仕事のイライラを根本から解消する5つの仕事の進め方

仕事のイライラを根本から解消する5つの仕事の進め方
仕事のイライラは、仕事による疲れやストレスを倍増させるだけでなく、仕事そのもののクオリティをも下げてしまいますよね。

イライラしながら行った仕事はたいてい、出来はいまいちなもの、普段以上に労力を費やしたわりには「うーん……」という完成度の仕事になりがちです。

ときには、最初から全てやり直しで、さらに仕事のイライラを募らせてしまうことも!仕事でイライラすることなく、精神衛生上も仕事の完成度も良い状態に持っていくためには仕事の進め方自体を見直す必要があります。

ということで、今回は仕事のイライラを根本から解消する5つの仕事の進め方をお伝えします。仕事の最中、いつもイライラしてしまう方、気持ちの余裕を持つことができない方、ぜひ参考にしてください。

 

仕事のイライラを根本から解消する
5つの仕事の進め方

 

締切直前にジタバタしない!余裕をもったスケジュールを立てること

締切に追われたり、締切にぎりぎり間に合うというような余裕のないスケジュールを立てると、仕事中もイライラしっぱなし、ちょっとしたアクシデントでイライラが爆発してしまいますよね。

仕事のイライラを根本から解消するためには、何よりも「余裕をもったスケジュールを立てること」が大切!締切直前になって慌てなくて済むようにスケジュールを立てましょう。

 

アクシデント込みで仕事のスケジュールを立てること

全ての仕事がスケジュール通りに進めば気持ちよく仕事ができるというものですが、現実にはなかなかそうはいきません。

仕事にアクシデントはつきもので、締切直前になって「今、ここで!?」というアクシデント(パソコンのデータが消えてしまったりね)がおきることもあれば、お客さんから「締切前倒しで」なんて無理難題をつきつけられることも!イライラが募りますよね。

仕事のイライラを根本から解消するためには、最初から「アクシデントありき」という心構えを持っておくこと、そしてアクシデント込みでスケジュールを立てておくことです。最初から想定しておけばアクシデントが起きてもイライラせずに冷静に対処できます。

 

こまめに休憩をとり、リラックスすること

根を詰めすぎると、ちょっとしたこと、たとえばパソコンのマウスが反応しなくなった・プリンターに紙が詰まった程度のことでイライラ……マウスを壁に投げたくなってしまいます。そして、後になって、「そんなにイライラするほどのアクシデントではなかったな」と自己嫌悪に陥ることになります。

このような仕事のイライラを防ぐためには、締切前であっても根を詰めすぎないことが大切!こまめに休憩をとり、リラックスしましょう。大学の講義は1コマ90分、若者の元気な脳みそでも90分が集中力の限界ということです。

90分に一度は仕事から離れ、コーヒーを飲んだり軽く体を動かしてリラックス!「休憩している時間はない!」なんていってたった10分間を惜しまないでくださいね。10分間の休憩をとることで、その後の仕事の集中力が高まり、仕事の効率も上がります。

 

自分の手におえない仕事を一人で抱え込まないこと

仕事の分からないことや自分の手におえないことを、自分一人で抱え込んではいけません。自分のキャパ以上の仕事にはイライラがついて回ります。

「これは自分の手におえない」と思ったら、上司に助けを求めたり同僚の手を借りるなどして早めに対処すること!仕事のイライラを予防することができますよ。

仕事の締切直前になって周りに助けを求めても、「今更遅いよ」と怒られてしまったり、上司や同僚までイライラ地獄に落としてしまうこともあるので、助けを求めるときには締切に余裕があるうちに対処してください。

上司や同僚をイライラさせてしまったら、あなたがイライラのサンドバッグ役になってしまうので、彼らをイライラさせないように助けを求めることが大切です。

 

糖質を摂って脳のエネルギー不足を防ぐこと

仕事でイライラするのは、脳のエネルギーが不足しているからです。仕事が忙しいとき、つい食事を抜いてしまいがちですが、これが仕事のイライラの原因!仕事が忙しいときこそ、きちんと食事を摂り、脳のエネルギー不足を防ぎましょう。

脳がエネルギーとして利用できるのは糖質だけです。おにぎりやパン、麺類、お菓子などを食べてください。特におすすめなのが、血糖値をゆるやかに上げてくれるお米!おにぎりなら、片手で食べられますから、仕事が忙しいときの食事やおやつにおすすめです。食事をとる時間がないときには、ジュースでもよいですよ。

 

いかがでしたか。以上が、仕事のイライラを根本から解消する5つの仕事の進め方でした。仕事でイライラするのは、締切直前まで仕事をしなければいけないからです。

締切に間に合うかどうかのギリギリのスケジュールではなく、締切まで余裕をもったスケジュールを立てて、仕事のイライラを解消しましょう。

仕事にアクシデントはつきものです。アクシデント込みのスケジュールを立ててくださいね。また、仕事中はこまめに休憩をとったり、糖質を摂取して脳みその疲労やエネルギー不足を防いでください。

脳みそが疲れたりエネルギー不足に陥ると、仕事中のちょっとしたアクシデントでイライラしてしまいます。さらに、自分の手におえない仕事を一人でどうにかしようとすれば、イライラしてしまうのは必至!早めに周囲に助けを求めましょう。

まとめ

仕事のイライラを根本から解消するためには

・ 締切直前にジタバタしない!余裕をもったスケジュールを立てること
・ アクシデント込みで仕事のスケジュールを立てること
・ こまめに休憩をとり、リラックスすること
・ 自分の手におえない仕事を一人で抱え込まないこと
・ 糖質を摂って脳のエネルギー不足を防ぐこと


連記事
ストレス仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会