節約して貯金をするなら試したい、長続きさせる5つのコツ

節約して貯金をするなら試したい、長続きさせる5つのコツ
お金を貯めようと思ったら、節約して貯金をしようと思うのが一般的な考えですよね。そして決断したら、あとは強い意志を持って実行するのみです。はじめは節約する意欲が一杯でも、徐々に面倒になり元の浪費生活になるのがよくあるパターンです。

いくら高給取りでも節約せずに好き放題お金を使っていたら、ローン地獄に陥る可能性もあります。節約して貯金をするのは収入額に関係なくできることで、大切なのは一時的にやるのでなく長期的に続ける気持ちなのです。

ダイエットと同様に自分が理想とするゴールがあっても、現実は簡単ではありません。一度決めたことを実行するには自分に対する甘えをなくすことも重要なのでしょう。そこで本日は、節約して貯金をすると決めた時、諦めずにうまくコツコツと続ける秘訣についてお伝えします。

現在のお金の使い方を把握しましょう

節約して貯金をするなら、現在どのようにお金を使っているか把握しないと節約箇所がわからないですよね。自分では浪費しているつもりがなくても、特定のものだけにお金をかけすぎているものがかならず存在します。

例えば外食費や交際費など、少額でも重なっていけばかなりの出費になっています。節約して貯金する前にまずは家計簿をつけて1か月間の支出の内訳を把握してください。思っている以上に金額が多い出費を見つけて、そこをターゲットにして節約生活をスタートしましょう。

お金を使いたいと思う部分は逆に必要なものかどうか考えてください。貯金にまわせる浪費部分を認識してから節約を始めるとやりやすくなります。

 

目標貯金額を設定しましょう

節約して貯金をするのは我慢の連続、というマイナスイメージを持ってしまうと途中で挫折したくなりますよね。やみくもに貯金をしても長続きはしませんので、貯金計画を立てていつまでに目標額をいくら貯めるかゴール設定をしてください。

目標設定のコツですがいきなり1年で100万円貯める、と大きな目標をかかげても達成できないゴールでは失敗の原因。始めは短期間で必ずクリアできる金額を設定して達成感を何度も味わっていきましょう。

お金が溜まっていくともっと節約意欲も沸いて貯金が楽しく続けられるようになります。そうなるまでは無理して大きなゴールを目指すよりできる範囲からスタートしましょう。

 

現金生活をはじめましょう

節約して貯金をする際に落とし穴になるのがクレジットカードですよね。使いすぎて翌月の請求書を見たら覚えていない買い物がたくさんあった、なんて経験は一度はあるでしょう。クレジットカードはあると便利ですが、節約生活のサイクルを乱す原因になります。

できるだけ現金生活を意識してどうしてもクレジットカード払いが必要になる時は、使ったその場でその分の現金を分けておきましょう。

クレジットカードは利用金額によってポイント付与されるので、使い方によってはお得になる場合もあります。しかし節約のビギナーにはハードルがちょっと高いので、管理しやすい現金生活がオススメです。

 

買い置き習慣を見直しましょう

安いから大量買い置きした、という経験はきっと皆さんあると思いますが、ストックしたものを使いきれずに処分する場合がありますよね。とくに食べ物は賞味期限がありますので、大量に買い込んでも無駄になる場合があります。

トイレットペーパーなどの生活雑貨は腐るものではないのでストックしても問題ありませんが、買い置きばかりを意識すると逆に出費がかさむ原因です。

また買い置きしたものを忘れて何度も買い込んでしまう場合もありますので、ストックをする場合は必ず残数がわかるように保管し、買いすぎや無駄な破棄処分を節約して貯金するコツにつなげましょう。

 

日常の中で節約できるポイントを探しましょう

節約して貯金をするならば、毎日の生活に潜んでいる無駄を徹底的になくす気持ちが大切ですよね。電気、水道、などの使い過ぎに始まり、外食や洋服の買い物など、本当に必要な出費なのかどうかお金を使う前に考えてください。

光熱費、食費は大きな節約にならないかもしれませんが、無駄をしない心がけを作るために大切です。徹底して節約するなら思い切って断捨離するのも方法のひとつ。いらないものを処分してシンプルな生活で節約をスタートすると、新たなものを増やすこと自体に罪悪感を感じるようになります。

 

さて、節約して貯金をするのは大変でも、貯まる楽しみを一度味わったらどんどんモチベーションが高まっていきます。給料が少ないから貯金できないというのは言い訳で、高給取りでも1円も貯金できない人だって存在しますよね。

大切なのは使う生活から貯める生活に意識転換して、お金を使わない生活に慣れていくことなのです。どうしても貯金が苦手な人は自動積立貯金をはじめるのもよいでしょう。貯金はお金が余ったら貯める、という気持ちでは絶対に成功しません。

給料日になったら貯金額をはじめにとってしまうぐらいの気持ちがないと、結局浪費生活へ元通りです。節約生活が辛くならないよう、たまには自分へささやかなご褒美をあげることも忘れず、楽しみながら節約して貯金をする生活を続けてください。

まとめ

節約して貯金するコツとは

・ 現在のお金の使い方を把握しましょう
・ 目標貯金額を設定しましょう
・ 現金生活をはじめましょう
・ 買い置き習慣を見直しましょう
・ 日常の中で節約できるポイントを探しましょう


連記事
生活人生
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会