彼氏と別れそうな時に絶対に言ってはいけない5つの言葉

彼氏と別れそうな時に絶対に言ってはいけない5つの言葉
彼氏とけんかしたり、仕事や価値観の違いからすれ違いが生じたり、あるいは倦怠期の真っただ中など、彼氏と別れそうな時には些細な一言や出来事が別れの決定打になってしまいますよね。

彼氏と別れたいのであればあなたが最後の一押しをすればよいですが、そうでないときには何の気なしに口にした一言や感情にまかせて放った一言で彼氏に別れを決意させないように気を付けなければいけません。

覆水盆に返らず、口から出た言葉は、そのあとで百や千の言葉を尽くしてもなかったことにはできないのです。彼氏と別れた後で、「あんなことを言わなければよかった」と後悔しても遅いのですよ。ということで今回は彼氏と別れそうな時に絶対に言ってはいけない言葉をお伝えします。

本気でない「別れてやる」

けんかの最中、あるいは売り言葉に買い言葉でその気もないのに「別れてやる」と言うのはだめです。あなたはいつものけんかや冗談のつもりで言ったのだとしても、彼氏に「じゃあ、別れよう」と承諾されてしまったら終わり、あなたにはもうなすすべがありません。

「別れる」と言ったのはあなたの方なのですから、「冗談よ、冗談」と言ったってもう後の祭りです。二人がラブラブなら、あるいは二人の仲が良好なら、「別れてやる」も冗談や一時の気の迷いで済みます。

しかし、彼氏と別れそうな時には日頃の冗談は冗談では済まなくなりますし、あなたと別れたがっている彼氏はあなたのその一言を待っていたということも!そんな彼氏にいつもの調子で「別れてやる」なんて言ったら、それこそ彼氏の思うつぼ、彼氏と別れそうな時には冗談でも「別れてやる」なんて言ってはだめですよ。

 

彼氏を逃げ腰にする「絶対に別れたくない」

誰しも、追いかけられれば逃げたくなるものです。彼氏と別れそうな時に、「絶対に別れたくない」「あなたなしでは生きていけない」「別れるくらいなら死んでやる」と言って、彼氏にあなたの愛情の大きさをしめすのは×、彼氏はあなたの愛情に感じ入るどころか、あなたを重荷に思ってしまいますよ。

「これ以上依存されてはたまらない」「逃げられるうちに逃げてしまおう」といってあなたとの別れを決意してしまうかもしれません。彼氏と別れそうな時には彼氏の背中においかぶさったり彼氏の足にすがりつくような言葉は禁物です。
 

 

彼氏に冷静に考えさせる「私と仕事、どっちが大事なの」

「私と仕事、どっちが大事なの」も彼氏と別れそうな時に絶対に言ってはいけない言葉です。あなたは「仕事よりも私を大事にして」というつもりで言った言葉が、かえって彼氏に冷静に「俺にとって彼女と仕事はどっちが大事なのだろう」と考えさせるきっかけになることがあるからです。

彼氏が考えてくれた結果あなたを選んでくれたらよいですが、「仕事だな」という結論に至れば、彼氏はあなたと別れます。彼氏と別れそうな時には、「私と仕事」「私と友達」「私と親」というように、彼氏にどちらかを選ばさせるような言葉は禁句ですよ。

 

恩着せがましい「私がどれだけあなたに尽くしたのか分かっているの」

彼氏と別れそうな時に「私がどれだけあなたに尽くしたのか」「私の○年を返して」「今のあなたがあるのは私のおかげ」というような言葉は言ってはいけません。

あなたは、二人の思い出や自分の愛情を彼氏に思い出してほしいがために言った言葉でも、彼氏には借金取りか何かのように聞こえますし、それほどのことを恋人にしてもらったという気持ちがない彼氏やどちらかというと自分の方が我慢したり尽くすことが多かったと感じている彼氏には筋違いの脅迫のように聞こえてしまいます。

また、これまでの交際のために、あなたの将来に責任を持たなければいけないのかと重荷に感じることも!そんなのはごめんだと、彼氏があなたの元から去っていかないように気を付けてくださいね。

 

過去を蒸し返す「あの時もこうだった、この前だって」

けんかの度に、あるいは自分の旗色が悪くなると、「あの時だってこうだった、この前だって」「あなたはいつも~」と過去のけんかや彼氏の過去の過ちを蒸し返したくなりますが、これも彼氏と別れそうな時にはだめ!

彼氏は「いつもの説教やヒステリーが始まった」とうんざりしてしまいますし、「こんなしつこい女とはもうさようならだ」とあなたとの別れを決意してしまうかもしれません。彼氏と別れそうな時には過去のあれこれを引っ張りだしてけんかしてはだめですよ。

 

以上が彼氏と別れそうな時に絶対に言ってはいけない言葉でした。彼氏と別れそうな時にその気もないのに「別れてやる」と言うのはだめ、彼氏に「じゃあ、別れよう」と言われてしまいます。

また、「絶対に別れたくない」「私がどれだけあなたに尽くしたのか分かっている?」という言葉であなたの愛情を彼氏に示すのも×、彼氏はあなたの愛情の深さに感じ入るどころか、あなたを負担に感じて逃げ腰になってしまいますよ。

また、「私と仕事、どっちが大事なの」や「あの時もこうだった、この前だって~」も彼氏が別れを決意する決め手になることがあります。彼氏と別れそうな時には「口は災いのもと」「覆水盆に返らず」を肝に銘じましょう。

まとめ

彼氏と別れそうな時に絶対に言ってはいけない言葉は

・ 本気でない「別れてやる」
・ 彼氏を逃げ腰にする「絶対に別れたくない」
・ 彼氏に冷静に考えさせる「私と仕事、どっちが大事なの」
・ 恩着せがましい「私がどれだけあなたに尽くしたのか分かっているの」
・ 過去を蒸し返す「あの時もこうだった、この前だって」


連記事
タイトルとURLをコピーしました