初心者でも簡単に挑戦できる、多肉植物の寄せ植え方

初心者でも簡単に挑戦できる、多肉植物の寄せ植え方
プクプクした丸いフォルムがとても愛らしい多肉植物の寄せ植え、贈り物としても人気ですよね。そもそも多肉植物とは、茎や葉の貯水組織が肥厚していて多量の水分を貯える植物の総称で諸説ありますが1万5千種類を超えると言われています。

色彩も豊かで見た目のふっくらとした可愛さ、見ているだけでとても癒されるので人気が高いのも納得です。日当たりの良い窓際に置いておき、毎日水やりをしなくても元気に育つので過去に様々な植物を枯らしてしまった人でも大丈夫というのも人気の理由のひとつでしょう。

たくさん種類があるので、自分の好みのものを見つけやすく、そして多肉植物を寄せ植えにして自分だけの多肉の世界を楽しむことが可能です。そこで今日は、誰でも多肉植物の寄せ植えが簡単に楽しくできる方法をお伝えします。

最適な季節に行おう

どんな植物にも種植えに適した時期がありますよね。その時期がずれたから必ず失敗するということはありませんが、初心者なら最適な季節を選んでおいた方が安心です。冒頭でもお伝えした通り、種類がたくさんあり自生地生長時期が異なります。

夏型種・冬型種・春秋型種の3つに分類され、多肉植物の寄せ植えは、同じ成長時期のものにすると安心ですよ。もともと多肉植物は植え替えをすることで元気に育つ植物なので、1年に1度は植え替えをするのが良いため、寄せ植えは理にかなっています。

その時期ですが、生長時期に入る前が良いので、夏型種と春秋型種は春で冬型種は秋が最適な季節です。多肉植物の寄せ植えをダメにしないためにも、適切な季節に行いましょう。

 

必要なものを準備しよう

多肉植物の寄せ植えの品種を決めたら、鉢などの準備をしましょう。初心者にありがちですが、植え替えている際に足りないものに気付き、作業を中断しなくてはいけなくなると面倒くさくなって、寄せ植えしなくても良いかなということになってしまいます。

そのため、用意するものを全て準備しておくことが初心者でも簡単に寄せ植えが出来る方法なので忘れない様にしてください。

準備するもの

①鉢
②多肉植物用の土
③鉢底ネット
④底石(軽石)
⑤消毒した剪定用のハサミ

です。鉢は鉢底に穴が空いたものの方が水の管理がしやすく酸素が穴から入ってくるので管理がしやすく、穴が無いものはある程度多肉植物の扱いに慣れてからの方が良いでしょう。

土は元々ポットや鉢に入っていたものではなく、必ず多肉植物用の新しい土を使ってください。他にハケやスプーンも準備しておくとキレイに植えることが出来ますよ。

 

手順通りに植えよう

①鉢の底に適度な大きさにカットした鉢底ネットを敷き、底石(軽石)を敷きます。

②鉢の高さの3分目くらいまで土を入れてください。

③ポットや鉢を軽く叩きながら多肉植物を取り出します。その際、根が崩れないようにやさしく取り出してください。根の周りの土を優しく落としたら、黒ずんだ根を消毒した剪定用のハサミで切ります。

④鉢に多肉植物を色などのバランスを見ながら植えつけ、根の部分に多肉植物用の土を入れましょう。根が傷んでしまうので、土を入れる際は力を入れすぎない様にしてください。

細かい部分はスプーンを使うと簡単ですよ。多肉植物に土がかかってしまった部分をハケで落とすとキレイな仕上がりになります。

⑤土が乾いている場合は水を少しあげて寄せ植えの株を固定してください。

 

水やりに気をつけよう

多肉植物の寄せ植えが完成したら、その後は明るい日陰で土が乾きすぎないようにし、1週間を過ぎて土が乾いていたら水をあげましょう。その後は土が乾いていても多肉植物の葉がプックリと張りがあれば水やりはしなくてもOKです。

葉の張りが少し無くなったなと感じたらお水をあげてください。多肉植物が枯れてしまったりブヨブヨになって腐らせてしまうのは水やりが原因というのがほとんどなんですよ。

水をあげす過ぎてしまうと鉢の中が蒸れてしまって腐ってしまうし、少ないと葉がシワシワになって枯れてしまうので、葉っぱの状態を観察しながら様子を見てください。そして日当たりが良く風通しの良い場所に置き、真夏は直射日光が当たらない明るい日陰に置くようにしましょう。

 

さて、可愛くて素敵な多肉植物の寄せ植えは、部屋にあるだけでとても癒されるので、お気に入りの鉢を完成させたいですよね。初心者がオシャレな多肉植物の寄せ植えにするには、同一色でまとめてみましょう。

シンプルでも鉢にこだわれば様々な印象の寄せ植えに仕上げることが出来ます。陶器や素焼き、他にもブリキ缶の底に穴を開けて使ったり、流木も多肉植物との相性が良い器です。多肉植物と鉢の組み合わせも楽しんでみてください。

そして多肉植物の寄せ植えの美しさを求めるなら同じ色でも濃いものから薄い色をグラデーションのように寄せ植えすると素敵です。上手に出来たら、自分だけで楽しむのではなく、お友達にプレゼントしても喜ばれますよ。あなただけの素敵な多肉植物の寄せ植えを楽しみましょう。

まとめ

多肉植物を寄せ植えするときは

・ 最適な季節に行おう
・ 必要なものを準備しよう
・ 手順通りに植えよう
・ 水やりに気をつけよう


連記事
癒し自然
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会