シンプルライフとは「執着心を捨てる」ということ、服を捨てる作業をすることで、クローゼットの中だけではなくあなたの心も服から解放されます。シンプルライフは執着を捨てた先にあるのです。

 

着れる・着るかもしれない服は捨てましょう。

「着れるから」「今は着ないけどいつか着るかもしれないから」そんな理由でクローゼットにしまいこんでいる服はありませんか。今、着ていない服はあなたを幸せにしているとはいえません、捨てましょう。

シンプルライフでは「服は今現在の生活で、着ている服」だけが必要です。要不要の判断に迷ったときには、過去一年を思い出してください。

過去一年に出番がなかった服がこの先役立つことがあるでしょうか。ありませんよね。ましてや、「ダイエットしたら入るズボン」などは不要の権化です。入らない服・着れるけれど着ない服は捨ててくださいね。

 

思い出はクローゼットの中ではなく心の中にしまいましょう。

「初めてのデートで着たワンピース」「新婚旅行で買ったお揃いのアロハシャツ」思い出が詰まった服はなかなか捨てられませんよね。

しかし、その思い出の服、着る機会がありますか?着るどころか、手にとって「懐かしいなあ」と思う機会ですら少ないのが現実ではありませんか?

思い出をクローゼットの中にしまっておいても、あなたが幸せになることはありません。捨てましょう。シンプルライフに思い出の服は不要です。

思い出はクローゼットの中ではなく心の中に!そこまで思いきれない方は、思い出の服を写真に撮ってパソコンにでも保存しておくとよいですよ。

 

買ったときの値段は忘れましょう。

いざ捨てようとしても、買ったときの値段を思い出すとつい手が止まってしまいますよね。「たった一度のお見合いのために購入したワンピース」「ボーナスで買ったスーツ」値段を思い出すと、捨てるのも断腸の思いです。

しかし、高価なワンピースやスーツを普段着にできますか?パジャマにできますか?できませんよね。服とは高価であればあるほど、使い回しのできないものです。

つまり、何年経ってもその服の出番は訪れないということ、タンスの肥やしです。シンプルライフにそのような服は必要ありません、捨ててください。

どうしても捨てることができない方、売りに行きましょう。古着屋やオークションがおすすめです。寄付もよいですよ。自分なりに納得のいく処分方法を探してみてください。

 

アイテムごとの必要枚数を決めておきましょう。

クローゼットを整理し、シンプルライフに必要な服だけを揃えることができたら、今度は増やさないことが大切です。アイテムごとの必要枚数を決めておき、それ以上の服は買わないようにしましょう。

たとえば、「白シャツ3枚、Tシャツ3枚、ズボン3本」というように具体的な数字を決めます。また、「1枚捨てたら1枚買い足す」という決まりを作ってもよいですね。

自分なりに服が増えない工夫をしてください。さらに、収納場所を増やさないことも大切です。新しい衣装ケースは買ってはいけません。シンプルライフに必要な服は、今の収納場所で十分収まるはずですよ。

 

いかがでしょう、以上が、シンプルライフを実践して服を減らす為に必要な心構えでした。服を減らす為に必要なのは、「服への執着心を断ち切ること」です。

「買ったとき高かった」「何回も着ていないから捨てるのがもったいない」「思い出が詰まっている」このような気持ちをまずは断ち切るのです。

高い・思い出などの先入観を捨てて、服そのものに目を向けてみましょう。普段着におろせない服や時代も年齢もあっていない服、その服はあなたにとって必要なものですか。

曇りのない目を持てば、服を捨てることは難しいことではありません。首尾よく服を減らすことができたら、今度は増やさないことを意識しましょう。

服の枚数を決める・収納スペースを決めるといったあなたなりのルールを設けると際限なく服を買ってしまうのを防ぐことができますよ。ぜひ実践して、シンプルライフを手に入れてくださいね。

まとめ

シンプルライフを実践して服を減らすには

・ 断捨離の後、残るのは「あなたを幸せにする服だけ」です。
・ 着れる・着るかもしれない服は捨てましょう。
・ 思い出はクローゼットの中ではなく心の中にしまいましょう。
・ 買ったときの値段は忘れましょう。
・ アイテムごとの必要枚数を決めておきましょう。


連記事