加齢臭の原因を理解して気になるにおいを軽減する5つの方法

加齢臭の原因を理解して気になるにおいを軽減する5つの方法
満員の電車やバスでの通勤、職場で部下との打ち合わせ、家族や友人との団らん・・・他人との距離が近いとき、ふと自分の加齢臭が気になってしまうことってありますよね。自分のにおいを気にするあまり積極的に他人に近づけない、と悩む方も中にはいらっしゃるでしょう。

あなたは加齢臭の原因をご存知ですか?加齢臭は、肌の皮脂腺から出た脂肪分が酸化して発生するノネナールという成分が原因だと言われています。中年以上の人は皮脂の酸化を抑える力が弱くなってしまうので加齢臭がするようになってきます。実は男性だけではなく女性にも起こるものです。

そう考えると、歳を取れば誰にでも起こる生理現象なので多少におってもしょうがないとも言えますが、やはり周りからの目は気になるもの。もし少しでも臭いを軽減できる方法があるのなら試してみたいですよね。今回は加齢臭の原因を理解して気になるにおいを軽減する方法をお伝えします。

食生活を見直しましょう

加齢臭対策としてまずは食生活を見直してみましょう。加齢臭の原因は、皮脂腺から分泌された脂肪分が酸化するためです。そのため、食生活を改善して分泌される脂肪分を減らすことができれば、加齢臭を軽減するのに効果があると言えるでしょう。

そこでまずは脂肪分の元となる動物性脂肪の摂取量を減らしていきます。動物性脂肪とは簡単に言うとお肉のこと。現代の食生活ではどうしてもお肉を食べる機会が多くなってしまいがちですが、お肉を減らして豆類やナッツ類、豆腐を食べるようにすると動物性脂肪を減らしながらタンパク質が摂取できるのでオススメです。

意識して少しずつ減らしていくといいでしょう。さらに抗酸化物質であるビタミンCやビタミンEなどを摂取していきます。ブロッコリーやピーマンなどの緑黄色野菜、いちごやレモンなどの果物、豆類に多く含まれていますので積極的に摂取してください。抗酸化物質をたくさん摂ることで脂肪分の酸化を抑えられるので、加齢臭を軽減できるでしょう。

 

適度な運動を心がけましょう

運動不足も加齢臭の原因となります。なぜなら、運動をしないと身体が上手に汗をかけず、分泌される汗もベタベタと脂っぽいものになってしまうからです。その皮脂が酸化しにおいの原因になるのはなんとなく想像できますよね。肥満気味の方やメタボの方は特に注意が必要でしょう。

日頃から運動をして汗を流す習慣を作っておくとサラサラとした気持ちのよい汗が出るようになりますので、加齢臭の対策になります。

運動は汗を流せれば軽めのもので十分ですので、ウォーキングやスロージョギングなどの有酸素運動を20分程度行ってみてください。肥満やメタボの解消にもなりますしオススメですよ。

 

身体の不調を整えましょう

食事と運動以外にも、ストレスを抱えたりタバコを吸ったりするのも加齢臭の原因となります。ストレスを抱えると体内で活性酸素という物質が大量に生産され、この活性酸素が脂肪分を酸化させ、加齢臭の原因となるノネナールを生成してしまうのです。

自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスをためないよう気をつけましょう。また喫煙によって加齢臭が強くなることもわかっています。

喫煙でも活性酸素が発生しますし、喫煙による新陳代謝の低下で老廃物がたまり、やはり皮脂が酸化しやすくなり加齢臭が強くなってしまうのです。ストレスを抱えないようにする、タバコをやめるなど健康的な習慣を身につけるようにしましょう。

 

お風呂で洗いすぎないようにしましょう

加齢臭が気になるとお風呂に何度も入って必要以上にシャンプーをしてしまったり、1日に何度も身体を洗いたくなってしまうかもしれません。しかし洗いすぎることで、加齢臭の原因となる皮脂がむしろ大量に分泌されてしまう可能性があります。

それは洗いすぎによって本来必要な皮脂までが洗い流されてしまうため、身体が「足りない皮脂を出さなきゃ」とより多くの皮脂を出してしまうからだと言われています。洗いすぎによる皮脂の大量分泌によって、出すぎた皮脂が酸化してしまう。

それが結果的に加齢臭の原因となってしまうのです。お風呂で洗いすぎには気をつけましょう。もしそれでも気になってしまう場合は、シャンプーやボディソープは1日1回にして、他の時間ではお湯を浴びて流すだけにしてください。

 

服のにおいを取り除きましょう

加齢臭の原因は皮脂が酸化したものなので、当然着ている服にも皮脂=においがこびりついてしまいます。スーツやジャケットなど、もし毎日洗えないような服がある場合は服にこびりついた加齢臭を取り除く必要もあります。

市販の除菌消臭スプレーもオススメですし、ミョウバンを水に溶かした液をスプレーとして吹きかけるのも消臭効果がありますので試してみるといいでしょう。

 

やはり加齢臭は歳を取ればどうしても出てしまうものですが、加齢臭の原因さえ理解してしまえばにおいを軽減する方法はあります。

加齢臭が気になる場合は、食生活を見直して分泌される脂肪分を減らしたり、運動を習慣にして気持ちのよい汗をかいたり、ストレス解消や禁煙など、身体の健康を維持するよう気をつければにおいを軽減することができるでしょう。

身体の中から変えていくことが大切だと言えますね。また、においが気になるからといってお風呂で洗いすぎてしまうと皮脂の分泌量が増えてにおいが増してしまう可能性がありますので、洗いすぎはほどほどに。

洗濯や消臭スプレーなどで服に染み付いたにおいを取り除くことも効果的です。加齢臭の原因を理解して対策をとり、周りの人の目を気にせず堂々と振る舞えるようになりましょう。

まとめ

気になる加齢臭を軽減するには

・ 食生活を見直しましょう
・ 適度な運動を心がけましょう
・ 身体の不調を整えましょう
・ お風呂で洗いすぎないようにしましょう
・ 服のにおいを取り除きましょう


連記事
美容健康
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会