イライラを抑える方法で、心身のストレスを減らす5つの術

イライラを抑える方法で、心身のストレスを減らす5つの術
イライラを抑える方法で、どうにもならない瞬間を簡単に回避したいと思いますよね。対人関係をはじめ、感情のコントロールができず物や人にあたってしまう時があります。

その時は抑制ができない為、後で冷静になって振り返るととても情けない気分にもなります。そんな時こそイライラを抑える方法で心身のストレスの軽減をさせましょう。

イライラは健康的にも良いものではありません。改善する為には、自分で意識して心を落ち着かせないといけないのです。

イライラを抑える方法は、まず冷静に物事を判断できるようにする点がポイント。カッとなった時は、後で後悔する行動を起こしやすいですよ。そこで本日は早速ですが、5つのイライラを抑える方法をお伝えします。

 

イライラを抑える方法で、
心身のストレスを減らす5つの術

 

大きく深呼吸しましょう 

イライラを抑える方法で簡単にできるのが深呼吸です。緊張した時も同様に心拍数を抑える効果がありますので、ドキドキする場面にはオススメです。

イライラを抑える方法は突然必要になりますので、簡単にどこでもできる方法を一つは身に着けておきましょう。深呼吸をするときは腹式呼吸がおすすめ。

鼻から空気を吸い込みお腹を膨らませます。そして息をゆっくり吐きだしながらお腹をへこませてください。この呼吸をゆっくり繰り返し、イライラが落ち着くまでやってみましょう。深呼吸は血液に酸素を送り、副交感神経を優勢にします。ストレスを感じ始めた時が深呼吸のチャンスです。

 

イライラの場面から距離をおきましょう 

もともと短気の人って意外と多いもの。同じ場面でも人によっては全く気にしない人もいますが、短気なタイプはすぐにイライラの原因。

些細な事にいつも尖っていると、それは人間性としても定着してしまい、マイナス思考になる原因です。そこでイライラを抑える方法では、そのような場面に出くわした時はすぐにその場から離れるように意識してみましょう。

例えば誰かと話をしている時にイラッとしてしまった場合。そのまま会話を続けると、必ず不本意な言動をとってしまうもの。イライラは人間関係をダメにする原因にもなりますので、すぐさまその場を離れて気分転換をしてください。

 

食べ物でイライラを回避しましょう 

イライラを抑える方法は精神的なコントロールだけでなく、食生活にも解決のポイントがあります。人間はお腹が空くと血糖値がさがり、思考力が鈍くなりイライラしやすくなるといわれていますよ。

大切な会議の前などはイライラを抑える方法として、必ず空腹でないことを確認しておきましょう。またビタミンB1、ビタミンC,カルシウムも精神的に安定する働きがありますので、牛乳、チーズ、果物やナッツ類などを日頃から意識して食べるのも良い方法です。

最近なんとなくイラつく、という方は食生活のバランスにも注意が必要です。添加物などもイライラの原因になりますのでご注意ください。

 

ツボを刺激してりラックスしましょう 

イライラしやすい人は日頃からツボの刺激で感情のコントロールをしましょう。どこでもできるのが手のひらの真ん中にある労宮と呼ばれるツボ。

イライラを抑える方法としてとても効果的で精神的にもリラックスできます。このツボは神経系に働くメリットがあるため、イライラを感じた時にすぐに手のひらを刺激してみましょう。

軽く痛みを感じる程度の力で押したら、パッとはなしてまた繰り返します。これと同様に指の爪も神経が多くあるため、イライラ解消に爪のマッサージも効果的。爪の生え際を指で抑えるように刺激してください。風邪予防など免疫力回復にも効果があります。

 

キレた後の様子を想像しましょう 

イライラを抑える方法は、その場だけに意識するのでなく、イライラしたまま行動をとった後の様子を想像すること。イライラは時に人を傷つけたり、人から嫌われてしまう原因にもなります。

怒りは自分が上手にコントロールしないといけない感情。そこでイライラを抑える為には、自分のとった行動による影響を考えてみるのです。大切な場面ではきっと後で後悔するでしょう。

人間関係にも悪影響となり、大切な友達を失う場合もありますよ。イライラした時の態度は色々なリスクがあるため、感情を丸出しにする前にちょっとだけ冷静になって状況を判断することが必要です。

 

いかがでしたか。イライラを抑える方法は、いきなり上手くいかないかもしれません。怒りを感じやすい性格はストレスが溜まり、心身の健康には悪影響になってしまいますよ。

毎日の努力がイライラを軽減させるコツ。カッとなる瞬間を思い出してください。なぜそんな感情を持つのか、逆にプラス思考で状況を判断してみましょう。

どうしてもコントロールできない場合は、外に出て大きく深呼吸してください。勢いで発言してしまったたった一言が、自分の人生を狂わせてしまう可能性もあるのです。

そんな失敗はできればしたくはありませんよね。イライラを抑える方法で心にゆとりを持ちましょう。どんな場面でも冷静に見られる方が心豊かな人生にメリットになります。

 

まとめ

イライラを抑えてストレス解消するには

・ 大きく深呼吸しましょう
・ イライラの場面から距離をおきましょう
・ 食べ物でイライラを回避しましょう
・ ツボを刺激してりラックスしましょう
・ キレた後の様子を想像しましょう


連記事
タイトルとURLをコピーしました