人前で緊張しない方法を使い、就職面接に合格するコツ

人前で緊張しない方法を使い、就職面接に合格するコツ

大勢の前で話をする時や、失敗できない場面などはとても緊張する瞬間ですよね。人前で緊張しない方法を習得して、就職試験の面接にも生かしましょう。

就職試験の面接は限られた時間内で判断される為、本来の自分らしさをだしながらリラックスすることが必要です。しかしあまりの緊張の為に、簡単な質問にも答えられない失態を犯してしまうことも。本当は自分はこうではない、と言い訳をしたくてもその時はすでに遅いのです。

極度な緊張をすると、想像もつかない行動をとる場合もありますので、失敗できない時こそ肩の力をぬいてリラックスしましょう。そこで早速ですが、本日は人前で緊張しない方法を使って、就職の面接試験に合格するコツをお伝えします。

 

人前で緊張しない方法を使い、
就職面接に合格するコツ

 

緊張感を減らす為に面接の練習をする 

緊張をする時は慣れていない瞬間や初めての場合がほとんど。就職試験の面接も何度も経験を積んでいる人のほうが多少慣れていますよね。

人前で緊張するのは失敗する不安が原因の一つ。そこで面接でのやり取りをスムーズにできるようにする為にシュミレーションをしましょう。

何度も繰り返し練習をすると不安が減り、実際の現場でも落ち着けるメリットがあります。人前で緊張しない方法は、緊張の原因をとにかく練習してその状況に慣れるのがポイントです。

就職面接は一発勝負。だからこそ念入りな準備が結果を左右しますよ。特に人前で緊張しやすい方は万全の体制で面接にいきましょう。

 

呼吸方法で体の緊張感を軽減させる 

人前で緊張しない方法はリラックス技を学び、どんな場面でもすぐに対応できる技を身につけましょう。人前で緊張するのは当たり前。できるだけ面接官には自分が緊張している様子を見せたくはありません。

そこでリラックス効果の高い呼吸方法を練習しましょう。面接の直前になったら深呼吸をゆっくり繰り返してください。複式呼吸で一杯に空気を吸いこんだら、時間をかけてゆっくり息を吐きだします。

この深呼吸を何度か繰り返すと、心拍数が下がり緊張がほぐれますよ。人前であがらない人も、必ず緊張する瞬間はあります。

どうやって落ち着くか、その技次第で人前でもリラックスできるようになるのです。人前で緊張しない方法を一度身につけると、どんな場面も怖くなくなります。

 

評価を気にせず自分らしさをだす 

人前で緊張するのは失敗した時の不安があるため。就職の面接では特に相手の評価が気になり、質問の受け答えも不自然になりがちです。

評価が良くなる受け答えばかりを意識すると、どうしてもちぐはぐな印象を相手に与えてしまうため、本来の自分らしさをアピールすることが重要です。

失敗しても大丈夫、正直な面接の受け答えが面接官にも好印象を与えますよ。面接に合格したい為に、相手に受け入れられる人間像を演じるのは自分にとってメリットにはなりません。

自分らしさをアピールできれば、真摯な姿は必ず面接官に伝わります。必ずアイコンタクトを取って真剣に受け答えをしましょう。

 

相手に意識を向けて緊張を取り除く 

人前で緊張しない方法は自分自身から意識を離し、相手の存在に集中する点がポイントになります。緊張していると、額から汗がながれたり、心拍数が上がるなどの変化が体で感じますよね。

このような緊張がもたらす体の変化を感じると、さらに慌てて逆効果。そこで人前で緊張しない方法は相手の行動やしぐさ、話し方に集中しましょう。意識を自分からほかの対象にかえるだけでもかなり心が落ち着きます。

緊張していると、相手の質問すら上手に理解できなくなりますよね。本来なら簡単な質問ですら答えられなくなるのです。

そこで面接官の存在に意識を集中させましょう。すると自分の心臓のドキドキもいつの間にか気にならなくなりますよ。人前で緊張しない方法は、自分の存在に意識を集中させないこともポイントです。

 

緊張している自分を受け入れて自信をもつ 

人前で緊張しない方法は、開き直って緊張している自分を受けいれることです。大勢の前や面接試験で緊張しない人はいません。

あがってはいけないと、無理にコントロールするよりも緊張していることを逆にアピールするのも良い方法です。緊張の度合いが面接の評価につながるものではありません。

そんな中でも少しでも緊張を和らげる努力をしているかどうかが大切なポイント。緊張感をどうやって克服しているかもその人の才能の一つです。

そんな葛藤が面接官にとっては好印象に写る場合もありますので、緊張はしないのでなく、どうって対処するかが評価のポイントにもなりますよ。

 

いかがでしたか。

人前で緊張しない方法で一番効果があるのは、最もリラックスして落ち着ける方法です。それは呼吸方法であったり、意識を転換する方法であったり。一人ひとり緊張をほぐす方法は異なるのです。

就職試験の面接は、筆記以上に大切とも言われています。ここで失敗したら人生が台無し。そんなプレッシャーをかけているのは誰でもない自分自身ですよ。

肩の力を抜いて大きく深呼吸しましょう。いつもの自分の姿をアピールして、決して必要以上に良く見せようと無理をしないでください。

面接では自分でなく面接官が緊張してしまうように、アイコンタクトしっかりとり自信を持って臨んでくださいね。人前で緊張しない方法を身につけ、心臓のドキドキは良い緊張感に変えて落ちついて面接を受けましょう。

 

まとめ

人前で緊張しない方法をとは

・ 緊張感を減らす為に面接の練習をする
・ 呼吸方法で体の緊張感を軽減させる
・ 評価を気にせず自分らしさをだす
・ 相手に意識を向けて緊張を取り除く
・ 緊張している自分を受け入れて自信をもつ


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会