ウエストを引き締めて美しいシルエットになるダイエット術

ウエストを引き締めて美しいシルエットになるダイエット術
目立ってきたポッコリお腹をなんとかしようとするウエストのダイエットは、理想的なボディになるのには必須ですよね。モデルさんみたいにウエストラインが引き締まるダイエット方法はないか、頭を悩ませている人は多いはずです。

お腹はどうしても脂肪がつきやすくエクササイズしてもすぐにぺたんこにはなりません。あらゆる方法をトライしても、結局途中で断念。そんな体験をしている人はとても多く、効率的なウエストのダイエットがあればぜひやってみたいというのが本音ではないでしょうか。

ダイエットのなかでも一番難しいウエスト部分ですが、どうやって綺麗なシルエットができるのか、本気で体型を改善したい人にオススメしたいウエストのダイエット方法についてお伝えします。

とにかく腹筋で引き締めよう

ウエストのダイエットと言えば腹筋は絶対に欠かせない運動ですよね。お腹の筋肉を一番使うエクササイズで筋トレの基本ですし、簡単なので誰でもできる点がポイントです。腹筋と言っても床に寝た状態から上半身を起こす通常のスタイルや、上半身は寝たままで足を上下させる運動などもあります。

いきなり無理をして腹筋をすると腰を痛める場合もありますので、最初は家具の下に足を入れて膝を軽く曲げた状態から腹筋を始めましょう。起き上がるときは息をはいて、下がるときに息を吸ってください。

また足を動かす腹筋の場合は床と直角になるように両足をあげて、そのまま床ギリギリのところでストップ。この運動を繰り返し、どちらも1セット20回で1日5セットを目標にがんばりましょう。

 

ドローインでお腹をへこませて生活しよう

ウエストのダイエットはどれもきつい運動ばかりで続かない、という人も多いですよね。そんな方にオススメなのがドローイン。腹式呼吸をベースにしてお腹をへこませる運動です。まず床に仰向けに寝てゆっくり息を吸いながらお腹を膨らませてください。

次は息をゆっくり吐きながらお腹をできるだけへこませ、その状態を10秒間ほど維持してください。ゆっくりの動きが腹筋を使う運動につながりますので、1分間で2回繰り返すぐらいの速さを意識しましょう。

ドローインはお腹まわりの脂肪燃焼や、体幹を鍛える効果がありますし、寝ても椅子に座ってもいつでもできることがメリット。歩いている時も腹筋を意識していれば姿勢が自然と綺麗になり、ウエストのダイエットとして効率的です。

 

正しいスクワットでお腹を引き締めよう

スクワットは下半身を鍛える運動でウエストの引き締め効果も抜群です。しかしなんとなくスクワットしているだけでは、正しく腹筋に負荷がかからずただきつい運動を繰り返すだけになってしまいますよね。まずは両足を肩幅に開いて立ってください。

両手は前に伸ばしてそのままの姿勢で腰を落とします。太ももが床と水平の状態になるまで膝を曲げ、その状を3秒間程度キープ。この運動を15回繰りせばスクワットのダイエットが完成です。

ウエストを引き締める為にダイエットは最初だけ夢中になってしまいますが、スクワットは長く続けることが大切なので、負担にならないように2日に1回程度でもOK。このほうが筋肉のダメージを回復しながらできるので、さらにダイエット効果がアップします。

 

縄跳びでインナーマッスルを鍛えよう

ウエストのダイエットはお腹の部分痩せをつい意識してしまいますよね。しかし全身の代謝を活発にしないと、脂肪の燃焼は活発になりません。そこでプラスしたいのが縄跳び。有酸素運動で血液やリンパの流れが活性化されますし、下半身を鍛えるメリットもあります。

とくに足は老廃物がたまりやすい為、むくみで悩む方も多いでしょう。縄跳びは常にジャンプする状態ですから、インナーマッスルが強化され代謝量がアップします。

そして下半身の筋肉もアップするため血行が改善され内臓脂肪や皮下脂肪など全体的な脂肪燃焼にもメリットになります。最初は1日5分をゴールにスタートしてみましょう。

 

余分な脂肪をつけない食生活をはじめよう

ウエストのダイエットは運動で消費カロリーをアップすることと、食べる摂取カロリーを減らす二つのアプローチが大切ですよね。脂質や糖質を減らし、野菜やたんぱく質などをバランスよく摂取しましょう。

そして食べ過ぎに注意して常に腹八分目を意識し、食べるときはよく噛んで満腹感を出すことが食事の基本になります。

 

いかがでしたか。ウエストのダイエットでスタイルが改善されると、オシャレの幅も広がりますよね。お腹のたるみ原因となる脂肪は見た目の問題だけでなく、健康を維持するためにも注意したい点です。

脂肪は内臓脂肪から最初に燃焼されるため、お腹のたるみのような皮下脂肪まで到達するには時間がかかってしまいます。簡単にウエストのダイエットをしようと思うと挫折する原因になりますので、慌てず健康生活を送ることを意識しながらウエストをターゲットにすると継続しやすくなります。

歩く時、家事をする時など常に誰かに見られていると意識すれば、自然と背筋もピンと伸びてウエスト周辺がすっきり見えるようになります。このようなちょっとした意識が体型改善にはとても大きな効果をもたらしてくれます。

まとめ

ウエストを引き締めるダイエットとは

・ とにかく腹筋で引き締めよう
・ ドローインでお腹をへこませて生活しよう
・ 正しいスクワットでお腹を引き締めよう
・ 縄跳びでインナーマッスルを鍛えよう
・ 余分な脂肪をつけない食生活をはじめよう


連記事
美容健康
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会