緊張しやすい場面で使う!リラックス効果抜群の5つの技

緊張しやすい場面で使う!リラックス効果抜群の5つの技
緊張しやすいタイプの人は、あらゆる場面で自分がどんな反応をするか不安ですよね。緊張しないように言い聞かせても、逆にプレッシャーになり心臓がどきどきするなんて時もあります。

緊張しやすい場面は決して楽しいものではありませんが、こんな時に必要なのは自分自信を落ち着かせることが全てなのです。誰にでも緊張しやすい場面はやってくるもので、珍しいことではありません。知っておきたいことは、緊張しやすい時にちょっとした技を使えばかならずリラックスできるという点なのです。

でも手に汗握るような瞬間にどうやったら落ちつくの?そんな悩みを抱えている方は、ちょっとだけ思考を変えて緊張しやすい場面から解放されましょう。では早速ですが、リラックス効果が高い5つの技をお伝えします。

 

緊張しやすい場面で使う!
リラックス効果抜群の5つの技

 

呼吸のリズムに意識を集中させましょう

緊張しやすい場面では深呼吸すると効果があるといわれますよね。でも実際にどきどきするような時、深呼吸を繰り返してもさほどリラックス効果がでない時もあります。

しかし深呼吸は身体の副交感神経を優位にする為、緊張感を取り除きリラックスする効果があります。深呼吸は身体的に効果をもたらす一番早い方法なので、必ずメリットがあると信じて緊張しやすい場面にうまく活用しましょう。

試験の前や大切な会議の前など、一旦手を止めて呼吸のリズムだけを意識してください。息をゆっくり吸ってお腹を膨らませ、息を吐く時もゆっくり少しずつお腹をへこませます。この複式呼吸が意外なほどにリラックス効果があります。

 

他のことをはじめて緊張の原因を忘れましょう

緊張しやすい場面は、どうしても頭のなかが緊張原因に向いてしまいますよね。考えないようにしているつもりでも、自分が一番プレッシャーを与えているのです。

そんな時は自分自身の思考を邪魔するように、他のことをはじめましょう。たとえば音楽を聴く、本を読む、会話をするなど、リラックスできることを考えてください。

私たちの身体は緊張しはじめると、必ず体に変化が訪れます。心臓の鼓動が早くなる、冷や汗をかくなどこのようなサインが表れて来たら、すぐに緊張感を取り除く技で回避しましょう。

 

静かな環境に1分間じっと座って瞑想しましょう

緊張しやすい場面は毎日の生活のなかであちこちありますよね。性格で人によってはまったく緊張しない人もいますが、そんな理想的なタイプになるには時間がかかります。

大切な場面の前に緊張が襲ってきたら、まずは静かな部屋や環境を見つけ1分間目を閉じて黙って座ってください。周囲の騒音や人の存在は時には自分の神経を高ぶらせる原因になってしまうため、ドキドキする瞬間は静かな空間で瞑想をすると効果的です。

視覚や聴覚などの感覚を休ませて、短時間の精神統一をやってみましょう。場所がない時はトイレの個室のなかでも十分効果があります。

 

筋肉を使いエネルギーをほかに向けましょう

身体が緊張すると思っている以上にエネルギーを使いますよね。ドキドキした後はほっとしてぐったり身体に疲労が残ります。とういうことはほかのことにエネルギーを向けて緊張しないように工夫することがポイントなのです。

冷や汗をかくような場面に出くわしたら、外を散歩したり手のひらをぎゅっと握って開くを繰り返すなど、筋肉を動かしてエネルギーを違うことに発散させてください。筋肉が疲労感を感じれば肉体的にもリラックスモードに入りやすくなります。

 

緊張しやすい場面は準備万端で乗り越えましょう

苦手なことや得意なものって誰よりも自分が一番よくわかっていますよね。緊張しやすい瞬間も皆さんそれぞれ心当たりがあると思いますが、そんな場面で急に対処をするよりもあらかじめ準備をしておけば緊張しやすい場面を乗り越えることが可能です。

たとえばテストがありますが、緊張は不安が多いほど起こりやすいもので準備が万端でない時にかぎって襲ってくるものです。テストならしっかり勉強をして対策をしておけば不安が減るため、当日も多少はリラックスして臨めます。

でもテスト勉強をせずに試験を受けると、失敗する不安が大きいためどうしても緊張感が増えてしまうのです。こんな心あたりがある方は準備万端にしてその場を乗り切りましょう。

 

いかがでしたか。緊張しやすい場面はどうやったらリラックスできるか、普段から自分がやりやすい技をいくつか持っていると安心ですよね。

深呼吸だけでは心配な時は、スマホで音楽を聴けるように準備するなどいくつかのバックアップ方法も用意しておきましょう。苦手や不安な場面に出くわすと心身ともに緊張感が増えるのは仕方がないことです。ごく自然な身体の反応なので緊張している自分自身に対して、さらに慌てる必要はありません。

極度な緊張をする人はカウンセラーに相談するのもよい方法ですが、まずは自分でできるちょっとしたテクニックを活用してリラックスしてみましょう。どんな場面でも自分らしさを失わず安定できる人になれば、人生も成功しやすくなります。

まとめ

緊張しやすい場面で使うリラックスの5つの技とは

・ 呼吸のリズムに意識を集中させましょう
・ 他のことをはじめて緊張の原因を忘れましょう
・ 静かな環境に1分間じっと座って瞑想しましょう
・ 筋肉を使いエネルギーをほかに向けましょう
・ 緊張しやすい場面は準備万端で乗り越えましょう


連記事