面接に最適な入室方法を学んで、第一印象をアップさせる為のコツ

面接に最適な入室方法を学んで、第一印象をアップさせる為のコツ
面接は入室するときが一番緊張しますよね。この段階で大失敗をしてしまうと、面接官に悪い印象を与えてしまううえに、あなた自身も大失敗の動揺やショックから立ち直れないまま面接に向かわなければならなくなります。

これでは、面接の成功はおぼつかない!面接は、面接官の質問に答えるときではなく、面接室に入室する段階から始まっているのです。

面接室に入室するときは、ただマナーを守るというだけではだめ!面接官によい印象を持ってもらえるようにアピールしなければいけません。

ということで、今回は面接に最適な入室方法を学んで第一印象をアップさせる為ののコツをお伝えします。これから就活や転職活動の面接に臨む方、ぜひ参考にしてください。

 

面接に最適な入室方法を学んで、
第一印象をアップさせる為のコツ

 

ノックは3回、ゆっくり落ち着いて行うこと

面接室に入室するとき、いきなりドアを開けて面接室に入ってはいけません。まずは面接室のドアをノックし、中の面接官に入室の許可をもらいます。

このとき、ノックは3回です。せわしなくノックしたり、ドンドンと殴るようなノックの仕方は面接官によい印象を与えないので、ゆっくり落ち着いて行いましょう。

ノックをしたら、中から「どうぞ」という声が聞こえてくるのを待ちます。面接前で緊張していると、「どうぞ」という声を聞く前にドアを開けてしまったり、自分の心臓の音で面接官の声を聞き逃してしまいがちなので、気を付けてくださいね。

ノックに対しての応答がないときには、もう一度、ノックしてください。面接官から「どうぞ」という声かけがあって初めて、面接室のドアを開けます。

 

面接官としっかり目を合わせてから入室すること

面接室のドアを開けたら、面接官を見てください。このとき、面接官としっかり目を合わせることが大切です。面接官と目を合わせたら、「失礼いたします」と一言、面接室に入室するのはこの後です。

面接室に入室する前に面接官としっかり目を合わせることで、面接官にあなたの印象を強く植え付けることができます。

しっかり目を合わせず、伏し目がちで「失礼いたします」と言うと、面接官の目にはあなたがこそこそと入室しているように見えたり、自信がなさそうにうつります。

面接官と目を合わせるのはとても緊張することですが、ここは落ち着いて、しっかり目を合わしてください。また、面接が始まる前に一度面接官と目を合わせておくと、面接官に対する恐れや苦手意識を和らげることができ、いざ面接が始まったとき冷静さを取り戻すことができますよ。

 

ドアの前で元気よく「よろしくお願いいたします」と言うこと

面接室に入室したら、ドアを静かに閉めます。音を立てたり乱暴に閉めてはいけません。ドアが閉まるまでノブから手を離さないようにしましょう。

ドアを閉めたら、面接官の方に向き、気を付け!そして大きな声で元気よく「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶します。

挨拶をするときは疲れたような声や自信のなさそうな声はだめ!面接官に悪い印象を与えてしまいますよ。挨拶をした後は、一礼します。頭をちょっと下げるだけはおじぎとは言いません。

面接室で礼をするときは、おへそから上半身を折ること、上半身は丸めず背筋をまっすぐ伸ばすこと、頭を一番下まで下げたらその状態で一呼吸置くこと、一呼吸置いたらゆっくりと上半身を元に戻します。

美しいおじぎをすることは面接官によい印象を与えるためにはとても重要なことです。面接に臨むときは、鏡の前でおじぎの練習をしてくださいね。おへそにぐっと力を入れてから上半身を折ると、上半身がふにゃっとならずに済みます。

 

椅子には勝手に座らないこと

椅子に座るときもドアを開けるときと同様、面接官から「どうぞ」とすすめられて初めて腰を下ろすことができます。すすめられもしないのに勝手に椅子に座ることのないように気を付けましょう。

面接官から「図々しい」という印象を持たれてしまいますよ。多くの面接では、椅子に座る前に自己紹介を求められます。自己紹介の言葉やフレーズはあらかじめ用意しておいてください。

鞄は椅子に座るときに床に起きます。このとき、鞄は椅子の横に、立てた状態で置くこと。鞄を床に置いた途端、鞄が横倒しになって中身が散乱してしまうなんてことのないように!

鞄は立てることができるデザインのものを選んだうえで、万が一床に倒れてしまっても大丈夫なように、ファスナーはきちんと閉めておきましょう。

 

男性は膝の上にこぶし、女性は膝を揃え手のひらを重ねること

面接室への入室方法の最後は、椅子に座ったときの姿勢です。面接自体はこの姿勢で受けることになりますから、ここが一番重要!

座り方がだらしないと面接中、ずっと面接官に「だらしない子だなあ」と思われてしまうので気を付けてください。椅子に座ったら男性は脚は軽く開いた状態で、両手は軽く握り膝の上に起きます。

背筋はぴんと伸ばし、若干顎を引きながら面接官をまっすぐ見てください。視線を床や壁に向けてはいけません。女性は両膝を揃え、両手を膝の上で重ねます。胸を張り、顎は引いてください。

顎が上がっていると、間抜けな印象を面接官に与えてしまうので注意しましょう。女性の方、カメラで自撮りをするとき、若干上目遣い気味の自分が一番かわいく見えるアングルがありますよね。そのアングルを意識するとよいです。

 

いかがでしたか。以上が、面接に最適な入室方法を学んで第一印象をアップさせる為のコツでした。面接室に入室するときは、まずは一つ一つの動作を丁寧に行うことを意識しましょう。

ノックやドアの開け閉めはもちろん、おじぎ、椅子に座るとき立つとき、全ての動作で気を抜いてはいけません。面接官にだらしない、自信がなさそうという印象を与えないように気を付けましょう。

コツはお腹、特におへそのあたりにぐっと力を入れておくことです。こうすることで自然と腹筋を使うので、背筋がまっすぐ伸び、一つ一つの動作で体に一本線が入ったようにきちんとした動きに見せることができます。

さらに、面接室に入室するときは、声の出し方も大切です。このときもお腹にぐっと力を入れて、元気ではつらつとした声を出すようにしてください。

また話し方はきびきびと!「お願いしま~す」というように語尾を伸ばしたり、「お願いし……」というように語尾が聞こえない話し方をしないように気を付けましょう。

 

まとめ

面接の入室で第一印象をアップする為には

・ ノックは3回、ゆっくり落ち着いて行うこと
・ 面接官としっかり目を合わせてから入室すること
・ ドアの前で元気よく「よろしくお願いいたします」と言うこと
・ 椅子には勝手に座らないこと
・ 男性は膝の上にこぶし、女性は膝を揃え手のひらを重ねること


連記事
面接 仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました