説明が下手な人の特徴から学ぶ、5つの上手な伝え方

説明が下手な人の特徴から学ぶ、5つの上手な伝え方
説明が下手な人の特徴を理解すると、自分の説明のスキルは大丈夫か判断しやすくなりますよね。大勢の前でのプレゼン、友達との会話などあらゆる場面で私たちは人に説明をしないといけない時があります。

人によってはとてもわかりやすく説明してくれる場合もあれば、話の要点がまったくつかめない時もあります。このような説明が下手な人の特徴の裏には、色々と学ぶべき点が隠されているのです。自分の頭でわかっていても、実際に言葉にすると方向がずれてしまうなんて時がありますよね。

説明力はコミュニケーションを正確に行うための土台になりますので、普段から意識するとよいでしょう。そこで本日は、説明が下手な人の特徴について理解し、自分の会話スキルをアップするポイントをお伝えします。

理解しやすいようにゆっくり説明しましょう

説明が下手な人の特徴は、自分が理解しているため相手にとって初めての内容であっても無意識に早口で説明する点です。もっとゆっくり話してくれればわかるのに、という場面がありますよね。理解力は個人差がありますので、相手に合わせて話をしないといけません。

相手の年齢や常識度などによっても理解するスピードは変わりますので、説明中はできるだけ相手の表情や状態を確認しましょう。

自分の頭のなかで理解している内容はそのまま相手に伝えるのは難しく、早口では大切な点を聞き流してしまう可能性があります。話を聞く側になって整理しながら、情報を理解できるように説明してください。

 

余分な情報を除きましょう

説明が下手な人の特徴として共通するのが、だらだらと話が長くなる点ですよね。相手にしっかり話が伝わるように余計な情報までもプラスしてしまうと、話の要点がわからなくなってしまいます。

大切な点だけをまとめるには、何を伝えたいのか重要なところだけにフォーカスすることが必要です。そのためには説明に不要な情報を除いて相手に伝えるように心がけましょう。

ではどの部分が不要なのか判断するのが難しい場合もありますよね。すべての情報が自分にとって大切であっても、聞く側が聞きたい内容は限られています。大切な情報だけをシンプルにまとめ、自分の意見や感想などは除いて説明してください。

 

語尾をはっきり説明しましょう

説明が下手な人の特徴は、内容がまとまらないだけでなく話し方もあやふやになってしまいますよね。聞いているほうが不安になるような説明の仕方では正しい情報が伝達しにくくなってしまいます。そんな悩みを抱えている人は、説明する際の語尾に少しだけ注意してみましょう。

例えば集合時間を伝えるとき、「明日は10時集合ということなのですが・・」とあやふやな終わり方をすると、どこまでが情報としてキャッチするものか判断できなくなります。「明日は10時集合です」とはっきりとした語尾にすることで、説得力があり相手にも情報として伝わりやすくなるのです。

 

何についての説明かはっきりしましょう

説明が下手な人の特徴は、頭で思いつくところから手当たり次第に説明をするため、話の起承転結がなくなってしまいますよね。説明をする際はまず何についての説明をするのか、相手が聞きやすいように意識してください。

とても大切な内容を会話の延長で説明すると相手が集中できないまま終わってしまう場合もあるでしょう。また客観的なメリットやデメリットなどをプラスすると、さらに聞き手も理解しやすくなります。

説明上手になるためには何を話すかという点も大切ですが、聞き手が少しでも理解しやすいように工夫することも重要なのです。

 

誤解がないよう結論から先に伝えましょう

説明が下手な人の特徴は話がまとまらず、自分の頭の中で理解しているようにそのまま言葉にしてしまう点です。理解力は人によって違いますので、話の組み立て方によって受け止め方が変わってしまう場合がありますよね。

自分では正しく説明をして結論を出したつもりでも、その途中で軌道から外れてしまう人は少なくありません。そこで間違った説明をしないために、最初に結論から伝えてください。

「明日は休みにします」という結論を先に話せば、まず肝心な要点は相手に伝わり、なぜその結論になったのか説明に関しても興味を持って聞けるようになるのです。

 

いかがでしたか。説明が下手な人の特徴は誰でも一つは身に覚えがありますよね。このスキルはビジネスだけでなく恋愛、友達、家族など自分の周辺にある人間関係をうまく維持するためにも欠かせません。

説明する内容は情報の伝達以外にも自分の気持ちや感情を言葉として相手に伝える場合もありますよね。そんな場面でも説明が下手な人の特徴があると、結局自分が損してしまうのです。説明が下手な悩みを克服するためには、コミュニケーションひとつひとつで大切なポイントを意識してください。

あらゆる話題や会話の相手、場数を踏むほどとどんどん説明上手になるでしょう。いきなり肩に力を入れて説明する必要はありませんので、不安な時は相手がどのぐらい理解したか確認しながら説明が下手な人の特徴を改善してください。

まとめ

説明が下手な人から学ぶこととは

・ 理解しやすいようにゆっくり説明しましょう
・ 余分な情報を除きましょう
・ 語尾をはっきり説明しましょう
・ 何についての説明かはっきりしましょう
・ 誤解がないよう結論から先に伝えましょう


連記事