ここを直すと成功する!面接の志望動機の伝え方

ここを直すと成功する!面接の志望動機の伝え方

面接の志望動機って必ず聞かれる質問ですよね。企業の7割以上が採用の際に志望動機を重視しているというアンケート報告もあり、面接において志望動機は非常に大きなウェイトを占めているといっても過言ではありません。

今回は、面接の志望動機の伝え方についてお伝えします。志望動機の伝え方をお伝えする前に、なぜ企業はそこまで志望動機を重視しているのか考えてみましょう。

企業が面接で志望動機を聞くのは、あなたのビジョン、やる気、人柄を知りたいから。つまり、面接で志望動機を聞かれたら、この3つを抑えて伝えれば内定の確立をグンと上げられますよ。今回お伝えする方法を参考に、あなたもこの3つを面接官に上手く伝えて内定を勝ち取りましょう。

 

ここを直すと成功する!
面接の志望動機の伝え方

 

あなたのビジョンを伝えよう

せっかく就職しても、企業理念と働く人のビジョンが一致していないとお互いが不幸になってしまいますよね。そのため、企業は面接で志望動機を聞き、会社の方針と本人のやりたいことがマッチしているのか確認しているのです。

ですから、面接で志望動機を聞かれたら、あなたのやりたいことと企業の特徴を結び付けて伝える必要があります。

良く聞かれるのは「なぜ弊社を希望しているのか」という質問。数ある会社のなかで、なぜ自分たちの会社を選んだのかその理由を面接官に納得させる理由を用意しておきましょう。

 

目標は未来の視点で発言しよう

次に考えたいのが、面接で志望動機を聞かれた時に面接官にやる気を伝える方法です。「やる気があります!!」と言うだけでは面接官は納得してくれませんよね。

面接官にやる気を伝えるには、その会社に入ったら具体的に何をしたいのかを伝えることが重要です。そのためには、その企業研究が不可欠。志望する企業の事業内容や経営状態、創設経緯などを理解しておきましょう。

最近は、インターネットの普及によって簡単に企業の情報が得られるようになってきました。企業のホームページは最低限チェックして面接に臨んで下さい。また、上場企業であれば『四季報』なども参考になるでしょう。

 

なぜそう思うのかを重視しよう

企業が面接の志望動機で最も重視しているのは、その人の人柄。面接の志望動機であなたの人柄をどのように伝えられるでしょうか。

面接で志望動機を伝える際に「なぜ自分がそう思うのか」を伝えることで人柄を伝えることができます。例えば、「海外勤務を希望している」、「御社の○○という理念に共感した」というのは良くある答えですよね。

しかし、なぜそう考えているのかを伝えるなら他の就職希望者に差を付けることができますよ。志望動機を伝えたら、面接官になぜ自分がそう感じているかも一緒に伝えて下さい。

 

結論から先に伝えよう

ここまで面接の志望動機で「なに」を伝えるのかを考えてきました。ここからは、「どのように」伝えれば良いのかについて考えていきましょう。面接は時間が決まっていることが多いですよね。

短い時間のなかで、面接官に好印象を持たれるにはどうすれば良いのでしょうか。面接官も人間です。あなたが、もしダラダラとした話を延々と聞かされたら辛いと感じてしまいます。

言いたいことを先に伝えてその後に理由を伝えられる方が言いたいことがスっと頭に入ってくるハズ。ビジネスの現場でも、多くのビジネスマンが相手に聞きやすい話をするために結論を先に述べる伝え方をしています。

結論から伝えて、その後になぜそうなのか理由を述べることで、面接官が理解しやすくなり好印象を与えることができますよ。

 

最低限のマナーを身に着けよう

どんなに面接の志望動機が良くても、どんなに伝え方が面接官を納得させるものでも、面接時のマナーが最悪だったら面接官の印象は悪いものになってしまいます。面接でのあなたの様子は、就職後のあなたの姿。

面接のノックは3回といったノックの仕方や、お辞儀のタイミング、面接官の許可があるまで椅子に座らないなど一通りのマナーは覚えておくと良いでしょう。また、言葉遣いも重要な要素です。最低限の敬語は身に着けておきましょう。

 

いかがでしたか。

今回は、面接の志望動機の伝え方についてお伝えしました。今回お伝えしたように、企業は面接の志望動機であなたの「ビジョン・やる気・人柄」について知りたいと考えています。

自分のビジョンを会社の特徴と関連付ければ、あなたのビジョンと企業理念がマッチしていることを伝えられるでしょう。また、やる気を伝えるには具体的な目標を伝えることが重要でしたよね。

希望する企業で何がしたいのか具体的に面接官に伝えると良いでしょう。更に、志望動機になぜそう思うのか理由をしっかり添えることで、あなたの人柄を伝えることができます。

志望動機に限らず質問を受けたら自分の体験談などを交えて伝えるように心がけて下さい。このように面接の志望動機は、企業にとって重要な質問の1つです。面接官を納得させる志望動機を伝えて面接を成功させましょう。

 

まとめ

面接に成功する志望動機の伝え方とは

・ あなたのビジョンを伝えよう
・ 目標は未来の視点で発言しよう
・ なぜそう思うのかを重視しよう
・ 結論から先に伝えよう
・ 最低限のマナーを身に着けよう


連記事
面接 仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました