緊張しない方法を使って、念願の面接で実力を発揮するコツ

緊張しない方法を使って、念願の面接で実力を発揮するコツ
緊張しない方法を使えば、面接時の嫌なプレッシャーやドキドキ感がなくなり、リラックスして全力発揮できますよね。しかし実際には緊張しないようにと自分に言い聞かせるほど、さらに焦ってしまう人がほとんどではないでしょうか。

面接は自分の会社に対する熱意、やる気を直接相手にアピールするチャンスですが、ここで本来の実力をだすには精神的に余裕がないといけません。

日頃から面接の練習をしても、本番であがってしまうのは仕方がないことなのです。緊張しない方法を習得すれば、苦手な面接も少しは自分らしくできるかもしれません。

まずはどんな点を注意すべきなのか、本日は早速ですが緊張しない方法を使い、面接で実力を発揮するコツをお伝えします。

 

緊張しない方法を使って、
念願の面接で実力を発揮するコツ

 

評価ばかり気にせず短所も長所もアピールしよう 

緊張しない方法を身につけておけば、面接だけでなくここぞという時のために将来便利ですよね。そもそも面接で緊張するのは、ここで失敗したら評価に影響するのでは、という不安があるためです。

絶対に合格したいという気持ちがプレッシャーになり、相手に少しでも自分を良く見せようと背伸びしてしまうのです。本来の自分をさらけ出すつもりになって面接に挑んでみましょう。

長所だけでなく、短所があっても素直に自分を表現できる人のほうが、面接官からは好感よく思われます。緊張しない方法では、まず等身大の自分を面接でアピールする点を心がけてください。

 

面接で多い質問事項を事前に抑えておこう 

初めてやることは、どんな場合でも緊張するのは仕方がありませんよね。「慣れ」は私たちがリラックスするためのコツのひとつですが、実際の面接に慣れるチャンスはなかなかありません。

そこで本番前にできるだけ余裕を持つために、よく面接で聞かれる質問事項を頭に入れておきましょう。緊張しすぎて話せなくなるのは、結局準備が足りないと判断されてしまう場合もあります。

緊張しないように落ち着くのもスキルのひとつですが、そのためには少しでも慣れることが大切なのです。初めて聞く質問内容より事前に頭に入れておけば、当日慌てることは少なくなります。ドキドキしながら受け答えしても、きちんと伝える点を抑えておけばいいのです。

 

面接のイメージトレーニングをしよう 

有名なアスリートなど、本番で実力を発揮するためにイメージトレーニングを行っていますよね。事前にこのような準備をすると、本番の時に似た緊張感を味わうことが可能です。

何度もイメージトレーニングを積めば、緊張するはずの本番もすでに練習済みになり、リラックス効果が増大します。緊張しない方法としてはまず面接場所を確認するなど、実際のシチュエーションを実感しやすい工夫をしてみましょう。

当日着ていくスーツ、家を出る時間、面接会場のイメージなどを頭に描き、現実的な映像として体験してください。まったく緊張しない方法を身につけるよりも、少しでも緊張を軽減させるテクニックを知っておくと安心です。

 

緊張は悪いことではないと自覚しよう 

面接で慣れすぎた人よりも、落ち着こうとして努力している人のほうが面接官には好印象を与えますよね。そもそも面接で緊張するのは当たり前で、無理に隠そうとする為に逆に不自然なやりとりになってしまうのです。

あがらないように何度も自分に言い聞かせていると、肝心な面接の質問内容すら頭に入ってきません。緊張しない方法はまず自分の思考パターンを変えて、緊張するのは悪いことでないと受け入れてみましょう。

心臓の鼓動が早くなり、冷や汗をかきはじめたら深呼吸して緊張をほぐしてください。もし面接で失敗したら正直に緊張していると告白するのも方法のひとつです。

 

笑顔を意識して緊張感を減らそう 

緊張しない方法はいかに本番でリラックスするかが大事なポイントになります。面接前に緊張しないツボを押し、深呼吸を繰り返す人もいるでしょう。

面接は第一印象が評価の対象になり、緊張して表情がこわばった人よりも一生懸命ニコニコしている人のほうが好印象を与えます。面接官は本来の姿を見る点を重視していますので、緊張しやすい人、本番に強い人などをしっかり判断しています。

しかし緊張する人が評価が下がるわけでなく、緊迫したなかでいかに平常心を見せるかがポイントなのです。緊張しない方法は、まず笑顔を意識して初対面の人に好感を与える気持ちを大切にしてください。

 

いかがでしたか。緊張しない方法を上手に生かす為にはとにかく準備が大切ですよね。なんの練習もせずに面接に挑んだら、うまく受け答えできないだけでなく緊張がほぐせず本来の実力が発揮できません。

面接での受け答えは内容よりもその姿勢が大切で、いかに面接に合格したいか熱意をアピールする点が重要なのです。緊張せずに棒読みする返答よりも、緊張しながら必死に「素」の自分を見せている人ほうが人間的な魅力で一杯です。

本番では緊張しない方法をうまく利用して、スムーズな面接をイメージしておきましょう。失敗が許されない一度だけのチャンスは、不安や緊張だらけでいつも通りの思考回路が機能しなくなります。そんな時は笑顔で自信に溢れた姿で面接に挑んでください。

まとめ

緊張しない方法を使い面接で実力を発揮するには

・ 評価ばかり気にせず短所も長所もアピールしよう
・ 面接で多い質問事項を事前に抑えておこう
・ 面接のイメージトレーニングをしよう
・ 緊張は悪いことではないと自覚しよう
・ 笑顔を意識して緊張感を減らそう


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会