中途採用の人が、面接で事前に準備しておきたい5つの事

中途採用の人が、面接で事前に準備しておきたい5つの事
中途採用の面接は新卒就活の面接とは違い、あなたがこれまで築いてきたキャリア、つまり生き様を面接官にアピールするものですよね。

新卒就活の面接のように、フレッシュさややる気だけをアピールしたのでは、中途採用の面接をクリアすることはできません。

これから中途採用の面接に臨む方、新卒就活の面接が苦手だった方が十分な準備をするのはもちろんですが、「面接のいろはなら新卒就活のときに散々学んだ」「新卒就活のときは面接官の心を掴むのが得意だった」など面接に自信のある方も、新卒就活と同じ心構えや準備で中途採用の面接を受けてはだめ。

中途採用の面接は新卒就活のときとは違う心構え・準備が必要です。ということで、今回は中途採用の面接で事前に準備しておきたい5つの事をお伝えします。

 

中途採用の人が、面接で
事前に準備しておきたい5つの事

 

自分のこれまでのキャリアをまとめておくこと

中途採用の面接で問われるのはやる気やフレッシュさではなく、キャリア、経験、あなたがこれまで何をやってきたのかです。面接で問われたときに端的に答えられるように自分のキャリアをまとめておきましょう。

これまで多くの会社や職についてきた方、これまでの会社を一から並べても面接官には何も伝わらないので、自分のキャリアとしてアピールできるものだけをピックアップしてください。

たとえば、自分の特技を身に付けた会社(経理の知識や営業のノウハウなど)、面接を受ける会社で働く場合役立つであろう経験やキャリアを面接官にアピールします。

 

自分の特技や強みを見つけること

中途採用の面接では、新卒就活のように「まっさらな私を御社の色に染めてください」ではだめ、「私が今持っている特技や強み、スキルが御社の役に立ちますよ」と面接官にアピールする必要があります。

事前に自分のこれまでのキャリアや経験を振り返り、面接官にアピールできる特技や強みを見つけておきましょう。たとえば、営業のノウハウ、パソコンに強い、コネ・人脈がある、資格や免許があるなど、あなたのセールスポイントを見つけてくださいね。

 

前の会社の退職理由をまとめておくこと

中途採用の面接では、「前の会社をなぜ辞めたのか」という退職理由を問われます。人によっては答えにくい質問でしょうが、退職理由は必ず訊かれるので、答え方を事前に決めておきましょう。

結婚や出産、前の会社の倒産などで前の会社を辞めたときには、そのまま面接官に伝えればOKです。答えにくいのは病気やあなた自身に理由があったとき(勤務態度に問題があったなど)ですよね。

このときはばれない程度の嘘はついてもよいでしょう。「サボり癖があって」を「一身上の事情で」というくらいの嘘はばれませんが、自己都合退職を会社都合退職というのは必ずばれるのでだめ、また、病気が理由のときはあらかじめ会社に病気であることを伝えておいた方が後々、面倒にならずに済みます。

病気を隠して就職できても、会社があなたの病気について配慮してくれなければ、遠からず会社をやめざるを得ないので、病気を隠すのはおすすめしません。

 

雇用条件などについてのチェックリストを作っておくこと

中途採用の面接では、新卒就活のように求人票に雇用条件がきちんと明記されていないことがあります。面接前に勤務日数や給与、社会保険、福利厚生など、面接官に訊いておきたいことを書き出して、チェックリストを作成しておきましょう。

頭の中でまとめておくだけではあとになって「あれを訊いておきたかったのに」という訊き漏らしがでてくるので、手帳やノートにきちんと書き出してくださいね。

 

やる気や抱負のアピール方法を考えておくこと

中途採用の面接では「がんばります」の一言は空疎、新卒生なら「初々しくていいね」と言われるところですが中途採用者では、面接官の心には全く響きません。

前の会社や仕事で「働くとはどういうことか」「仕事とは」を身に沁みて理解しているはずの中途採用者が、「がんばります」という抽象的かつ中身のない言葉でやる気をアピールしたのでは、面接官もがっくりしてしまいます。

中途採用の面接でやる気をアピールするときには、具体的な展望や抱負を述べましょう。たとえば「御社の新規事業に私の○○の経験を生かしたい」「私の○○の力で御社に貢献したい」というようなアピール方法を考えておいてください。

このときの注意点は、「私のキャリアアップのために」というような答え方をしないこと、あくまで「御社のために」という答え方をしてくださいね。

 

いかがでしたか。以上が、中途採用の人が面接で事前に準備しておきたい5つの事でした。これから中途採用の面接に臨む方、あなたはフレッシュな新卒生ではありません。

やる気やフレッシュさで面接を切り抜けようとしてはだめですよ。あなたがこれまで積んできたキャリアや経験を武器に中途採用の面接に臨んでください。

会社が中途採用者に求めているのは、即戦力や育成を必要としない人材です。その会社側の要求にどうやったら答えられるのかを考えながら、面接前の準備をしてください。

また、中途採用の面接では、新卒就活のように良い子ちゃんでいるだけではだめ、隠したいことは上手に隠す、会社に確認したいことや言質を取っておきたいことは萎縮せずにきちんと確認や説明を求めるということも必要です。

新卒就活では学生だったあなたも、中途採用の今は立派な社会人、社会人として会社には毅然とした態度で面接に臨みましょう。

まとめ

中途採用の面接に臨む前には

・ 自分のこれまでのキャリアをまとめておくこと
・ 自分の特技や強みを見つけること
・ 前の会社の退職理由をまとめておくこと
・ 雇用条件などについてのチェックリストを作っておくこと
・ やる気や抱負のアピール方法を考えておくこと


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会