就職面接が苦手な人必見!すぐに改善できる5つのポイント

就職面接が苦手な人必見!すぐに改善できる5つのポイント
就職面接は、最後の関門。面接の雰囲気が苦手、緊張からうまく話せなくなるなど、就職面接に対して苦手意識を持っている人って多いですよね。

中には、面接日の何日も前から眠れなくなるくらい、面接に対する不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。就職面接に対する苦手意識を克服するために、面接のテクニックを勉強しても、なかなか面接に対する苦手意識は拭えません。

なぜなら、根本的な解決になっていないから。ひと言で面接が苦手と言っても、会話が続かないことに不安を感じている人もいれば、考えや思いを言葉にして伝えるのが苦手な人、失敗を恐れ過ぎている人など、その原因はさまざま。

その原因を知り、原因に合わせた方法で就職面接に対する苦手意識を根本的に改善する必要があるんです。そこで今回は、就職面接が苦手な原因を探り、簡単に改善できるポイントをお伝えします。

 

就職面接が苦手な人必見!
すぐに改善できる5つのポイント

 

必要以上に失敗を恐れるのはやめましょう

この面接ですべてが決まると思うと、どうしても失敗できないと思ってしまうもの。でも、失敗に対する恐怖心が強ければ強いほど、何に対しても消極的になってしまうんです。

その結果、就職面接に対する苦手意識が強まるという悪循環に陥ります。これを改善するために、考え方を変えましょう。

就職面接のように、将来が左右するような場面では、誰もが緊張するもの。その緊張から、失敗に繋がることは誰にでも起こり得ることです。

面接官は、そのことをよく知っているので、基本的に、就職面接中に失敗しても、それが大きな問題になることはありません。そもそも面接官がそれを失敗と認識するかも分からないんです。

面接は、「あなたがどんな人間なのかを知ってもらうための場」。就職後のことを考えても、失敗を含めたあなたを見てもらえることは、決して悪いことではないですよね。

就職面接でもっとも大切なことは、伝えようとする気持ちと、その中身。どれだけうまく話せても、薄っぺらな内容では、採用されません。

必要以上に失敗を恐れるのはやめて、自分の短所を補うための準備や練習を積み重ねておきましょう。

 

背伸びせず、等身大の自分で臨みましょう

就職面接の最中に、緊張から頭の中が真っ白になってしまうことってありますよね。そんなとき、つい質問に対して「背伸び」するような答えを言ってしまい、面接官に具体的な突っ込みをされて、何も言えなくなってしまったなんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんな経験から、就職面接に対する苦手意識が強くなってしまった人は、「等身大の自分」で面接に臨むことを意識しましょう。

前述のとおり、面接は自分がどんな人間なのかを知ってもらうための場なので、等身大の自分を見てもらうことが大切です。

面接官が知りたいのは、あなたが成し遂げてきた功績ではなく、その過程で得たもの。結果を重要視しているわけではないので、うまいことを言おうとせずに、そのままの自分で面接に臨みましょう。

 

本番さながらの練習を繰り返しましょう

面接会場には、独特な雰囲気が漂っていますよね。企業側から見れば、これから戦力となりそうな人材を見つける場なのですから、緊張感がある場になるのも自然なこと。

就職面接に対する苦手意識がこの独特な雰囲気にある場合は、経験不足が原因です。でも、実際に何度も就職面接を経験するのは難しいので、本番さながらの練習を繰り返しましょう。

実際の就職面接では、普段の自分では対処できない守らなければいけないマナーや、思ってもいない質問をされることがあります。

練習を繰り返すことで、正しい敬語の使い方や、立ち居振る舞いが身につき自信につながるので、繰り返し何度も練習しましょう。

のときのポイントは、たとえ練習でも、それが「本番」だと思って、緊張感を持ち臨むこと。「どうせ練習だから」と思っていては、何度練習を繰り返しても意味がないので、注意してくださいね。

 

想定外の質問には素直に勉強不足を認めましょう

就職面接に対して苦手意識を持つ人に共通しているのは、想定外の質問に弱いこと。準備していない質問がくるかもしれないという恐怖心が、面接に対する苦手意識に拍車をかけているんです。

就職面接では、準備していない質問にも答えなければいけないと思いがちですが、実は、無理に答える必要はありません。

想定外の質問をされたり、言葉に詰まったりするときには、「勉強不足でした。これから勉強いたします」と、素直に勉強不足を認めましょう。その方が、焦って適当に答えるよりずっと印象が良くなりますよ。

 

緊張し過ぎる人は「それが個性」と受け入れましょう

人前で話すのが苦手な人は、就職面接のときに、必要以上に緊張してしまうもの。でも、過度な緊張は、パフォーマンスを低下させてしまうので、練習の半分も実力を発揮できなかったなんてことにもなりかねません。

就職面接のときに、緊張し過ぎてしまう人は、「それが自分の個性」だと認め、受け入れましょう。集団面接の場合は特に、ほかの人の面接でのやりとりを見て、自分にはできないと落ち込む場面もありますが、面接官は、積極性だけを見て評価しているわけではありません。

就職面接で大切なことは、「あなたらしさ」を伝えること。心理学の実験では、話をするときに、アピールだけでなく、少しの否定的なメッセージが入った方が相手の印象に残るという結果もあるので、素直に、緊張していることを告白してしまっても良いですね。

 

いかがでしたか。就職面接って、緊張しますよね。多くの人が、程度の差こそあれ、就職面接に対して苦手意識を持っているのではないでしょうか。

そんな就職面接に対する苦手意識は、ちょっとしたことで改善できるんです。まずは、就職面接に対する苦手意識の原因がどこにあるのか探っていきましょう。

必要以上に失敗することを恐れていることが原因となっている場合は、考え方を変えて、短所を補うための準備や練習に力を注ぐことが改善への近道です。

就職面接会場の独特な雰囲気が苦手な人は、緊張感を持って本番さながらの練習を繰り返し、自信をつけましょう。就職面接で、「自分らしさ」をしっかりと伝えるためにも、ここにご紹介したことを参考に、苦手意識を改善してください。

まとめ

就職面接に対する苦手意識を改善するには

・ 必要以上に失敗を恐れるのはやめましょう
・ 背伸びせず、等身大の自分で臨みましょう
・ 本番さながらの練習を繰り返しましょう
・ 想定外の質問には素直に勉強不足を認めましょう
・ 緊張し過ぎる人は「それが個性」と受け入れましょう


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会