潜在意識に働きかけてやる気を向上させる5つの方法

潜在意識に働きかけてやる気を向上させる5つの方法
潜在意識に働きかけると、自分でも気が付かない能力が発揮できるとすれば嬉しいですよね。でもほとんどの人が「ここが肝心」という時に精いっぱいの力を発揮できず、不完全燃焼になってしまう場合が多いと思います。

やる気がなんとなくでない時は、もしかしたら潜在意識が関係しているかもしれません。無意識のうちにやってしまうこと、考えてしまうことは潜在意識にコントロールされている場合が多く、いくら自分で変えようとしてもうまくいきません。

常にモチベーションが高い人は、周囲に与えるプラスのエネルギーがたっぷりで、一緒にいるだけで元気になりますよね。そんな人になるには、どうやって潜在意識を自分の味方につけるとよいのでしょうか。そこで本日はやる気が出ない時にトライするべきポイントをお伝えします。

やる気がでない原因を考えてみましょう

潜在意識は誰にでもあるもので、自分の人生や生活にどれほど影響与えているか気が付いている人はとても少ないですよね。やる気が出ない、だるいという時期は誰にでも経験があると思います。こんな時はまず原因を考えてください。

たとえば苦手な人との付き合いがストレスになっている、嫌いな仕事を任されたなど。やる気をなくす出来事がなにかしら思いつくでしょう。心当たりがある場合は原因を改善し乗り越えることで、自分に自信がついてきます。

いつもやる気マックスでいるのはとても大変ですが、疲れややる気がないこと言い訳にして手を抜いてしまう生活だけは避けましょう。

 

ひとつひとつ物事を達成していきましょう

失敗が続くと無意識の間に潜在意識のなかで、自分はできない、無理だ、というレッテルを貼ってしまいますよね。自己否定は誰のせいでもなく、自分の価値観によるもの。その間違った判断は潜在意識としていつも頭に残ってしまうので、失敗しないようやる気をださず守りに入ってしまうのです。

もし失敗を恐れるなら小さな達成感をいくつも重ねてみませんか。一度になんでも手を付けてしまうと、どれも中途半端で失敗の原因。成功体験が増えるほど、自分のやる気回復につながり潜在意識の中でも自己肯定ができるようになります。
 

 

5つ数えてモチベショーンアップしましょう

朝目覚ましが鳴ってもどうしても起きられないのは、誰でも経験がありますよね。こんな些細な出来事ですら自分にとってはやる気のなさを感じるマイナスにつながります。

誰かがいつもそばにいて励ましてくれる生活ならいいのですが、人に頼っていてはいつまでたってもモチベーションを維持するのは大変です。そこでこれからは5秒間のやる気アップ技をトライしてみましょう。

やりたくないことや面倒な場面、いつまでも躊躇している自分を後押しするために5秒間数えてください。「5・4・3・2・1」とカウンダウントしてやる気を出せば、勢いに乗ってその場を乗り越えられるでしょう。

 

やる気がでる音楽や名言を活用しましょう

潜在意識をうまく活用できる人は、自分の苦手を克服して常にはつらつとしていますよね。でも頭で考えるだけではやる気をずっと維持するのは大変です。そんなときは元気がでる音楽や動画、または名言をいつも頭に入れておくのもよいでしょう。

家の玄関先に元気が出る言葉を貼り付けておくのも方法のひとつ。自分の力だけで潜在意識をコントロールできないとき、このようなアイデアがとても効果的です。

また心身ともに疲れてやる気がでない場合は、心をリセットするために瞑想してみましょう。もっとやる気であふれる生活を送りたいと頭で願い、実際にかなった様子をイメージトレーニングしてください。

 

すべては自分のせいであると理解しましょう

潜在意識は時には悪い方向に働く場合がありますよね。自己否定したりマイナス思考になるのは、潜在意識が自分を変えないように拒否しているサインなのです。意識的にははっきりと目的が分かっていても、なぜかうまくいかない。

それは防御本能であるとともに、潜在意識がさらに自分の可能性を狭くしているのです。それは誰のせいでもなく自分がすべてコントロールしていること。潜在意識により制限されているのは、実は自分の価値観や考え方のせいなのです。やる気がでない言い訳をする前に、まずは自分で改善すべき点を見つけてみましょう。

 

さて、やる気がでないときは潜在意識をうまく活用して、自分をさらにより良く変えていきましょう。やる気とは一時的なものでなく、継続することがなによりも大切です。自分のゴールを目指すには早く達成するよりも、やる気を維持して諦めない精神力が必要になります。

※上手なやる気の出し方については以下の記事も参考にしてください

ぐうたらなあなたを、今すぐ「やる気人間」にする6つの方法
人は無意識に痛みを避けて、快楽を求めます...

潜在意識は勝手に自分をコントロールしているわけではありません。その原動力になるものはすべて自分なのです。プラス思考でモチベーションの高い人間になりたいと思ったら、必ずできると勇気を持ち潜在意識に植えつけてください。

その繰り返しこそが、行動力をつけるための大切な基盤となるのです。やる気がでない日は少しだけプッシュして外で新鮮な空気を吸ってみましょう。すると何となく体のなかからエネルギーを感じ始めます。

まとめ

潜在意識でやる気をアップするには

・ やる気がでない原因を考えてみましょう
・ ひとつひとつ物事を達成していきましょう
・ 5つ数えてモチベショーンアップしましょう
・ やる気がでる音楽や名言を活用しましょう
・ すべては自分のせいであると理解しましょう


連記事
考え方哲学
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会