脈ありlineをもらった時に注意する5つの事

脈ありlineをもらった時に注意する5つの事
脈ありlineをもらった時は正直ドキッとする瞬間で嬉しくなりますが、正しい反応をしないとお互いに嫌な思いをしそうで不安ですよね。

lineといえばコミュニケーションツールとして欠かせない存在ですが、毎日気軽に使える物だからこそ、正直な気持ちも相手に伝えやすいのでしょう。

脈ありlineのサインはあちこちに潜んでいますので、好きな人やちょっと気になる人からのメッセージだと内容がとても気になります。たったひとつの脈ありlineのメッセージが、もしかしたら素敵な恋愛のスタートになる可能性だってあるのです。

でも場合によっては困る相手からのメッセージが来るかもしれませんし、大切なのはシチュエーションに合わせた対応なのです。そこで今日は、脈ありlineをもらった時に注意したい事についてお伝えします。

 

脈ありlineをもらった時に
注意する5つの事

 

脈ありメッセージかどうか正しく判断しましょう

脈ありlineかどうか、気になる人からメッセージをもらうとつい有頂天になり、勘違いしてしまう時がありますよね。本当は対して意味がない内容でも、自分にとっては特別なlineだと思ってしまう場合もあります。そこで早とちりしない為にも脈ありサインかどうか正しく判断するサインを知っておきましょう。

まずは毎日やりとりが続くかどうか、そして好意があると受け止められるような内容かどうか、メッセージが長文になる、などこのようなサインがあれば脈ありである可能性が高いです。また些細なことでも褒めてくれるような内容も、近づきたいサインのひとつです。

 

既読のタイミングを意識しましょう

脈ありlineが送られてきた時は、自分からも相手に対する気持ちを自然と伝えたいですよね。でもいきなりドキッとするような内容のメッセージを送るのは抵抗があります。

些細な点ですが脈ありlineをもらった時はすぐに読んであげましょう。皆さんもご存知だと思いますが、lineには相手がメッセージを開くと「既読マーク」が付く機能があります。嫌いな人からのメッセージだとどうしても後回しになりますが、気になる人だともらった瞬間に開きたくなります。

そんな気持ちを相手に知ってもらうためにも、既読をつけるタイミングに注意しましょう。時間がかかりすぎると興味がないと誤解されてしまいます。

 

急接近しないように日常の話題をしましょう

脈ありlineをもらうと、嬉しくて次のステップにどんどん進みたくなりますよね。でも素敵な恋のはじまりは決してあわてないことが重要です。lineのやり取りではごく普通の日常会話をメインにメッセージを送りましょう。

仕事の話、テレビ番組の話など、相手のプライベートを探るような急接近は注意したい点のひとつです。もしかしたら相手は脈ありlineを送ったつもりがないかもしれませんし、自分が勘違いしているだけなのかもしれません。

ひとりで浮かれて後で恥ずかしい思いをしない為にも、まずは日常的な話題でメッセージのやりとりを続けたほうが安心です。

 

相手の生活パターンに合わせてやりとりしましょう

lineやメールはいつでも使える便利ツールですが、皆さん着信音を設定しているため深夜のlineやメールが来ると正直迷惑な時もありますよね。

また仕事中で忙しい時に何度もメッセージが来るのも困りますし、できればゆっくりしている時間にやり取りをする方が接近しやすいのです。脈ありlineをもらった時はできるだけ相手の好感を残せるように、時間帯に注意しましょう。

どうしてもメッセージを送る場合は、返信を強要しない短いメッセージにする、またはスタンプだけにするなど相手にプレッシャーをかけないような心配りが大切です。

 

画像やスタンプだけのメッセージは避けましょう

脈ありlineをもらうと正直どうやって返事をしたらいいか困ってしまいますよね。嬉しい気持ちや不安な気持ちが見え隠れして、思ってもいないような内容のメッセージを送ってしまうかもしれません。

しかしここで注意したいのがスタンプだらけ、もしくは画像だけのメッセージ。これでは受け取った人が特別感を感じることがなく、気持ちが冷めてしまうかもしれません。

短くてもいいので必ず自分の言葉でメッセージを送るように意識しましょう。やりとりが続いて盛り上がった時は、勇気をだしてlineの通話機能を使って直接話をするのも方法のひとつです。

 

いかがでしたか。脈ありlineをもらった時は相手の気持ちを確認しながら、どうやって自分の気持ちをアピールするかが難しい点ですよね。顔が見えないからこそ、思いやりの気持ちや好意を文章にして伝えないといけません。

好きな相手ならば積極的にやり取りをする点が一番大切ですが、もし困るような相手だったらメッセージの返信も慎重になります。そんな時は相手の気持ちを持て遊ぶような内容を避け、すぐに返信しない、短い文章で送るなど態度に出さないといけません。

lineにはお互いの気持ちが見え隠れするものですから、上手にキャッチして好きな人とはどんどん関係を深めていきたいものです。脈ありlineかも?とサインに気が付いたら自分からも上手に気持ちを送り返しましょう。

まとめ

脈ありlineをもらった時に注意するのは

・ 脈ありメッセージかどうか正しく判断しましょう
・ 既読のタイミングを意識しましょう
・ 急接近しないように日常の話題をしましょう
・ 相手の生活パターンに合わせてやりとりしましょう
・ 画像やスタンプだけのメッセージは避けましょう


連記事