面接の志望動機で好印象を与えて合格する5つのコツ

面接の志望動機で好印象を与えて合格する5つのコツ
面接の志望動機を考えるのはとても面倒ですが、ここが採用されるかどうかの重大なポイントになりますよね。当日緊張すると面接は練習通りにいかない時もあります。

しかし絶対にブレてはいけないのが面接での志望動機の答え。ここで面接官にどれほど好印象を与えるか、慎重に準備をしないといけません。

面接を受ける企業は決して一社とは限りません。第一志望の企業ならどうしても就職したい気持ちがすんなり伝えられる可能性がありますが、他社応募している時は志望動機を考えるのは難しい点のひとつ。

失敗しない為にも、相手の心を掴むような志望動機を考えましょう。ではどんな点に注意をしたらよいか、本日は早速ですが面接の志望動機で好印象を与える5つのコツをお伝えします。

 

面接の志望動機で
好印象を与えて合格する5つのコツ

 

企業の内容を広範囲で詳しくリサーチしよう 

面接の志望動機は必ず質問される項目の一つです。そのためあらかじめ準備ができるので、他の質問の受け答えで失敗しても挽回できるチャンスになります。

好印象を与えるコツはまず相手側になること。どうしても合格したい会社については色々な知識がありリサーチするのが普通ですよね。

好きなものに対しては興味を持つのは自然なのです。面接官から見ると会社の業務内容だけでなく、福利厚生や評判など幅広く調べている人に対しては大変交好感を持ってくれます。

興味を持つ姿勢は企業側にとって熱意として受け止められるため、面接の志望動機を考える際は必ず企業のリサーチもしておきましょう。

 

会社の方向性と自分のビジョンが同じであるとアピールしよう 

面接の志望動機は、相手になぜ「この会社」を選んだか納得してもらう点がポイントです。例えば車メーカーを希望する場合、何社も同じような企業があるなか、なぜその会社でないといけないのかという理由を考えることがポイントなのです。

好印象を与える返答としては会社の方向性と自分のビジョンが同じであるという点。そこで他社と比較してその会社だけの特徴などを言えるようにするとさらに評価が高くなります。

自分が大切にする未来の視点を強調してみましょう。働きはじめたらこんなことをやってみたい、こんなスキルを身につけたいなど、その会社でしかできない点を伝えてください。

 

納得できる志望動機の背景を考えよう 

面接の志望動機はありきたりの内容ではインパクトが残りません。面接官は今まで何人もの応募者を見ている為、同じような面接の志望動機を何度も聞いているはずですよね。

そこで好印象を残す為にはなぜその志望動機なのか、その背景をはっきりさせる点がポイントになります。たとえば将来海外勤務を希望したい、という志望動機の場合。この受け答えでは全く特別感がありません。

さらに深く掘り下げて「なぜ海外勤務したいのか」という理由付けをしましょう。得意な語学を生かしたい、知らない国の文化を勉強したいなど、志望動機をさらに明確に伝えるための工夫が必要です。

 

即戦力となる部分をアピールしよう 

企業側としてはどんなに優秀な人を雇っても、即戦力がある人にはかないません。経験、スキルがあればすぐに現場で活躍できる期待がありますよね。

面接官の心を掴むには自分のキャリアをアピールして、即戦力となる部分を伝えましょう。保持している資格、いままでの経験、実績などを上手に志望動機にプラスして、面接官の興味を惹くことが重要です。

新卒の就活も同様。正社員で働いた経験がなくても、アルバイトで身につけたスキルが重宝される場合もあります。会社の業務内容と照らし合わせて、使いやすい人材と思ってもらう点を意識しましょう。

 

自分らしくリラックスして面接を受けよう 

面接の志望動機で多いありきたりな答えの一つが「安定している企業のため」。この答えは一見無難に聞こえるのですが、経験豊富な面接官にしてみると全く印象に残らないつまらない返答なのです。

面接は緊張して失敗する場合もありますよね。せっかく考えた面接の志望動機も満足に伝えられない時もあることでしょう。最終的に大切にしたい点は、自分らしさをアピールして面接を受けることなのです。

ありきたりの返答しかできなくても、自分らしく表現できる人、真摯な気持ちで面接官に伝える点を意識しましょう。自分を良く見せようと努力しても、面接官にはすぐにばれてしまいます。

 

いかがでしたか。面接の志望動機で面接官に好印象を与えるにはしっかり準備しましょう。会社の良い点だけでなく悪い点なども理解した上でどうしても働きたいという意志を伝える点が大切です。

面接は企業側が聞きたい内容を伝えるのでなく、自分の魅力や才能を上手にアピールする大切な場面。人柄が相手にわかるようにリラックスしていつも通りの自分を表現してください。

面接という短時間の間でどうやって企業に対する熱意を伝えるか、決して簡単ではありませんよね。少しでも好印象を残したい、評価されたいと結果ばかりを意識してしまうと、ついつい計算高い受け答えになる可能性もあります。志望動機は順序だてて面接官がなるほど、と思うような熱意を伝えましょう。

まとめ

面接の志望動機で好印象を与え合格するには

・ 企業の内容を広範囲で詳しくリサーチしよう
・ 会社の方向性と自分のビジョンが同じであるとアピールしよう
・ 納得できる志望動機の背景を考えよう
・ 即戦力となる部分をアピールしよう
・ 自分らしくリラックスして面接を受けよう


連記事
面接 仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました