中途採用の面接を突破して希望の仕事につく5つの方法

中途採用の面接を突破して希望の仕事につく5つの方法
中途採用は面接の評価がとても重要と考えられていて、短時間の間にどれほど自分の魅力をアピールできるかが勝負どころですよね。

近年は新卒者が3年ほどで退職するケースがとても増えているといわれています。自分のあらゆる可能性を試す為に、中途採用で面接を受ける機会は将来に何度もやってくるかもしれません。

会社によっては面接以外にも筆記試験や書類選考など、いくつものチェックポイントをクリアしないといけません。面接は最終的な判断材料になる場合もありますので、ここで失敗しては希望の仕事につくことができないのです。

では中途採用の面接ではどんな点に注意をすれば成功するのでしょうか。そこで今日は、苦手な面接を突破する5つの方法をお伝えします。

 

中途採用の面接を突破して
希望の仕事につく5つの方法

 

入社をどれほど強く希望しているかアピールしましょう 

中途採用の面接で成功するためには、逆の立場から見てどんな人材を求めるか想像するとよいでしょう。かつてのように求人が少なく、応募する企業の数も限られていた時代もあります。

今は転職活動といえば何社も応募する人がほとんどです。すると企業側からすると、どれほど熱意をもって入社を希望しているかのかが、とても大切な判断材料になるのです。

企業が求める人材であるかどうか、それだけでなく中途採用の面接では入社を希望する「情熱」もはっきりアピールしたほうが合格しやすいのです。どうしても入社したい。そんな姿勢を意識した心構えを持ちましょう。

 

会社情報を詳しく下調べしておきましょう 

中途採用の面接は、以前の会社での仕事や辞めた理由を必ず聞かれます。転職者に対しては、すぐに辞められたら困るという企業側の希望もありますよね。

新卒者の就職と比較するとそんな「過去」がある点が時にはデメリットになってしまいます。そこで中途採用の面接で成功するためには、企業に対してどれほど興味を持っているか、この会社で働きたいために会社を辞めた、というぐらいのアピールが必要です。

そのためには会社の基本的な情報を始め、売り上げ、業績、競合相手なども詳しく予習しておきましょう。面接官も興味を持って面接に臨む人に対しては、とても良い印象を抱きます。

 

すぐに現場で働ける即戦力をアピールしましょう 

中途採用の面接では、企業が必要とする人材に相応しいかどうかが判断されます。新卒と中途採用の一番の違いは「即戦力」。すぐに配属されて仕事ができるかどうか、そのスピードは採用のための重要な判断材料になります。

以前の会社で行った仕事内容、業績など、また自分の資格やスキルをどんどんアピールしましょう。違う業種の仕事に応募する際も、自分の能力がどこで生かされるかわかりませんよね。

得意とするものは積極的に中途採用の面接でアピールしてください。即戦力がある人ほど、採用されやすいメリットがありますが、何よりもヤル気が必要です。

 

転職活動の目的を明確にしましょう 

中途採用の面接で必ず質問されるのが「退職した理由」。ここで以前の会社の悪口や文句を言ってしまうのはNGです。辞めた理由はマイナス的に取られないように、プラス思考でアピールしましょう。

例えば残業が多い仕事の場合は、もっと時間が安定した環境で自分のスキルを磨きたいなど。悪口や愚痴ではなく、転職する目的をプラス的にアピールすることが大切です。

企業側が中途採用の面接で一番心配するのが、すぐに辞められてしまうのでは、という点です。飽きたから辞める、仕事がきついからやめる、という人では困りますよね。そこでなぜ転職をするのか、自分の目的をはっきりさせておきましょう。

 

清潔感あふれる第一印象を心がけましょう 

中途採用の面接でチェックされるのは第一印象。すでに社会経験があり、基本的なビジネスマナーを持っていないといけませんよね。清潔感のある身だしなみは仕事をスムーズに運ぶうえでも大切な点。

身なりを整えられない人は、仕事のマネージメント力も不足していると判断されてしまいます。中途採用の面接の際は、仕事ができる人をイメージして清潔感をアピールしましょう。

しわだらけのスーツや汚れた靴など。ちょっとした気のゆるみが面接ではマイナス材料になってしまいます。新卒の就職活動を思い出し、面接の基本をおさらいしておくとよいでしょう。

 

いかがでしたか。中途採用の面接は、新卒の就職活動と違うチェック点があります。すでに社会人としての経験があるため、変な余裕をもって面接に臨んでしまう人もいますよね。

あくまでも中途採用の面接は初心を大切に、どうしても入社したい熱意を伝えましょう。現在は就職活動も手軽にできるようになり、何社も応募するのが当たり前です。

どこでもいいという気持ちで面接に臨んでしまうと、必ず失敗するものです。求人が豊富にある時代なので、自分のスキルを磨くためや新たな分野に挑戦するためにも転職が生かされています。

本当に自分は何をしたいのか、仕事を通じて求めることを明確にしておきましょう。そして中途祭用の面接で、自分の魅力をしっかり相手にアピールしてください。

まとめ

中途採用の面接を突破して希望の仕事につくには

・ 入社をどれほど強く希望しているかアピールしましょう
・ 会社情報を詳しく下調べしておきましょう
・ すぐに現場で働ける即戦力をアピールしましょう
・ 転職活動の目的を明確にしましょう
・ 清潔感あふれる第一印象を心がけましょう


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会