面接の逆質問にしっかり準備して、見事に合格する方法

面接の逆質問にしっかり準備して、見事に合格する方法
面接の逆質問は自己の評価に関わる大切なポイントですが、多くの方が安心してつい気を緩めてしまう瞬間ですよね。

「最後になにかご質問はありますか」というお決まりの面接の逆質問は、最後に自分をうまくアピールする大切なチャンスなのです。

しかし面接で逆質問したいことって意外と思いつかない難しいポイント。最後のさいごで面接で失敗する瞬間を、なんとかうまく切り抜けるにはどんな点に注意をしたらよいのでしょうか。

面接の受け答えの中でも難しい逆質問は、事前の準備を全くせずに臨んでしまう人も決して少なくありません。そこで早速ですが、本番で失敗しないように面接の逆質問をうまくこなし、見事合格する5つの方法をお伝えします。

 

面接の逆質問にしっかり準備して、
見事に合格する方法

 

企業の情報を事前にしっかり調査しておきましょう 

希望する企業の内容は皆さんじっくりリサーチするため、今更聞きたい質問なんて思いつかないものですよね。しかし面接で意外と評価対象になるのが、この逆質問の姿勢なのです。どうしても合格したい企業は、事前に会社のホームページなどを見て情報をしっかり入手してください。

質問がひとつもないと会社に対して興味がないと判断されるため、調べた情報のなかから気になる点や、再確認しておきたいことなど、どんな些細な質問でもよいので準備をしておきましょう。

下調べをしてない企業に対しては、何を聞いていいかすら思いつきません。情報を多く入手することで気になる質問が見つけやすくなります。

 

逆質問で会社に対する熱意をアピールしましょう 

面接の最後になると、いよいよ終わりが近づき油断してしまいますよね。そんな面接最後の逆質問は、面接官にとってとても重要な意味があります。

まずは逆質問を聞いてくる会社側の意図を考えてみましょう。例えば恋愛で好きな人がいる場合、近づくためには相手のことを色々知りたくなるのは自然な気持ちです。

これと同様に会社側も逆質問で、どれほど熱意をもっているか関心度を調べているのです。興味を持ってくれる人は、仕事も率先して覚え働くモチベーションの高さが異なります。そんな優秀な人材を見極める為の意図があることを理解しておきましょう。

 

ポイントを絞った逆質問でビジネススキルをアピールしましょう

わからないことを人に聞いたり、興味があるものをもっと知るために質問するのは自然な気持ちからおこるものですよね。

面接の逆質問は、会社側にとってはどれほどの質問力を持っているか判断の材料になります。的確な質問は相手から有効な情報を手に入れる為のビジネススキルであり、仕事ができる人には共通する条件のひとつです。

もっとも無難な質問は仕事内容に関するもので、ライバル企業との比較をするなど意外な方向からの質問は大変印象に残りやすいメリットがあります。「御社の企業理念を教えてください」など漠然とした質問よりも、現実的な質問の方が相手からの情報を引き出しやすいのです。

 

得意分野をそれとなくアピールする質問をしましょう 

面接では企業からの質問に答えるだけで精一杯になってしまいますよね。失敗しないように事前に準備をしても、つい忘れてしまうのが面接最後の逆質問です。

面接官に好印象を残す為には、それとなく自分の特技などをアピールする逆質問をしましょう。たとえば学生時代に取得した特技を生かしたい、自分のスキルが生かせる部署があるかどうかなど、強みを企業側にアピールするには好都合なタイミングなのです。

しかしうぬぼれや自慢が目立ちすぎると、逆に印象を悪くしてしまう可能性がありますのでご注意ください。

 

逆質問のチャンスを生かし好印象を与えましょう 

面接は個人やグループなど、企業によって色々なパターンがありますよね。どんな面接にせよ、緊張してうまく声が出なかったり、スムーズな回答ができないことは想定内です。

面接の逆質問はそんな人に与えられた最後のアピールチャンスなので、この時間をうまく生かすことで面接のプラスポイントになります。

仕事に対する責任感、そして社内での協調性などは仕事をする上で大切な判断基準のひとつです。会社の福利厚生や給与面に関する質問はあまり良い印象がないため、やる気をアピールする逆質問を意識してみましょう。

 

いかがでしたか。面接の逆質問は合格するために欠かせない点のひとつですが、どんなことを聞いてもよいわけではありませんよね。

せっかく面接で受け答えがうまくいっても、最後の逆質問で大失敗する可能性もあります。まずは企業の情報をしっかり調査して、下準備をした姿勢をアピールしましょう。

ホームぺージに書かれている内容や、求人広告に記載されている内容を逆質問するのは準備不足と判断されてしまいます。

会社が自分に対して何をしてくれるか期待するよりも、自分の能力をいかに仕事でいせるか自信を持つ態度が大切です。

合格するには会社が求める人材に近づくことがポイントになり、面接の逆質問では熱意をアピールするチャンスです。自分が会社にとってどれほど価値がある人間か、うまくまとめて面接の逆質問を準備しましょう。

まとめ

面接の逆質問を準備して見事に合格するには 

・ 企業の情報を事前にしっかり調査しておきましょう
・ 逆質問で会社に対する熱意をアピールしましょう
・ ポイントを絞った逆質問でビジネススキルをアピールしましょう
・ 得意分野をそれとなくアピールする質問をしましょう
・ 逆質問のチャンスを生かし好印象を与えましょう


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会