加齢臭の原因を理解して気になるにおいを軽減する5つの方法

加齢臭の原因を理解して気になるにおいを軽減する5つの方法
加齢臭の原因がいったいどこからきているのか一人で悩んでいてもわかりませんよね。加齢臭がするからといってコロンや香りでごまかしても根本的な問題は改善できないのです。

中高年になると増加する加齢臭ですが、男性だけでなく女性にも多くなる傾向があります。体臭は自分が先に気が付く前に周囲の方が敏感になっていますので、知らないところで恥ずかしい思いをしている場合もあります。

こんな厄介な加齢臭の原因ですが、一体においのもとはどこからやってくるのでしょうか。体臭は個人差がありますし、自分のにおいには鼻が慣れてしまいなかなか感じない時もあります。

人間関係にも影響を及ぼす体臭ケアですが、エチケットとして習慣にしないといけません。そこで今日は、最近なんとなく加齢臭の原因が気になるという方、効果的な対策についてお伝えします。

 

加齢臭の原因を理解して
気になるにおいを軽減する5つの方法

 

加齢臭が発生しやすい部位をしっかり洗いましょう

加齢臭の原因は、「ノネナール」と呼ばれる物質で、加齢とともに発生しやすくなります。満員電車のなかで中高年の男性のそばにいると、不快なにおいがすることってありますよね。加齢臭の原因になるノネナールは過酸化脂質と脂肪酸が皮膚の常在菌によって分解される時に発生するものです。

とくに首の後ろ、耳の後ろ、背中などの部位から強くにおいが発生する特徴がありますので、お風呂で体を洗う時はとくに意識しましょう。加齢臭対策として殺菌成分が配合されたボディソープもありますので、このような効果的なボディケア用品を使うのも効果的です。

 

運動不足を解消して体内の老廃物をだしましょう

運動不足になると代謝量が減少し、体内に余分な老廃物がたまりやすくなりますよね。塩分、脂質、水分など必要ないものがいつまでも体内に残っていると体臭原因となりますので、改善するためには運動不足の解消がとても効果的です。

有酸素運動は血行やリンパの流れを活発にして老廃物が汗と一緒に体外に排出されます。肥満体型の人は汗のにおいが臭いと言われますが、運動不足になると汗の成分に悪玉菌が多くなってしまいます。ストレッチなどの簡単な運動でもいいですし、日ごろから歩く生活を心がけるなど運動する機会をどんどん増やしましょう。
 

 

皮脂の分泌を抑える食生活をはじめましょう

加齢臭の原因になる皮脂は、臭い菌が餌として増殖する要因になります。中高年のおじさんは肌が脂ぎっているようなイメージがありますよね。年齢とともに皮脂の分泌が不安定になり、さらに食生活の乱れにより過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

皮脂腺からでる脂肪酸は酸化するとバクテリアの働きによりにおいを発生させ、とくに襟元や首の後ろにたまりやすいのです。

皮脂を抑えるには食生活で脂質や糖質を控えると効果的なので、揚げ物や甘いお菓子などはできるだけ避けて野菜類を多く食べましょう。また喫煙や飲酒も皮脂量が不安定になる原因になるため、控えるように意識してください。

 

通気性・吸汗性のよい衣類を身につけましょう

加齢臭の原因は汗に脂肪酸が多く含まれる点が原因になりますので、普段の汗対策がとても大切です。汗だくになっている中高年を見るとどうしても加齢臭って気になりますよね。汗をかくことは身体の自然な体温調整の働きですから、ストップさせることはできません。

汗から雑菌が繁殖しないようにこまめにふき取るか、もしくは通気性の良い下着、吸汗性の高い素材などを意識してみましょう。最近は加齢臭対策のグッズも色々販売され、抗菌下着も人気があります。首元などしっかり汗を吸い取る機能的な下着類を着用することも予防策のひとつです。

 

睡眠不足を解消してストレスを軽減しましょう

加齢臭の原因にストレスがありますが、中高年齢層になると仕事や人間関係で色々な壁にぶつかることがありますよね。日頃のストレスはなるべく発散して、精神的にリラックスできる生活が健康面にとっても大切な点です。ストレスが多くなると自律神経の働きが不安定になり皮脂の分泌も過剰になってしまいます。

また同時に汗腺も敏感になるため、緊張性の汗も増えてしまうのです。加齢臭の原因となる過酸化脂質はストレスがとても影響を与える為、休日にうまく気分をリフレッシュするなどストレスをため込まない生活をはじめましょう。

 

いかがでしたか。加齢臭の原因は普段の生活あちこちに隠れていますよね。加齢とともに体臭が発生しやすくなりますので、においに敏感になることがまず大切です。食生活や生活習慣を始めライフスタイルに合ったにおいのエチケットを毎日することで、さらに自信を持った生活になることでしょう。

人の体臭が気になる前にまずは自分のにおいを把握してください。加齢臭は中高年になると多くなりますが、ポイントを抑えた対策を続ければにおいがしにくくなる体質へ改善することが可能です。

また衣類の洗濯もしっかり行い、雑菌が残らないようにしっかり乾燥させあらゆる角度から加齢臭の改善をするとよいでしょう。素敵に年齢を重ねる為には自然と漂う素敵な香りがとても魅力的なポイントです。加齢臭の原因を理解してにおいを軽減させるには

まとめ

加齢臭の原因を理解してにおいを軽減させるには

・ 加齢臭が発生しやすい部位をしっかり洗いましょう
・ 運動不足を解消して体内の老廃物をだしましょう
・ 皮脂の分泌を抑える食生活をはじめましょう
・ 通気性・吸汗性のよい衣類を身につけましょう
・ 睡眠不足を解消してストレスを軽減しましょう


連記事
美容健康
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会