仕事を辞める為に上手に理由を作る、円満退職構築術

仕事を辞める為に上手に理由を作る、円満退職構築術

仕事を辞めるには理由がないといけません。どんな職場でも、仕事を辞める理由は何か必ず聞かれますよね。

そこで「今の仕事がイヤだから」という理由では決して円満退職はできません。仮に本当に今の仕事に嫌気がさしている時でも、上手に円満退職するには納得してもらえる理由をまずは考えてみましょう。

辞めた後にも残念だったと思われるように、プロの意識を持って退職する点が一番重要なポイントです。今の時代はリストラされる方も多く、自ら仕事を辞められるのはとても羨ましい環境にいるという点も覚えておきましょう。

自分も会社側も嫌な思いをせずに解決できるように、計画的に退職手続きを進める点が重要なのです。では早速ですが仕事を辞める理由を上手に作る5つの円満退職術をお伝えします。

 

仕事を辞める為に上手に理由を作る、
円満退職構築術

 

退職の意志は早めに伝えましょう 

どんなポジションであるにせよ、仕事を辞める理由を伝えるのは早い方が相手側にとっても助かります。一般的には辞める2か月前ほどが良いとされていますが、自分の仕事内容や引継ぎの量も考慮して早めに伝えるようにする点が社会のマナーでもあります。

嫌になったら明日辞める、というのでは双方が嫌な思いをして円満に退職ができませんよね。仕事を辞める理由は一人ひとり違いますが、必ずしも本当の理由を告げることが円満退職になるとは限りません。会社側が納得できる正当な理由を考えることがまず退職に向けた始めのステップになります。

 

退職したい理由を考えましょう 

本当の仕事を辞めたい理由が、上司とうまくいかないという場合。そのまま伝えてしまったらそれは会社に対して不満を言っているのと同じこと。

退職する時はあくまでもプロ意識を持つ点を意識しましょう。そのためにも仕事を辞める為に上手な理由を考える点がポイントになります。

本当は仕事が嫌い、ほかに条件の良い仕事があるなど、実際の理由を伝えると会社側も面白くないですよね。

仕事を辞めた後でも、人間関係を続けられるような円満退職をする為には、会社側が納得して転職を応援してくれるような理由を見つけましょう。お互いにマイナスとなる退職理由は避けてください。

 

退職する意思を固めておきましょう 

仕事を辞める理由を会社側に伝えた時。場合によってはなんとか続けて欲しい為に、会社からは新たなオファーを出してくる場合もあります。

給料アップ、部署移動など、好条件に思わず考え直したくなる可能性もありますよね。また会社によっては上司の能力不足で退職者がでると判断する場合もあり、必死になって留まるように説得してくる上司もいます。

そのような場合にはいくら理由を言っても話が一方通行になってしまうので、すでに次の勤務先が決まっていると伝えましょう。

このような事態もあり得ますので、仕事を辞める理由を伝えるときは自分の意志が固まっている点を確認しましょう。

 

会社に対する不満は触れないようにしましょう 

仕事を辞める理由は色々ですが、実際には現在の仕事に飽きてしまった、人間関係が嫌、仕事がきついなど、会社側にとってマイナスになる原因が多いですよね。

しかし退職理由を正直に伝えてしまうと、決して相手にとっては気持ちが良いものではありません。不平や不満を言い出すと円満退職ができなくなり、退職する日まで大変居心地の悪い思いをしてしまいます。

快く仲間から送りだしてもらうためにも、不平などは一切口にしないようにしましょう。前向きな退職である点や、現在の職場に大変感謝している気持ちを強くアピールしてください。

 

個人的な理由をアピールしましょう 

仕事を辞める理由はあくまでも個人的な事。仕事が嫌い、うまく職場になじめない。よくあるこれらの理由も個人的な理由です。

そんな本心があっても仕事を辞める理由を告げる時は、必ずキャリアアップや新しいフィールドにトライしたなど、あくまでも前向きな理由である点をアピールしてください。

このような理由だと会社側も納得ができ、温かく見守って退職後も応援してくれるかもしれませんよね。

仕事を辞めてからも、職場には書類の手続きなどでまた出向く場合もあるかもしれません。逃げるようにして仕事を辞めるとその後も大変行きづらくなりますよね。

 

いかがでしたか。

仕事を辞めるには上手な理由を作って円満に退職することが一番理想の辞め方です。すぐにでも辞めたいほど現在の仕事が嫌いでも、決して本心を伝えてしまってはいけません。

社会人としてのマナーをしっかり持ち、会社側に嫌な思いをさせないように納得できる退職理由を考えましょう。

前向きな気持ちでもっと自分のスキルを伸ばしたい、キャリアアップしたいなど、個人的な理由を考えてみましょう。

最後だからといって今まで我慢してきた不平や不満を思い切ってぶちまけてしまうのはプロ意識が少ない証拠です。

辞めないで欲しい、と思われるように引継ぎなどもしっかり行い、迷惑をかけずに退職する点が重要です。円満退職ができれば次の仕事でも必ずメリットになるはずです。

 

まとめ

仕事を円満退職するには

・ 退職の意志は早めに伝えましょう
・ 退職したい理由を考えましょう
・ 退職する意思を固めておきましょう
・ 会社に対する不満は触れないようにしましょう
・ 個人的な理由をアピールしましょう


連記事
退職仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会