上手な別れ方のコツを知って、新しい人生を切り開く術

上手な別れ方のコツを知って、新しい人生を切り開く術

上手な別れ方のコツを知っておけば、いざその時が来た時、慌てることなく恋人関係を終わらせることができますよね。大抵の場合、別れ話を切り出すと、どちらかが感情的になって隣近所にまで響き渡る大声でケンカになってしまう…そんな場面を想像してしまいます。

付き合った時間はそれぞれですが、最後の別れのときがドタバタでは、いい思い出も水の泡です。もう二度と顔も見たくないというのでは、あまりにも悲しいことです。別れた後も良い友だちでいたいという思いもあるでしょう。

もし、後腐れなく、上手な別れ方ができれば、そのあとの人生もうまく運んでくれる気がしますよね。そこで、今回は誰にでもできる上手な別れ方のコツを知って、新しい人生を切り開く術をお伝えします。

 

上手な別れ方のコツを知って、
新しい人生を切り開く術

 

経済的に自立しておこう

上手な別れ方をしたい人は、まず自分自身が経済的に自立している状態になっておきましょう。付き合ってすぐに同棲しているカップルなどは、家計をひとまとめにしていたり、どちらかが財布を管理している場合が多いはず。

予め、自分の稼ぎからいくら家計に入れるか決めたりして、お互いに何かあったときに自由に動くための「自分のお金」を持っていると良いですね。

また、相手のお金に依存している状態では、突然別れてしまうとそのあと路頭に迷うことになってしまうので、出来るだけ貯金しておきましょう。

経済的にお互いに余裕がある状態であれば、気持ちに余裕をもって、別れるための話し合いが出来るのでケンカにもなりにくいはずです。

 

精神的に自立しよう

上手な別れ方ができる人は、決定的に「大人」であり、精神的に自立している人と言えます。どちらかが相手に対して、過度に精神的に依存している状態であると、上手な別れ方にはならず、泣きわめき、大ゲンカに発展するケースが多いですよね。

お互いが精神的に自立していることが望ましいですが、相手にそれを望む前に、自分自身が精神的に自立しておくべきでしょう。

具体的には、「論点をずらさずに落ち着いて話ができること」、「相手の気持ちを考えつつ、自分の意見をきちんと言葉で伝えられること」、「感情的にならず、互いの損得を計算しながら話ができること」が挙げられます。

相手は、一度好きになり共に過ごしてきた相手ですから、完璧にこなすことは難しいかもしれません。ですが、大人として振る舞うことで、限りなく上手な別れ方に近づけることはできるでしょう。

 

相手を否定せずに別れを切り出してみよう

上手な別れ方で注意しておきたいのが、「相手を否定せずに別れを切り出す」ということです。自分から別れを切り出す際には、自分の中の違和感や、自分の問題のせいにしておくべきでしょう。

相手に非があるような言い方は、相手の感情を煽ってしまうことになるので、あなたがどんなに冷静であっても泥沼のケンカになってしまいます。逆に、相手から自分に非があると言われても感情的になってはいけません。

そのことが事実なら心から謝罪して、別れる話をしなければいけませんよね。別れる決心をしているということは、お互いがすでに傷ついている状態です。

上手な別れ方を望むのであれば、互いを傷つけ合うような話し合いはしてはいけませんし、最小限の傷で留めておく努力が必要になるでしょう。

 

距離を少しずつ遠ざけてみよう

上手な別れ方として有効なのは、少しずつ互いの距離を遠ざけていく方法があります。いわゆる「自然消滅」という方法です。

物理的に遠くに住まいを移ることも有効ですが、連絡する回数を減らし、徐々に会う回数も減らしていきます。時間がかかりますが、相手にも別れ時なのかな、とわかるようになります。

そのうち、全く連絡を取らなくなり、いつしか完全に別れている状況を作り出します。相手に直接別れ話をしなくてすむという利点がありますが、お互いが長い間寂しいような悲しいような気持ちに浸り続けるという辛さがありますよね。

途中で、相手から別れ話を持ち出してくる可能性もありますが、そのときは落ち着いて話し合いをしたほうが良いでしょう。

 

自分の家族を口実にしよう

上手な別れ方を短期決戦で決めたい人には、「家族の状況」を口実に使わせてもらいましょう。例えば、「親の介護をしなくてはいけないから実家に帰る」というのが、いちばんわかりやすく有効な口実です。

ただし、嘘をついてまで家族を利用するのは好ましくないので、本当にそうでないなら控えてください。また「実家の仕事を手伝うことになった」や「留学することになった」「海外転勤になった」など長期に渡って遠くに行ってしまうことをアピールすることで、相手も諦めてくれる確率が上がります。

相手によっては、「付いて行く」など子供じみたことを言い出す場合もあるので、冷静に話し合い、現実的な問題を直視させてあげましょう。他にも、「帰ってくるまで待つ」「遠距離恋愛でもいい」という場合には、先ほどの少しずつ別れる方法を選択すればよいでしょう。

 

いかがでしたか。

上手な別れ方には、「経済的、精神的な自立」と「相手も自分も必要以上に傷つかないようにする配慮」が必要不可欠であることがおわかりいただけたと思います。

しかし、どんなに上手な別れ方が出来たとしても、好き合った同士が別れるということには変わりありません。少なからず自分にも相手にもダメージは残ります。

ですが、そのダメージは、お互いにとってそれだけ良い出会いだったという証とも取れますよね。長く付き合えば、自分の心の中に相手が住み着いてしまっているので、その存在を引きちぎられてしまうわけですから、辛くないはずがありません。

最後に、相手のことを憎むほど嫌っていても、きっと痛みは同じなのです。その痛みを知ってこそ、本当に上手な別れ方を知ることができるようになれるのかもしれません。

 

まとめ

上手な別れ方のコツとは

・ 経済的に自立しておこう
・ 精神的に自立しよう
・ 相手を否定せずに別れを切り出してみよう
・ 距離を少しずつ遠ざけてみよう
・ 自分の家族を口実にしよう


連記事
別れ恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会