イライラする事が多い人へ!心が穏やかになる5つの方法

イライラする事が多い人へ!心が穏やかになる5つの方法
ストレスを受けやすいと言われる現代、イライラする感情が抑えられず、むしゃくしゃしてしまう時もありますよね。イライラすると、そのことで頭がいっぱい。集中できなくなって気が散ってしまうと日常生活にも支障が出てしまいます。

日常的にイライラしやすい人は、周りに当たり散らしたり、雰囲気をピリピリさせたりして、周囲の人から距離を置かれてしまうことも。そんな人は、イライラする気分から脱出できたら生活が豊かになれそうですね。

なんだかイライラすることが多いな、と感じているあなた。心を穏やかにできる方法があったら試してみたいと思いませんか。今回は、日常的にイライラすることが多い方必見、心が穏やかになる方法をお伝えします。

体をリラックスさせる

イライラするときは、自律神経が乱れているなど、体の状態が影響している場合があります。体が疲れているとイライラしがちです。体を休め、リラックスすることがイライラする状態を抑える特効薬である場合も多いのです。

一番良い方法が、よく寝ること。睡眠をしっかりとると自律神経が整い脳も休まって、イライラがおさまる可能性が高まります。夜寝る前に携帯をいじらない、ぬるめのお風呂につかるなどの工夫をすると睡眠の質が良くなり、リラックスしやすくなります。

瞬間的にイライラする気持ちを抑えたいときは、深呼吸をするのもおすすめ。ゆっくり呼吸をすることで心拍数が落ち着き、心が穏やかになっていきますよ。

 

イライラする内容を書き出す

イライラを解消したいならイライラする原因をなくすことが近道ですよね。年中イライラしているようでも、元をたどればはっきりした原因がある可能性があります。根本的な解決をするために、イライラする内容を書き出し整理してみましょう。イライラの原因がわかりやすくなります。

また、書くという行為自体がイライラする感情を発散してくれる場合もあります。書いてみると客観的になり「なんだ、たいしたことがないな」と冷静になれるケースもあるでしょう。

とにかくイライラする、という人は感情的になって自分を見失ってしまうもの。書くという行為によって自分を客観視させ、心を穏やかにできるのです。

 

自分で変えられる原因、変えられない原因を区別する

イライラする内容を整理していると、自分で変えられる原因が見つかる場合と、変えられない原因が見つかる場合があります。例えば友人関係で、イライラする出来事があった場合は、気が合わない人と関わらないようにする方法が考えられます。

一方で原因がご近所の人間関係であった場合はなかなか切り離す方法はとれません。また、自分の言動に原因があるイライラなら変えられる可能性がありますが、他人の言動が原因であったらそう簡単には変えられませんよね。

変えられないことに対してイライラするのは、もったいないと思いませんか。変えられないものは変えられないと割り切って、イライラしても無駄であると考えられるように心がけましょう。諦めがつき、心を穏やかに保てるようになっていきます。

 

他人と価値観が異なってもよいと考える

よくイライラする人の中には、完璧主義で自分の価値観を曲げられない人が多くいます。曲がったことが大嫌いで、「いい人でいたい」「○○しなければならない」「絶対○○だ」と考えがちな人はこのタイプ。

自分の考え方と他人の考え方が違うことがわかると、自分が否定されたように感じたり、その人が許せなくなったりし、イライラして攻撃しようとします。そんな人に知ってもらいたいことは、「何が正しいかの価値観は変化するものである」ということです。

世の中に絶対的なものはありません。自分にとっての正義を振りかざして他人に攻撃したら、傷つく人が出てきます。被害者が出た時点で、その攻撃は「正しいこと」ではないのです。

とはいえ、ポイ捨てをしているなど、目の前で明らかに迷惑な行動をとった人を見かけたら、イライラしてしまうのも無理はありませんよね。

そんな場合は「この人は自分と価値観の全く違う人だな」「残念な人だな」と考えるようにしましょう。「残念な人」と思えると、少し同情の念もわき、イライラせずにすみます。

 

イライラのパワーを別の物事にぶつける

イライラするときの心のパワーはすさまじいもの。ちょっと休んだだけでは収まらないケースもあります。そんな時は、有り余ったイライラのパワーを害のないものにぶつけてみましょう。

おすすめのが、体を動かしたり、大声を出したりする行動。例えば、カラオケで大声を出せる曲を歌ってみましょう。アップテンポな曲に乗って歌えば、気分も晴れていきます。また、好きなスポーツに励めばストレス発散になり、イライラする気持ちを抑えることが可能です。

 

さて、イライラする状態が続くと、そんな自分にますますイライラしてしまう、そんな日もありますよね。ここでご紹介したイライラする気分から逃れる方法は大きく分けて2つ。イライラしないための予防策と、イライラしてしまったときの解決方法です。

この、予防と解決のダブル効果を利用すれば、イライラする日々から脱することができます。イライラしたくない、と思ったあなたはきっと大丈夫。イライラする自分を客観視できているからこそ、自己嫌悪に陥ることができるのです。

自分を客観視できるなら、イライラする気分から逃れるために必要な、「冷静さ」をきちんと持っている証拠。きちんと状況を分析して、イライラする原因を解決し、心を穏やかにできるはずです。これからは「冷静さ」を大切にし、ご紹介した5つの方法を使ってイライラする自分とさよならしましょう。

まとめ

イライラする人が心を穏やかにするには

・ 体をリラックスさせる
・ イライラする内容を書き出す
・ 自分で変えられる原因、変えられない原因を区別する
・ 他人と価値観が異なってもよいと考える
・ イライラのパワーを別の物事にぶつける


連記事