シンプルに暮らす事で、心と身体が健康になる5つの根拠

 シンプルに暮らす事で、心と身体が健康になる5つの根拠

いろいろ凝ったことも楽しいですが、シンプルに暮らすのも素敵ですよね。要らないものを少しずつ減らしていく事で、見えてくるものがきっとあると思うのです。

好きなものを食べ、好きな服を着て好きなことをするという、日々、当たり前に行っていることが、本当に幸福なのか考えてみませんか。もちろんそれがダメと言っているわけではありませんよ。

生き方は人それぞれですから。しかし、私たちの生活には、不要なものが溢れています。気に入ったから買い、要らなくなったから捨てるの繰り返し。

それって少しさみしく感じませんか。自分のお気に入りのものを大切に使う、食材を大事にする…簡単に言えばecoな生活をすれば、心が豊かになるだけではなく、他にも良い影響を及ぼしてくれるのです。そこで今日は、シンプルに暮らす事によって、心も身体も健康になる5つの根拠をお伝えします。

 

シンプルに暮らす事で、
心と身体が健康になる5つの根拠

 

団舎利をして部屋をシンプルにして衛生的に過ごそう

シンプルに暮らすと言っても、捉え方は人それぞれ。まずは不要なものを処分して、シンプルに暮らすということを考えてみましょう。

捨てるなんてもったいないと思うかもしれませんが、買ったけど使っていないものは、意外とたくさんあるものです。もしかしたら今後使うかもしれないからと取っておくと、どんどん物が溢れてきますよね。

だからこれをきっかけに、使わないものを処分しませんか。2~3年使っていないものは、必要ないものです。もちろんゴミに出せと言っている訳ではありません。

リサイクルショップやオークションに出品したり、友達が使うと言ってくれる場合は、思い切ってあげましょう。そうすることで、部屋がスッキリしますよ。

掃除も楽だし、ほこりも見つけやすくなるので、衛生的に過ごせるようになります。それにアレルギーなどの原因はハウスダストの場合が多いので、キレイな部屋で過ごすことは健康的に過ごせるということです。

スッキリとしたキレイな部屋は、心が落ち着くので、心と身体の健康の為にも、シンプルに暮らす事はおすすめなのです。

 

必要のない食べ物の摂取を止めて心も身体も満たされよう

あなたにも大好きな食べ物がありますよね。お腹がいっぱいなのに食べてしまって動けなくなってしまったり、翌日のヘルスメーターの数値にショックを受けたり。だから、シンプルな暮らしをしませんか。

お菓子のストックや食品、調味料の買いだめを止めましょう。そうすれば、お腹がいっぱいなのに、食べてしまうことも防げます。

買ったことを忘れて消費期限切れになってしまうなんてことも無くなるので、家計の無駄も無くなりますよね。それに、私たちは必要以上にカロリーを摂取してしまいがちです。

それを食材を生かしたシンプルな味付けにしたり、食材の皮まで使用することで、身体に必要な栄養素を有効的に、そしてカロリーを抑えて摂取することが出来ます。

すると、お腹がきちんと空くのです。お腹が空いてご飯を食べると、とてもおいしいですよ。心もお腹も満たされて、その上健康になれるのですから、シンプルに暮らすことを楽しんでください。

 

シンプルな付き合いをしてストレスから解放されよう

人との付き合いは意外と疲れますよね。もちろん楽しいこと、新しい発見、刺激的なこともたくさんあるのですが。でもシンプルに暮らすのであれば、自分が心から望む付き合い以外はお断りしましょう。

そんなことをすると、会社の同僚や友達から仲良くしてもらえないのではないかと不安になってしまうかもしれません。だけど会社は仕事をして、それに対してお給料をいただくところです。

遊びではありませんよね。本当に大切な人以外は、あえて境界線を作ってしまった方が仕事が円滑に進んで、付き合いが楽なこともあります。

友達やご近所付き合いもそうです。面倒くさいなとか、行かなくちゃなど、会いたいとか話したい以外の気持ちが出てくる人との付き合いはしなくても大丈夫。

何度か続けて断れば、誘われなくなりますよ。ストレスは、心も身体も不健康にしてしまいます。シンプルに暮らす為には、余計な付き合いは止めた方が賢明です。

 

ベッドではなく床で寝て健康になろう

健康の為に良質な睡眠を取るのは必須です。その為にベッドマットや寝具にこだわる人もたくさんいますよね。もちろんそれが自分に合っているのであれば続行してください。

しかし、今の睡眠に満足していないのであれば、もっとシンプルに暮らす事で改善するかもしれません。床にシーツを敷いてそのまま仰向けで寝れば、背骨のゆがみが矯正されたり、腎機能の効果が高まると言われています。

身体が痛そうと思うかもしれませんが、熟睡出来て、身体がとても楽ですよ。いきなり床にシーツが不安であれば、毛布を床に敷いて数日寝てみて、大丈夫であればシーツのみにするのもおすすめです。

ダニなどの温床場所にもなる敷布団やベッドを使用しないのは、健康にも良く、その上、良質な睡眠が取れるので、ストレスなどの影響も受けづらくなりいいこと尽くめ。床に寝るシンプルに暮らす方法にあなたも変えてみませんか。

 

機械に頼らない生活に変えて健康な心身を作ろう

2階に階段で上がるのは面倒だと思わないのに、3階以上だとついついエレベーターを使いたくなりますよね。でも頑張って階段を使えば、それが運動していることになります。

掃除機を使わず、箒やちりとりで掃除をすれば、電気代の節約にもなり、身体を使うので健康的です。もちろん車ではなく自転車で移動すれば、新鮮な空気を吸いつつ、有酸素運動が出来るので、リフレッシュ出来ますよ。

少し面倒ですが、機械に頼らないでシンプルに暮らすと心が豊かになってきます。一度に全部だとストレスになりますが、機械に頼らないということを1つずつ増やしていきませんか。心身共に健康で充実した日々が過ごせるはずですから。

 

いかがでしたか。

シンプルに暮らすということは、便利で魅力的なものに囲まれて生活している私たちにとって、ある意味、未知の世界のように感じることもあるかもしれません。

でも、先人達は、シンプルに暮らすことは普通のことだったのです。私たちに出来ない訳はありませんよね。無くても大丈夫と思うものから、処分していけば、少しずつですが、シンプルに暮らすことが出来るようになるでしょう。

私も、10代の頃、ぎっくり腰をやってしまった時に、整体の先生に、床で寝ることを勧められました。寝返りするのも涙が出そうなくらい辛かったのに、床で寝た翌日はすごく楽になったのを覚えていて、今も、腰の調子が悪い時や背中が張ったように感じる時は実践してますよ。

今回を良い機会と考え、床で寝てみようかなと思っているところです。シンプルに暮らすことで、まずは身体が健康になり、疲れなども軽減し、それが心に余裕をもたらしてくれるので、心身の健康に良いとされているのでしょう。あなたも出来ることからシンプルな生活を切り替えてみてください。

 

まとめ

心と身体の健康のため、シンプルに暮らすには

・ 団舎利をして部屋をシンプルにして衛生的に過ごそう
・ 必要のない食べ物の摂取を止めて心も身体も満たされよう
・ シンプルな付き合いをしてストレスから解放されよう
・ ベッドではなく床で寝て健康になろう
・ 機械に頼らない生活に変えて健康な心身を作ろう


連記事
タイトルとURLをコピーしました