痩せたいけど食べたい時必読、食べても太らない5つの方法


最近太ってきたからとダイエットをし始めたあと、痩せたいけど食べたいという葛藤はほぼ確実におこりますよね。ここで食べるのを我慢できる人はダイエットが成功しやすいのですが、運動をしていても痩せない場合は、摂取カロリーを抑えてダイエット効果をさらに引き出さないといけません。

でもほとんどの人は痩せたいけど食べたい時に辛い葛藤をしています。一口だけなら、なんて油断するとそこからどんどん意思が弱くなり、結局ダイエット失敗につながってしまうのです。そんな悪循環を繰り返している方、もし食べても太らない方法があったとしたらぜひトライしてみたくなりませんか。

食事制限はとてもストレスになりダイエットの失敗原因になります。そこで本日は痩せたいけど食べたい時に、太らないようにする裏技についてお伝えします。

咀嚼回数は最低30回を守りましょう

痩せたいけど食べたい時、どっちを優先するか決断するのは辛い瞬間ですよね。一度やると決めたらとことん意思を強く持ち、簡単にゴールに到達できる人は少ないはずです。食べたいという願望はお腹がいっぱいの時は満腹中枢が刺激されているため、さほど食べ物を意識しません。

その状態をいかに続けるかが痩せる秘訣になりますので、食事をする時は最低咀嚼回数を30回にしましょう。早食いの人は胃腸内で食べ物がしっかり消化吸収されないため、脂質や糖質が分解されず体内に吸収されてしまいます。

子供の頃に良く親から言われた「よく噛んで食べる」というとてもシンプルな決まり事は、満腹感を出すためにもメリットがありますので痩せたいけど食べたい時にぜひトライしてください。

 

空腹時は満腹感がでやすい食べ物を選びましょう

痩せたいけど食べたい時はちょっと小腹が空いた瞬間が落とし穴になりますよね。スナック菓子をひとつかみ、気がついたら1袋完食していたなんて経験があるでしょう。お腹が空いた時に油っぽいものや甘いお菓子を食べるとしっかり体内で吸収され太る原因です。

空腹時は満腹感を出すためとカロリーの過剰摂取を控えるために野菜や果物などを食べると安心です。またコップ2杯程度の水を飲んで空腹をしのぐことも方法ひとつ。痩せたいけど食べたい時は、何を食べるかよりも食べないようにする方法をまずは頭の中でイメージしましょう。

 

食事の食べる順番を変えましょう

痩せたいけど食べたい時、無理して食事制限をすると体調を壊す原因になりますよね。どんなダイエット方法するにせよ健康維持が必要不可欠なので、1日3食は必ず守ってください。食事の時はごはんや揚げ物などを最初に食べると血糖値が一気に上がり、体内で脂質や糖質が吸収されやすくなります。

最初は味噌汁などの汁物、続いて野菜、メイン、最後にご飯や麺などの炭水化物と食べる順番を変えてみましょう。炭水化物ダイエットがブームになり、無理してご飯を食べない人も増えています。

しかし炭水化物の糖質は脳の働きを促進する役目もあるので、食べる量を減らすことが大切。食事の最後にするといきなりご飯をかきこむほど量を食べなくなるので安心です。

 

夕食は早い時間に済ませましょう

痩せたいけど食べたい時、無理して食事量を減らすのはストレスになりますよね。食事内容を今までと変えずに痩せるなら、食事時間を見直しましょう。摂取カロリーが高くなる夕飯は遅い時間に食べると体がエネルギーを消費できずに蓄積されてしまいます。

夕飯を食べるのは遅くとも7時まで。寝るまでだらだらと食べ続けると、胃腸の働きにも負担がかかりますし深夜の食事は寝ている間に消化しきれず便秘になる可能性もあります。夕食の時間を早めると必然的に朝お腹がすくサイクルになりますので、1日3食の健康的な食生活ができるようになります。

 

食べ過ぎた時はカロリーを燃焼しましょう

痩せたいけど食べたい時は、自分の基礎代謝を知り摂取カロリーの制限を理解してください。年齢とともに基礎代謝量が減るため、1日の摂取カロリーも低くなります。ちょっと食べ過ぎたなと思った時はその分運動でカロリーを消費する生活習慣を始めましょう。

炭酸飲料1本飲んだだけでもカロリーを消費するにはウォーキングで40分ほど必要になります。食べものを口にする前、運動時間をイメージすると食欲がコントロールしやすくなります。

 

やはり痩せたいけど食べたい時、好きなものを制限なく好きなだけ食べて理想の体型になるのが一番の理想ですよね。しかし現実はそれほど甘くないもの。食べた分だけ太ってしまい、ダイエットがさらに辛くなるだけです。

しかし痩せたいけど食べたい時は食べ物の種類、食べるタイミングなどを変えるだけで、太る要因が減り空腹感との闘いで苦しむことはありません。お腹周りの脂肪などを燃焼するためにも栄養補給は欠かせませんので、バランスのよい食事を適切な量で食べるように意識してください。

大好きな食べ物を横目で見ながら運動をするのはとても大変。でもご褒美に好きなものが食べられれば、ダイエットも積極的に続けられるようになるでしょう。

まとめ

痩せたいけど食べたい時に太らないためには

・ 咀嚼回数は最低30回を守りましょう
・ 空腹時は満腹感がでやすい食べ物を選びましょう
・ 食事の食べる順番を変えましょう
・ 夕食は早い時間に済ませましょう
・ 食べ過ぎた時はカロリーを燃焼しましょう


連記事