自己肯定感をアップして、明るい性格美人になる方法

自己肯定感をアップして、明るい性格美人になる方法
自己肯定感を持てば周囲に明るく優しく接することができますし、何よりも自分自身に対して優しくなることができますよね。そして、自己肯定感を持つことで明るい性格美人になりたいものです。

反対に、自己肯定感が低いと、友達に対して卑屈になったり嫉妬心から攻撃的に接してしまうなど、周りの人とうまくコミュニケーションをとることができませんし、卑屈すぎたり嫉妬心の強い人は周りからは好かれません。

また、自己肯定感が低くて一番苦しい思いをするのは自分自身です。自分を否定してしまうのですから、明るい性格にはなれませんし、友達と接していても「自分は嫌われているかも」「自分なんかいない方がいいのでは」という気持ちにとらわれてしまいます。

これは、友達の目からみれば、「根暗」です。自己肯定感をアップして明るい性格美人になるためにはどうすればよいのか。ということで、今回は自己肯定感をアップする方法をお伝えします。

 

自己肯定感をアップして、
明るい性格美人になる方法

 

自分に自信を持つこと

自己肯定感の低い人は、自分に自信がない人です。自分に自信を持つことで自己肯定感をアップすることができますよ。成功体験や自分の長所を見つけて、自分に自信を持ちましょう。

成功体験も長所も見当たらないという方は、友達や同僚よりも自分が勝っている箇所を探してみてください。有能な同僚と比べる必要はありません。

有能でない同僚と比べたら、長所なんて一つもないと思っているあなたにも一つくらい、勝っている箇所があるはずですよ。仕事で勝てなくても、たとえば、「瞼に線が一本多い(二重瞼)」だとか「私の方が色が白い」など仕事に全く関係ないことでも、勝ちは勝ちです。

 

自己中・利己的になること

「誰かのために何かをしてあげたい」「友達や恋人にふさわしい自分になりたい」と考えれば、自分の至らない部分にばかり目につき、自己肯定感が低くなってしまいます。また、相手に受け入れられなかったときには、自己肯定感はどん底まで落ちてしまいます。

自己肯定感をアップするためには、自己中・利己的になること!誰かのためではなく、「自分のため」に行動してください。友達と遊ぶときは、友達を楽しませよう・友達にとって有意義な一日にしようと考えるのではなく、自分が楽しむことが一番と考えるのです。

利己的になり自分が楽しんだり自分のために行動したら嫌われ者になってしまうと考えがちですが、実は利己的な方が周りからは「明るい人・一緒にいて楽しい人」と好かれることが多いです。

だって、楽しんでいる人を見れば「明るい人だな」と思いますし、自分の顔色を窺ってばかりの友達よりも楽しそうに笑っている友達の方が一緒にいて楽しいですものね。

 

他人からどう見られているかを気にしないこと

他人の評価や他人からどう見られているかを気にすればするほど自己肯定感は低くなります。他人の心の中は覗けませんから、他人の評価を気にするときはいつだって最悪のパターンを考えてしまうからです。友達からどう思われているのかを気にするとき、「自分は好かれている」と自信を持てることは少ないですよね。

「自分は嫌われているのでは」と不安になることの方が多いです。こんなとき、「友達に嫌われる自分」を自分自身が好きになることはできませんから、自己肯定感は低くなります。また、友達に好かれようとして卑屈な態度に出てしまうこともあるでしょう。

このような態度や行動は明るい性格美人からは程遠い行動です。ということで、他人の評価や他人からどう見られているかを気にしないこと!他人の評価が気になる方は、自分の方から相手を見下すくらいがちょうどよいですよ。

 

習い事や資格など、特技を一つ作ること

「これだけは負けない」「自分にはこんな特技がある」という特技が一つあれば、自己肯定感を持つことができます。また、自分の特技で友達を助けることができたり、特技を生かして職場のヒーローになることができたらますます自己肯定感をアップすることができますよ。

たとえば、字がきれいという特技があれば日常生活の中でしばしば優越感を持つことができますし、自信を持って人前で字を書くことができます。字を書くのが苦手な友達を助けることもできるでしょう。

このように特技を生かせば成功体験を作ることができるし、それによって自己肯定感をアップしたり「誰かに必要とされている」という意識を持つことができます。

自己肯定感の低い方、一つ特技を作ってみましょう。料理でも資格でもなんでもかまいません。これから始めても、半年もがんばれば、どんなことであれずぶの素人よりは得意になっているはずですよ。

 

ゼロかイチかで考えないこと

自己肯定感の低い人は「ゼロかイチか」あるいは「失敗か成功か」の二択で物事を考えたり評価する人が多いです。「ゼロかイチか」の評価では、成功でなければ全て失敗です。自然と自分で「失敗した」と評価する経験が多くなるので自己肯定感が低くなってしまうのですね。

また、対人関係では「嫌いか好きか」の両極端なので、友達や同僚に好かれなきゃ嫌われるという恐怖心から、相手に迎合したり相手の顔色をうかがうコミュニケーションしかとれなくなってしまいます。その結果、対人関係でも自己肯定感は低くなります。

自己肯定感をアップしたい方、「ゼロかイチか」で考えないようにしましょう。好きと嫌いの間に「普通」があるように、物事はゼロとイチだけで評価することはできません。

まずは、物事を5段階程度で評価するように意識してみてください。「絶対にそうだ」「絶対にそうでない」の間に「少しそうだ」「どちらでもない」「あまりそうでない」の3つの評価を加えるのです。

 

いかがでしたか。以上が自己肯定感をアップして明るい性格美人になる方法でした。自己肯定感をアップするためには、自分に自信を持つこと、他人の目を気にせず利己的にふるまうようにしてみてください。

最初は「こんなにわがままでいいのかな」「嫌われたらどうしよう」と不安になるかもしれませんが、利己的にふるまいあなた自身が楽しむことで、周りからも「この人と一緒にいたら楽しい」と好かれますよ。特技を持ったり、特技を生かしてほめられたり感謝されることで自己肯定感をアップすることもできます。

特技を持つことに遅すぎるということはないので、今から特技を作り始めてみてくださいね。また、「ゼロかイチか」で考える癖は自己肯定感を低くするので、ゼロかイチかで考えないようにしましょう。

まとめ

自己肯定感をアップして明るい性格美人になるためには

・ 自分に自信を持つこと
・ 自己中・利己的になること
・ 他人からどう見られているかを気にしないこと
・ 習い事や資格など、特技を一つ作ること
・ ゼロかイチかで考えないこと


連記事