会社を辞めたいと思ったらまず確認する5つの基本事項

会社を辞めたいと思ったらまず確認する5つの基本事項
会社を辞めたいと思う気持ちが募ると、毎日の生活がとても辛くなる原因になりますよね。職場には仕事だけでなく複雑な人間関係を始め、毎日溜まるストレスがあちこちにあります。

会社を辞めたいと思うのは、仕事でミスが続いた時や職場の人とうまくいかないなど、色々な原因があります。辛いのは毎日仕事に行かないといけない為、ストレスが発散できずに新たなトラブルがどんどん溜まってしまう点なのです。

仕事を辞めて今の状態から解放されたいと思うのは、きっと皆さん一度は体験があることでしょう。しかし趣味や習い事を簡単に辞めるのとは違い、会社を辞めたいと思ってもすぐに行動は起こせません。

仕事を変えることは時には自分の人生さえも変わってしまうほどの影響力がありますので、ここはぜひ慎重に行動したいところです。そこで早速ですが、会社を辞めたいと思った時に確認したい5つの基本事項をお伝えします。

 

会社を辞めたいと思ったら
まず確認する5つの基本事項

 

会社を辞めたい理由がはっきりしているか確認しましょう 

会社を辞めたいと思う瞬間はきっと誰でも一度は経験があると思います。毎日満員電車にゆられて通勤するのは決して簡単なことではありませんよね。

ではなぜ会社を辞めたいと思うのか、その理由ははっきり自分でわかっていますか?ただ面倒くさい、残業があるから嫌だという理由では、たとえ転職をしても結局同じ結果になってしまいます。

会社を辞めたい理由がはっきりしない限り、次に始めることが何を基準に選択するべきかわからなくなってしまいます。人間関係なのか、給与の問題なのか、今の仕事環境に満足できない理由を紙に書き出してみましょう。

 

現在の状況を改善する方法があるか考えましょう

会社を辞めたいのは自分ではどうにもできない理由の場合もありますし、努力次第では改善の余地がある場合もありますよね。

例えば給料が少ない悩みがあるなら、残業を頑張るかスキルを磨き給与アップしてもらうなど、自分の力で快適な職場環境に変えることは可能です。しかし人間関係や会社の雰囲気など、自分ひとりが頑張ってもどうにもならない状況も存在します。

そんな場合は新しい職場で最初からスタートすることで、問題が解決される場合もるでしょう。そこで会社を辞めたい理由に対して、どのような解決策があるのかをまず考えてみましょう。

 

夢を追うよりも現実感を持って考えましょう 

会社を辞めたいと一度考えだすと、毎日仕事をするのがつまらなく感じますよね。本当はこんなことをやってみたかった、違う会社にいけばもっと評価されるはず、など夢を見てしまうこともあるでしょう。

キャリアを通して夢を叶えるのはとても素敵なことですが、現実的には仕事は生活をするために収入を得る大切な目的があります。

会社を辞めたら生活ができるのか、転職して今よりも収入が下がることはないのか、また新しい勤務先にうまく馴染めるのかなど、現実的に転職のリスクについて考えてください。現実逃避のために夢を抱くのは簡単ですが、長い人生には乗り越えないといけない壁はいくつもあります。

 

十分に自分は努力したか判断しましょう 

一度転職をすると次の職場でもすぐに嫌になり、また転職を繰り返してしまう人がいますよね。そんな状況にならない為にも、会社を辞めたいと思った時は現在の環境でどれほど努力をしたのか、客観的に判断してみましょう。

一時的な気分で働くことが嫌になってはいませんか。毎日の連続は負担になる時もあり、そこでくじけそうになるのは誰にでもあることなのです。だからと言ってなにも努力せずに諦めるのは、人間として成長できない要因になってしまいます。

会社を辞めたいと思った時は、どれほど努力をして今の現状を変えようとしたのかよく考えてみましょう。本当に仕事に対して臨むものが何か、自分自身で理解しておかないといけません。

 

会社を辞めた後の計画があるか考えましょう 

嫌なものから逃げたくなるのは人間の心理として仕方がないですよね。会社を辞めたい時も同じで、嫌だからと感情的になりすぐ飛び出してしまうと後で後悔する場合があります。

辞めたい気持ちが強くなった時は、次のステップに移る準備ができているかどうか確認しましょう。次の職場がすでに決まっているか、転職活動中の収入源をどうするかなど、具体的な計画がない間はまだ会社を辞めない方が安心です。

 

いかがでしたか。会社を辞めたいけれど、少し我慢したら前よりも仕事がやりやすくなったという場合がよくありますよね。簡単に投げだしてしまう前に、最後にもう一度だけ辛抱してみましょう。どんな環境でも自分が努力して耐えると、必ずメリットになることが訪れます。

職場は人間関係のストレスなどどうにも自分ではどうにもならない問題も色々あるでしょう。努力をしても改善できない辞めたい理由があるならば、新しい環境にチャレンジする価値は必ずあります。

しかしまだやり残し感がある場合は、もう少し努力をして辞めたい理由を客観的に見直してみましょう。仕事は社会経験を積むための大切な場になりますので、嫌なことも良いことも自分にとってはとても価値のある経験になります。

まとめ

会社を辞めたいと思った時に確認するすることは

・ 会社を辞めたい理由がはっきりしているか確認しましょう
・ 現在の状況を改善する方法があるか考えましょう
・ 夢を追うよりも現実感を持って考えましょう
・ 十分に自分は努力したか判断しましょう
・ 会社を辞めた後の計画があるか考えましょう


連記事
タイトルとURLをコピーしました