モテたいなら必読!女子から好印象を得る会話術

モテたいならまず試す!女子から好感を得る5つの話し方
女性から「モテたい」というのは、一度くらいは考えたことのある夢、モテたいなら自分磨きが必要となってきますよね。「モテたい」とまでは思わなくても、「好感をもたれる人になりたい」と感じる方は多いのではないでしょうか。

女性の人間関係は独特。学校で、職場で、女性に好かれるかどうかは、その場の人間関係に大きな影響を与える場合もあります。ところが、「モテたいならこうしたらいいだろう」と思って女子と接していたはずなのに、気づいたら嫌われてしまっていた、なんてことはありませんか。

また、「モテたい」とは思っていても、具体的にどうすればよいのかわからないという方もいるはず。そんな人は、女性ならではのコミュケーションに対応できていない可能性があります。実は、女性にモテたいなら、コミュニケーションの第一歩「会話」にコツがいるのです。

気持ちが空回りしている方は、会話にさえ気を付ければ、女性からの好感度が変わってくるかもしれません。そこで今回は、モテたいなら必見、女子から好印象を得る話し方をお伝えします。

楽しそうに話す

一緒に話すなら、楽しく会話ができる人がいいですよね。だれでも、不機嫌そうな顔をしていれば話しかけにくいと感じてしまうもの。だからこそ、モテたいなら「楽しそうに」することは基本中の基本です。

楽しい雰囲気を演出することで、ちょっとした内容でも話題に出しやすくなり、会話が弾みます。具体的に「楽しそうにする」には、笑顔が大切です。

にこにこしているだけでも、相手は「自分に好意をもって接してくれている」と感じるので、安心して話をするようになります。大切なのは、面白い内容よりも、会話を弾みやすくする雰囲気作りなのです。

 

落ち着いた態度で話す

女性は、男性に「頼りがい」を求めがちです。そのため、会話をしている段階でも、挙動不審であったり自信がなさそうだったりと、明らかに頼りのない行動をとっていると、彼氏候補からは外れてしまいます。頼れる男をアピールするには、落ち着いた態度を心がけることが重要です。

例えば、速度や声のトーン。少しゆっくり、低めの声で話すと、相手にとって安心感のある話し方になります。また、うつむき加減よりも、時々相手の目を見て話す方が、堂々として見えるでしょう。

緊張してしまうとやってしまいがちな「手遊び」や「貧乏ゆすり」は、落ち着きのない印象を与えてしまうので、さけなくてはいけません。

 

相手への共感を大切にする

男性は、会話に結果やオチを求めますが、女性は共感を求めると言われています。女性同士の会話で「かわいい」を連発する人が多いのは、このため。本当に「かわいい」と思っているかはともかく、仲のいい人と「かわいい」という言葉を共有するのが大切なのです。

そんな同調中心の会話に慣れている女性は、つい男性との会話にも共感を求めてしまい、自分と同じ立場や目線で話をしてくれないと安心できません。例えば、「ケーキが好き」という話を女性がしていたとします。

「そんなに甘いものを食べたら太るよ」「ケーキよりも和菓子が美しい」などと自分の中にある結果・結論について話してしまうのはもっての外。上から目線で会話をされたように感じ、女性は嫌悪感を抱きます。

この場合、モテたいならひたすら「ケーキが好き」な気持ちを受け止める姿勢が大切。「本当に好きなんだね」といった相づちを打っていると女性からの好感度がぐっとあがりますよ。

 

相手の話を広げられるようにする

女性にモテたいなら、共感が重要なのは前述したとおり。相づちを打つだけでなく、相手に質問を投げかけ、女性中心に会話を広げていくと、より効果的です。

先ほどの「ケーキが好き」な話を例に挙げれば、「どんなところが好きなの?」「どこのケーキがお気に入りなの?」など質問をすると会話が広がっていきます。このとき、質問の回答にも「そうなんだね」と同意する相づちを打つのもポイント。

質問と相づちのW効果的で、女性は「自分の話を受け止めてくれた」と感じ好意をもってくれるようになります。

モテたい人がやりがちな失敗は、自分のいいところを見せたい気持ちが先行して、自分の話ばかりをしてしまうこと。はやる気持ちはわかりますが、ここはぐっと我慢して、女性が一通り話してから自分の話をするように心がけましょう。

 

慣れてきたら本音を話す

共感が大切な女性との会話ですが、いつまでも相手に合わせているだけではモテません。慣れてきたら、自分らしさも小出しにすることがポイント。モテたいなら自分の本音を言えるようになりましょう。

本音で語ることのメリットは、「相手に隙を見せている」と感じさせること。自分の意見を全く言わない人は、とらえどころがなく近寄りがたい印象を与えます。モテたいなら、相手に近寄らせる隙を作る会話を目指すのが肝心です。

このとき注意したいのは、「嫌いなもの」などのネガティブな本音はなるべく言わない点です。ネガティブな内容ばかりを話していると、許容範囲の狭さを相手に感じさせてしまいかねません。本音を語るなら、できれば「好きなもの」や「興味をもったもの」などの話にしましょう。

 

さて、「モテたい」とは思っていても、いままでうまく行かなかったあなた。ここでご紹介した5つのポイントは抑えられていましたか。モテたいなら、これまでの話し方を振り返ってみて、できていなかった部分があれば改善してみましょう。

女性との話し方の基本は、「共感」と「安心感」を与え、相手をリラックスさせることです。モテたいなら女子が話したことに相づちを打ったり質問したりし、楽しい雰囲気と落ち着いた態度で会話ができるようにしましょう。

リラックスして話ができるようになったら、あとは自分らしさのスパイスを加えるだけ。難しそうに思える女性との話し方ですが、「共感」と「安心感」を与える、基本の二つの姿勢ができていれば、好感度は高くなっていくのです。

「モテたい」方も、「モテたいとまでは言わないけれど女子から好感を得たい」と思う方も、ここに挙げた5つの方法を実践すれば、女性との人間関係が良好に保てます。話し方の工夫を取り入れて、「モテたい」を実現する第一歩を踏み出してみましょう。

まとめ

モテたいなら実践すべき話し方とは

・ 楽しそうに話す
・ 落ち着いた態度で話す
・ 相手への共感を大切にする
・ 相手の話を広げられるようにする
・ 慣れてきたら本音を話す


連記事