一人暮らしの部屋を広く見せるインテリアコーディネート5選

一人暮らしの部屋を広く見せるインテリアコーディネート5選
これから始まる新生活に向けて、一人暮らしの準備は始めましたか?春は一人暮らしを始める人がとっても多い季節です。一人暮らしの部屋って、広さはある程度限られてきます。だからワンルームや1Kなどに住んでいる一人暮らしの方が多いですよね。

部屋はそんなに広くないけど、できれば広く見せたい!何かいい方法はないかなぁ?というのが一人暮らしで誰もが悩むところ。でも大丈夫、その悩みは簡単に解決することができます。そこで今回は、一人暮らしの部屋を広く見せるインテリアコーディネートについてお伝えします。

工夫次第で誰でも簡単にお部屋を広く見せることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしの部屋を広く見せるインテリアコーディネート5選

 

とにかく自然光を取り込む部屋に!

自然光
同じ広さの部屋でも、自然光が入るかどうかによって見え方が全然違うのをご存知でしたか?

蛍光灯の光ではなく、自然光というところがポイントなんです。だから、窓のそばに置いている背の高い家具は別の場所に移して、なるべく窓からたくさんの光が入るようにしましょう。

カーテンも、壁に近い色のものを選ぶと良いです。圧迫感がなくなり統一感が出るので、お部屋が広く見えます。

12

さらに、蛍光灯よりも間接照明がおすすめです。部屋に奥行きがあるように見えるので、蛍光灯よりも広く感じます。

照明一つで部屋の見え方が違うなんて、取り替えるしかないですよね!それに、間接照明は部屋の雰囲気をやわらかくしてくれます。少し暗めのものを選べば、夜はロマンチックな雰囲気のお部屋を楽しめますよ!

睡眠にもとっても良いので、間接照明はぜひ使ってほしいアイテムの一つです。

 

白を基調とするインテリア

白基調の一人部屋
一から家具をそろえるなら、絶対白が良いです。

白いインテリアは、汚れが気になったりするので避ける人が多いですが、部屋を広く見せたいなら絶対に揃えたい色の一つ。白以外でもパステルカラー系のほんわかした色の方が、部屋に圧迫感を与えず、広く感じます。

光の反射に秘密があって、白は光を反射しやすい色なんですね。部屋も明るく感じられて一石二鳥ですよ!

床も明るめのフローリングやカーペットを選ぶといいですね!白とパステルカラーを使って、可愛らしい女子部屋を作りましょう。

 

鏡を利用する

鏡
女性の部屋には必要不可欠な鏡。この際、大きな全身鏡を購入してみてはいかがでしょうか?

鏡は正面の景色が写り込むので、外の景色や部屋全体が写るように配置すれば、部屋が広く見えるんですよ!

鏡を置く場合はフレームの色や素材にこだわって選ぶようにし、壁の色と同系色にするか、床の色と合わせてもおしゃれです。汚れないようにこまめに掃除する必要があるので、毎日鏡で自分を見るようにするのが良いでしょう。

扉面が鏡になっている収納もいいですね!クローゼットやチェストなどは鏡面デザインもありますので、鏡の必要性を感じない人、鏡面の面積を増やしたい人にはオススメです。ぜひ探してみてください。

 

 

家具は低いもので統一する

白基調の家具
部屋をぐるっと見回した時、背の高い家具ばかりが目につきませんか?

本棚や衣装ケースなど、狭いからこそ高さを利用して収納しなくちゃ・・と思いがちですが、それが原因で部屋が狭く見えてしまうのかもしれません。

人間は、壁面がたくさん見える部屋の方が、広く見えるようにできています。不思議ですよね。たとえ床面積が同じでも、背の高い家具を置くか置かないかによって、見え方は違ってきます。とはいえ、背の高い家具を全く置かないというのも難しいので、その場合はあちこちに分散せず、1ヶ所にまとめて配置しましょう。

壁面の飾りも控えめにし、ポスターなどはほどほどに・・・「高さのある収納がないと収納場所が足りない…。」なんてこともあるかと思います。しかし、ものが多いからといって収納場所を増やしていくのはあまりおすすめできません。

収納場所に見合った物量を所持することが重要です。ものが多すぎる場合は、ぜひ断捨離に挑戦してみてくださいね。

 

透明感のあるインテリアを選ぶ

ダイニングテーブル
「透明感」とはたとえば、ガラスでできたインテリアや、スケルトンのものなどです。

一番取り入れやすいのはダイニングテーブルやローテーブルですね。ガラス製の天板のものは、向こうが見えることで部屋を広く見せる効果があります。

また、イスの脚は金属製のものを選ぶと部屋は広く感じますよ!先にイス用の靴下を履かせるなどして、床を傷つけないように気を付けましょう。色はシルバーでそろえるとよりおしゃれに見えますね!

部屋の広さとインテリアの統一感は密に関係しています。新しいインテリアを購入するときは、部屋全体をイメージしてから購入するといいですね。

 

いかがでしたか。狭い部屋を広く見せるって、すごく難しいことのように感じますが、インテリアの選び方やその配置方法をちょっと変えるだけで効果があります。「仕方ない」と諦めてしまう前に、ぜひ挑戦してみてください。

 

今日のまとめ

一人暮らしの部屋を広く見せるインテリアコーディネート5選

1人暮らしの狭い部屋でも少しの工夫で、見た目を広くすることができて気持ちまでも豊かにすることができます。自分の納得のいく部屋づくりでプチ贅沢な暮らしをしてみてくださいね!

・ とにかく自然の光が入ってくるよう、窓の側には高いものは置かないこと
・ 白を基調とするインテリアを揃えましょう。
・ 外の景色や部屋全体が写るように鏡を配置しよう
・ 家具は低いもので統一する
・ 透明感のあるインテリアを選ぶ

 


連記事