断捨離をして着ない服を減らし、心豊かに暮らすコツ

断捨離をして着ない服を減らし、心豊かに暮らすコツ
クローゼットが服で溢れていると、断捨離して着ない服を整理しようと思う人も多いですよね。いざ断捨離を始めてみると、思い入れのある服であったり、もったいない精神が働いてしまって、一枚も捨てられなかった人も多いのでは?

実はたくさんの物を持っていると、使っているいないに関わらず、その物に執着心が湧いてきて手放せなくなります。物が増えれば増えるほど、物への執着は強くなるので、心は落ち着かなくなり、憂鬱になってしまう人もいるほどです。

断捨離とは、物を手放すことで心をスッキリさせることです。一番身近な服を断捨離することで、心豊かに暮らすことができますよ。そこで今回は、断捨離して着ない服を減らす際の5つのポイントをお伝えします。

 

断捨離をして着ない服を減らし、
心豊かに暮らすコツ

 

持っている服を全部出してみよう

クローゼットが溢れるほど服を持っている人の場合、自分の持っている服がどんなものであるのか、そのすべてを把握しきれていません。持っている事すら忘れていた服が出てきて驚くこともあるでしょう。

そこで断捨離を始め、着ない服を減らすための第一歩。まずは自分の所有している服の量を把握しましょう。自分がどれだけの服を持っているのかを知る方法は簡単。家中の服をすべて一か所に出すのです。

全ての服を出してみてどう感じますか?ほとんどの人が、思っている以上に服があったことに驚くことでしょう。それは、普段からよく着ている服というのは、全体の20%程度に過ぎないからなのです。

つまり、持っている服の80%はあまり出番のない服なんですよ。ですから断捨離をして、出番の少ない服をまずは減らしていきましょう。

 

1年着ていない服とはさよならしよう

服を断捨離する最初の基準は、過去1年の間に着ていたかどうか。服というのは、季節に応じてその時々に合わせたものを選びますよね。

例えば、半袖のTシャツは真冬には出番がありませんが、夏場には長い間愛用するでしょう。本来どんな服でもどこかの季節で着るチャンスがあるものです。

しかし、1年間全く着ていないとすれば、その服は何か理由があって着たくないから、出番がなかったんですよ。ですから、断捨離の初めとして、1年間着ていない服を捨てましょう。それだけでもずいぶんスッキリしますよね。

ところが、1年着ていなくても捨てるか判断に迷うことがあります。特に女性は妊娠すると体形が変わるので、最低でも1年はその時の体形やライフスタイルに合わせた服を着るでしょう。

ですから、1年着てないと言っても安易に捨ててしまうと、出産後に服を買いなおす羽目になることも。そうならないためには、また違う基準を考える必要があるでしょう。

 

サイズの合わない服は処分しよう

捨てるか残すか迷う服の中には、気に入っているけどサイズが合わないものがありませんか?特に太ってしまって着られない服の場合、痩せたら着るという目標にするために残していることもあるでしょう。

しかし、この1年着られなかったということは、1年間痩せていないということなんです。つまり、この服はダイエットに何の効果ももたらさなかったわけですよね。

ですから、その服は思い切って処分しましょう。実は、断捨離とダイエットには深い関係があります。目で見える物で溢れている生活を送っていると、おのずと自分の体内に余分な脂肪を貯めこんでしまうと言われています。

後で片付ければいいと思って先延ばしにする思考が身についてしまっていると、片付け以外のところでも同じように考えてしまい太ってしまうんですよ。

ですから、断捨離して服を減らすことはダイエットの成功にも一役買ってくれるんです。ダイエットを成功させるためにも、サイズの合わない服は処分して、部屋も余分な脂肪も断捨離しましょう。

 

似たような服は一つに絞ろう

服を買って帰った時に、家にも同じような服があったという経験はありませんか?洋服にはどうしても自分の趣味や意向が反映されてくるので、デザインや色が偏りがちです。

すると自分で意識していなくても同じような服が溜まっていきやすくなるでしょう。しかし、普段頻繁に着る服というのは、どうしても偏ってきますよね。同じような服ばかり着ていると、バリエーションに乏しくなり服はあるのに着回せないということが起こります。

ですから、まずはその中で一番着ている服を残しましょう。そして、色あせたり古くなったりしているものを断捨離して服を減らします。すると似たような服がなくなり、おしゃれに着回すこともできるようになりますよ。

 

1つ買ったら1つ捨てるを習慣づけよう

これまでは持っている服を減らす方法をお伝えしてきました。クローゼットの中もずいぶんすっきりしてきたことでしょう。しかし、断捨離は服を減らして終わりではありません。

せっかく服を減らしてもまたすぐに増えてしまっては、断捨離したとは言えないでしょう。すっきりした状態をキープしてこそ断捨離したと言えるのです。断捨離をして服を減らした今の状態がベストであることを認識しましょう。

そして新しく服を買うときには、まず減らす服を決めてから購入するようにします。1枚買ったら1枚捨てることを習慣づけることで、クローゼットの中はいつでもスッキリした状態を保てるようになりますよ。

 

いかがでしたか。どれも必要に思える服も、今回紹介した基準で整理すれば、本当に必要なものとそうでないものに分けることができますよね。

そうやって断捨離を行っていくうちに、心の変化に気づく人も多いはず。実は、服という目に見えるものを断捨離するとき、人は心の中も断捨離しているのです。

言い換えれば、断捨離は自分を見つめ直す方法であると言えるでしょう。ぜひ断捨離して服を減らすことで、自分の中にある余計な感情も捨ててみませんか。

心の断捨離が行えれば気持ちに余裕が生まれ、今までには気づくことができなかったような小さな幸せを見つけることができるでしょう。

断捨離が服だけでなく心も豊かにしてくれることを知っておけば、あなたの人生もきっと心豊かなものになってくれますよ。

まとめ

着ない服を減らすには

・ 持っている服を全部出してみよう
・ 1年着ていない服とはさよならしよう
・ サイズの合わない服は処分しよう
・ 似たような服は一つに絞ろう
・ 1つ買ったら1つ捨てるを習慣づけよう


連記事
タイトルとURLをコピーしました