友達の作り方を基本から学んで、大切な友人を得る5つの術

友達の作り方を基本から学んで、大切な友人を得る5つの術

子供の頃は、友達の作り方なんて気にしたことなんてなく、気付けばたくさんの友達が出来ていましたよね。でも大人になると、今までの友達とは仕事や家庭の都合でなかなか会うことが出来なくなり、友達と言える人が居ないということに愕然としたり、寂しい気持ちになったりという経験をした人も多いでしょう。

昔の友達に連絡してみても、「会いたいね」という会話はあっても、実際に会うことになるのは非常に稀です。もし会えたとしても、今後、友達として付き合っていくような会話は無く、昔話と近況報告で終わってしまうはず。

それなら、いっその事、新しい友達を作ってみませんか。そこで今日は、友達の作り方を基本から学んで、大切な友人を得る5つの術をお伝えします。

 

友達の作り方を基本から学んで、
大切な友人を得る5つの術

 

習い事を始めてみよう

学生の時なら入学や進級時に、新たな友達を作るチャンスがありましたよね。それと同じような状況を作るには、習い事を始めるのがおすすめです。

既存の教室に入る場合は、みんなの中に入っていけるか不安を感じるかもしれませんが、必ず1人は新たな仲間を気遣って頻繁に声掛けしてくれる人がいます。

友達の作り方を意識しているのであれば、その人の優しさに甘えてしまいましょう。その際、必ず「緊張していたので、声掛けしていただき嬉しかったです。ありがとうございました。」と言えば、次からも気にしてもらえますし、その人のおかげで、他の人とも仲良くなりやすくなります。

新規の教室で習う場合は、隣の席になった人に声をかけてみてくださいね。みんな、初めてのことで不安なので、会話というコミュニケーションでリラックスすることが出来、自然と友達になれるでしょう。

 

1人の人を探して話しかけてみよう

もし、あなたが人見知りなら、話が盛り上がっている輪に入るのは苦手ですよね。どんなに楽しそうでも、自分が入って場が白けてしまったりするのは恐いし、なぜ入って来たという態度を取られてしまったら、すぐにでも帰りたくなってしまうでしょう。

そういう時の友達の作り方の基本は、1人の人を探す事。1人の人は、何となくこの場から浮いているような気がして居心地が悪いと感じている人が多いのです。

そんな時に「1人ですか?」と話しかけてもらうと、ホッとします。同じ場にいる訳ですから、何かしらの共通点があるはずです。そこから会話していくと、意外と話が弾みますよ。

「寂しい」+「共通点」は、大切な友人が出来るキーワードです。様々な会場で、この友達の作り方は効果がありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

人の話に関心を示そう

人と会話するのが特に苦手ということもなく、人に話しかけられることも多いのに、気付けば1人になってしまう。さっきまで話をしていた人達は、他の場所で楽しそうに盛り上がっていて、寂しさを感じてしまうことがありませんか。

こういうタイプの人は、他人に紹介出来るような友人関係を作ることがなかなか出来ません。その理由は、興味があることは話しても、それ以外の話には、我関せずという態度が相手に伝わってしまうからです。

共感してもらえない会話ほど、つまらないものはありませんよね。だから友人と言える人がいないのです。あなたが友達の作り方で意識するのは、興味のないことでも、きちんと話を聞く姿勢。そうすれば、今までの状態が嘘のように友達が出来るでしょう。

 

知り合いの中で共通点の多い人を探してみよう

大人になると、新たな友人はなかなか出来なくなりますが、知り合いは増えます。ご近所付き合い、仕事、子供の学校絡みなど、顔見知りがどんどん増えますよね。挨拶やちょっとした会話はするけど、友達ではない人達があなたにもいるはずです。

大人になってからの友達の作り方で簡単なのが、知り合いから友人になること。話の中で、お互いの共通点を探して、そこから会話を発展させてみましょう。

たくさんの知り合いに中に、ビックリするくらい共通点があり、話が弾む人が必ずいますよ。その人こそ、あなたにとって、身近に居る大切な友人になる可能性がある人なのです。「類は友を呼ぶ」と言いますが、それを実践してみてください。

 

思い込みは止めてありのままを受け入れよう

あなたは、自分の友達はこういうタイプが合っていると勝手に決めつけていませんか。友達の作り方が気になっているあなたにとって、この考え方は致命傷です。

もしかしたら、見た目とは全く違うタイプの人で、あなたの友人になるかも知れない人を自ら排除してしまっているのですから。友達が少ない理由は、これなのです。

そこで、あなたの友達の作り方ですが、話しかけられた人に対して、まずは寛容になってください。そして、その人をありのまま、受け入れましょう。

自分で選り好みしなければ、たくさんの友達が出来ますよ。そのたくさんの友達の中には、あなたの欲しい言葉や時には叱咤激励してくれる人がいるかもしれません。大切な友人を得たいのであれば、友達をたくさん作ってください。

 

いかがでしたか。

友達の作り方なんて、わざわざ確認しなくてもという人は、これを読んでくださった人の中にはいませんよね。特に地元ではない所に住んでいる人は、友達がたくさんいる人を羨ましく感じることもあるでしょう。

落ち込んでいたり、悩み事がある時は、大切な友人に話しを聞いてもらいたいものです。出来ることなら、たくさんの友達の中から、聞いて欲しい内容に適切なアドバイスをくれたり、寄り添ってくれる人がいると、精神的に楽になります。

大人になると、知り合いは増えても、友達はなかなか出来にくいもの。友達の作り方を意識しなければ、友人を持つのも難しいのです。友達作りの基本中の基本は、たくさんの人と話すことです。

人見知りや口下手な人は、あいさつだけでもしてください。その繰り返しが、話のキッカケとなり、大切な友人を得るプロローグになるかもしれませんよ。難しいことは考えず、友達の作り方を実践してみましょう。

 

まとめ

大切な友人を得るには

・ 習い事を始めてみよう
・ 1人の人を探して話しかけてみよう
・ 人の話に関心を示そう
・ 知り合いの中で共通点の多い人を探してみよう
・ 思い込みは止めてありのままを受け入れよう


連記事