太る体質にさようなら!痩せる体に変身する3つの方法

痩せる
私たちは自分を太りやすい体質だと思い込んでしまうことがよくありますよね。太りやすいのは生活習慣で改善できます。太りやすいのは体質だから仕方がない…とあきらめる前に体質改善にチャレンジしてみましょう。この方法はきつい運動も必要なければ、お金もほとんどかからず、普段していることを意識してするだけでいいのです。今から、その3つの方法をお伝えします。

太る体質にさようなら!痩せる体に変身する3つの方法

 

①水を毎日1500cc飲む

水をたくさん飲むとダイエット効果があるといわれています。では、なぜ水を飲むことで痩せられるのでしょうか。これは、飲むことで交感神経が刺激され、エネルギー代謝が活発になり、消費カロリーが増すからです。

水を飲む

交感神経が刺激される

アドレナリンを分泌

脂肪組織のホルモン感受性リパーゼを活性化

中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解

脂肪が燃焼しやすくなる(消費カロリーが増す)

水を飲むとカロリーの消費がどれくらい増えるのかというと、500ccの水を1日3回食前にキチンと飲み続けていると、カロリーの消費量が約30%も増え、しかも水を飲んだ後30分前後で、カロリーの燃焼率がピークを迎えるというのです。このことからも、水を毎日1500cc飲むことを意識してみましょう。

そのうえで、どのような水を飲めばその効果が最も高くなるのでしょう。ポイントは体温よりも低い温度の水を飲むということです。特に、「20℃前後の冷水がカロリーの消費量を増やす」という結果が出ています。冷たい水がカロリーの消費量を増やす理由は、人間の体は体温が常に一定になるような機能が備わっているため、体内に入った水を体温と同じ温度に温めようとするために、相当量のエネルギーが使われるからです。

例えば、寒い冬の朝に、トイレに行って排尿するとブルブルッと震えたことはありませんか。これはぼうこうの中にたまっていた温かい尿が一気に無くなったために、失われたカロリーを少しでも早く回復させようとして起こる震えです。冷たい水を飲んだ時も、体はさまざまな方法で、少しでも早く水を加熱し、体温と同じレベルにもっていこうとします。

実は水を飲むと交感神経が刺激されるのも、体温を上げるエネルギーを作り出すためのシステムの一環なのです。しかし、消費エネルギーを増やそうと、氷水のような水を飲むことはかえって逆効果です。なぜなら、冷たすぎる水は、体を一気に冷やしてしまうので、下痢や体調不良の元となってしまうからです。

②酵素が多く含まれている食物を食べる

いくら水を飲んでも、それまでの食生活を改めなければ大きな減量効果は望めません。何か食べていないと満足できないのであれば、消費カロリーを高めても効果が追いつかないためです。この、食べても満足できない、いつも何か食べたくなる、という飢餓感は「食べる量」ではなく、「食べるもの」によって変化していきます。

つまり、食生活を改めるといっても、食べる量を減らせということではないのです。余分な体重を落とすには、まず酵素の多く含まれている食物を食べることが大切です。本物の酵素がたくさん含まれているものだけを食べていれば、体というのは自然に、その人にとって最も適した体重になってくるようにできています。逆に、酸化した食物、加工して酵素の失われた食物は食欲を増進させます。

というのも、食べたらすぐにお腹が空く、食べても満足できないなどの飢餓感は、体が本当に必要とするビタミンやミネラルなどの栄養や酵素を含まない食物ばかり食べているために、それらを欲する体の飢餓感にせきたてられて食べているのです。この飢餓感は、酵素やビタミン、ミネラルが豊富な食物をとることによってしか打ち消すことはできません。

逆に、食事内容を酵素の豊富な食物に切り替えるだけで、この飢餓感はウソのように消えていきます。この酵素は過熱することによって失われてしまうため、RAWFOOD(非加熱食)によりとることができます。普段の食生活に酵素が豊富な食事を意識的に増やしていきましょう。徐々に満足感が増えていくはずです。

③食事は一口あたり30~50回噛む

減量を考える場合、食事の量を減らす努力に偏りがちですが、食べ方を変えることがとても大切です。太っている人のほとんどはあまりよく噛んでいません。そのため食事のスピードが速く、血糖値が上がって満腹中枢から満腹感を知らせる信号が出る前に食べ過ぎてしまっています。一口あたり30~50回噛むように心がけるだけで、減らすつもりがなくても自然と食事の量を減らすことができるでしょう。

この3つの方法はどれも普段していることを、少し意識を変えてみればできることです。太りやすい体質であっても、意識を変えるだけで痩せやすい体になることがお分かり頂けたかと思います。ファストフードやスナック菓子は口当たりがよく、いくらでも食べられますね。けれど、それは体が栄養素を欲しているサイン。何か食べたいと思ったら意識して酵素を多く含む食品を選んでみましょう。

まとめ

太る体質にさようなら!痩せる体に変身する3つの方法

①良い水を毎日1500cc飲む
体温より少し低い水を飲むことで消費カロリーがアップする。

②酵素が多く含まれている食物を食べる
体が欲している栄養を与えることで空腹感がなくなる。

③食事は一口あたり30~50回噛む
満腹中枢からの満腹信号が出る前に食べ過ぎないようによく噛む。


連記事