シェリー酒に魅了される理由と楽しみ方

シェリー酒に魅了される理由と楽しみ方
スペインバルが急増してきて街で良く見かけるようになりましたよね。そんなスペインバルで扱っていて外せないお酒が、シェリー酒です。最近では、シェリー酒はバルやデパートなどのスペイン展を始め、屋外のイベントなどでも取り上げられているのが目立ちます。

人気が出てきたシェリー酒、スペインバルでは取り扱いを増やしています。その取り扱い種類の多さで、ギネスに載るお店も出てきているほどなのです。

シェリー酒とは、スペインのアンダルシア地方ヘレス周辺で造られるのですが、基本的には白ワインの一種となります。「マディラ」や「ポート」と並び酒精強化ワインに分類されます。酒精強化ワインの製法は様々で、奥が深いものになります。

そこで今回は、シェリー酒を取り上げ、その種類や製法、シェリー酒を使ったおすすめデザートをお伝えします。

 


 

シェリー酒に魅了される理由と
楽しみ方

 

シェリー酒の美味しさは、種類の多さやブレンドから


まずは、シェリー酒の種類とテイストから見てみましょう。

シェリー酒は種類がたくさんありますが、製法から大きく分類すると、「フィノ」と「オロロソ」の2種類になります。フィノに分類されるのは、香りがクリーンで色が淡く軽やかなワインです。一方、オロロソに分類されるのは、色が濃くしっかりした味のワインです。のちにフィノとオロロソから、さらに細かく分類されていきます。

細かく分類されたものをテイスト別にしてみると、辛口と甘口(極甘口)にわかれます。

透明で辛口なシェリー酒は、「フィノ」【Fino】や「マンサニーリャ」【Manzanilla】。これらは、フロールという製法が造りだす独特の香りが特徴です。また、琥珀色で樽の香りが漂う「アモンティリャード」【Amontillado】や「オロロソ」【Oloroso】なども辛口テイストです。

極甘口なものとしては、遅摘みブドウを干して糖度を高めた「モスカテル」【Moscatel】や、天日で干しブドウにしてから使用し長く熟成させた「ペドロ・ヒメネス」【Pedro Ximénez】などのタイプがあります。

さらに、上述したアモンティリャードやオロロソとペドロ・ヒメネスをブレンドさせた「ミディアム」【Medium】や「クリーム」【Cream】などのタイプもあります。ひとえにシェリー酒といっても、辛口から極甘口、ブレンドしたものまで種類があり、それぞれに合った料理や場面で楽しむことができるのですね。

 


 

辛口シェリー酒の美味しさのカギは「フロール」


フロールとは、辛口シェリー酒を造る製法にみられる独特の産膜酵母です。辛口のフィノやマンサニーリャは、製法に秘密があり糖分がほとんどありません。それは樽の中にワインを4分の3くらい入れて、残りの4分の1には空気が入る隙間を作ります。そして、ワインの表面をあえて空気と触れさせるようにするのです。

すると、ワインの表面に特殊な酵母(産膜酵母)の膜が張ります、これがフロールというもの。熟成が進む段階で、このフロールが糖分を食べ、アルコールと炭酸ガスに分解します。そうすることにより、糖分が限りなく少ないシェリー酒ができるのです。

実は、「フロール」とはスペイン語で「花」をあらわします。とってもオシャレな意味ですよね。樽の中で華やかに咲くフロールから独特の香りがシェリー酒に加わり、飲んだ人を魅了するのです。

 

食後のデザートにもピッタリ!


おすすめは、バニラアイスクリームに「ペドロ・ヒメネス」という種類のシェリー酒をかけるだけの簡単デザートです。ただかけるだけで、贅沢な大人の味のデザートになりますよ!

極甘口のペドロ・ヒメネスとバニラアイスを合せたら、「甘過ぎてしまうのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、このコラボはバニラの風味と干しぶどうが持つ独特な香りが絡み合って、とてもコクのあるデザートになるのです。

さらにお好みによっては、カステラやスポンジケーキの上にレーズンバニラアイスを乗せて、その上にペドロ・ヒメネスをかけるという食べ方も。ケーキがシェリー酒と合わさり、素晴らしい口溶けになります。お好みでシェリー酒の量を調節してみて下さいね。

 

いかがでしたか、今回はシェリー酒の種類や製法と、シェリー酒を使ったおすすめデザートをお届けしました。一口にシェリー酒と言ってもその製法は様々です。

大航海時代にも盛んに飲まれていたシェリー酒、シェイクスピアも愛したと言われています。シェイクスピアの作品『ヘンリー四世』の中で、「this valour comes of sherris:(シェリーによってこの勇気がもたらされる)」などシェリー酒が人を鼓舞する飲み物としてたびたび登場しています。

昔から現在まで変わることなく人々に好まれているシェリー酒の魅力を、ぜひこの機会に体験してみてはいかがでしょうか。お酒があまり強くないけどシェリー酒が気になるという方は、まずはデザートにちょこっと使ってみるとよいかもしれませんね。きっとシェリー酒が気に入ることでしょう。

シェリー酒を造るぶどう品種の種類は、「シェリー酒の秘密を知ってスペインワインを楽しもう!」の記事を参考になさってください。

さあワインがあなたを待っていますよ!今日はどのワインで乾杯しましょうか。

まとめ

シェリー酒に魅了される理由と楽しみ方
・シェリー酒は種類の多さが魅力
・辛口シェリー酒の美味しさのカギは「フロール」
・食後のデザートにもピッタリ!


連記事