上手な別れ話の切り出し方で相手を傷つけない方法

上手な別れ話の切り出し方で相手を傷つけない方法
付き合っていた相手との別れを決意した時、別れ話の切り出し方にはとても気を遣いますよね。何かあからさまな理由があれば別れ話を切り出すのも難しくないでしょうし、相手もある程度の覚悟はできているはずです。

けれどそうでない場合、特に自分の心変わりなど相手には非のない原因で別れを決意したとなると、別れ話の切り出し方にはとても頭を悩ませるところではないでしょうか。

別れ話ですから、相手を悲しませてしまうことを避けることはできません。ただ、できる限り相手のショックを和らげてあげて、なるべく穏やかに話を進められるようにはしたいですね。そこで今回は、上手な別れ話の切り出し方で相手を傷つけない方法を5つお伝えします。

 

上手な別れ話の切り出し方で
相手を傷つけない方法

 

メールやLINEではなく、なるべく電話か直接会って伝えましょう

別れ話の切り出し方は、本当に難しいですよね。何度も「今日こそは、話をしよう」と思っても、相手の顔を見てしまうと勇気が出ない…ということも珍しいことではありません。

ついついメールやLINE、電話など直接面と向かわずに伝えてしまいたい、また、距離を置き続けてそのままフェードアウトさせてしまおうか、そんなことを考える方もいるでしょう。

しかし、これでは相手も気持ちの整理がつきませんし、関係がこじれてしまう元にもなってしまいます。気まずく重い内容であっても、とても大事な話なのですから相手にきちんと向き合って話をするべきなのです。

相手にとっては辛い話なので傷つけないということは難しいですが、これほど重要な話を面と向かって伝えてもらえないことの方が、話の内容以上に悲しいことですよ。ただ、遠距離で気軽に会うことができなければ、せめて電話で直接きちんと伝えてくださいね。

 

別れ話の予感をさせて、心の準備をさせてあげましょう

なるべく傷つけない別れ話の切り出し方としてまず配慮することは、少しでも相手の受けるショックを和らげてあげることです。

つい数日前まで楽しく過ごしていたのに、突然、何の前触れもなく別れを告げられては、相手はパニックになってしまいますよね。

あたなが別れを決意したなら、それを伝える前から事務的な対応したり連絡の頻度を減らしたり、何かそれまでと雰囲気が違うということを感じさせておきましょう。

その上で実際に別れ話をする前に「大事な話がある」と伝えれば、勘の良い相手なら「もしかして、別れ話をされるのでは?」と予感するかもしれませんよ。

そうして、相手に心の準備をしてもらうように導くこと、辛い話をする前にワンクッション入れておくことが、お互いの衝撃を和らげる別れ話の切り出し方です。

 

別れ話をする時は簡潔な言葉で、ハッキリと伝えましょう

さて、実際に相手を前にすると別れ話の切り出し方に悩む方もいるでしょう。けれど、言いづらいからと回りくどい言い方はせず、「別れたい」ということを明確に伝えることが大切です。

特に「別れたい理由」については、細かいことや曖昧な内容ではなく「他に好きな人ができた」「大切に思えなくなった」など、シンプルで決定的な言葉で伝えましょう。

あなたの「別れたい」という気持ちが答えである限り、どのような遠回りの言い方をしても相手が悲しむ結果は変わりません。

相手がやり直せると感じるような言い方をしてしまうと「努力するから」「悪いところは直すから」などと言われ、話が進まなくなってしまいます。

そうならないためには、相手に対する別れ話の切り出し方を考える前に、「どうして別れたいのか」ということを自分の心に問いかけてみてください。相手にきちんと伝えるために、自分の気持ちをしっかり整理しておくと良いですよ。

 

これまでの事を否定するような言葉は慎みましょう

無難な別れ話の切り出し方ができたとしても、なかなか相手が納得してくれない、また、諦めてくれないということは、とても多いと思います。ただ、そんな時も言い訳や反論は控えましょう。

特に「実は以前から(不満や不安)だと思っていた」などという発言は厳禁。相手にしてみれば、それまで一緒に過ごしてきたことを否定されたように感じるでしょうし、気持ちもないのに演技をされていた、つまり騙されていたと大変なショックを受ける可能性も十分に考えられますよ。

別れ話の切り出し方としても、一番やってはいけないことなのです。興奮した相手からきつい言葉を言われたりするかもしれませんが、過ぎたことに対する不満は不要な喧嘩の元にもなりますので、冷静さを保ちつつ先にご紹介したように、簡潔で明確なことだけを伝えるようにしてくださいね。

 

期待は持たせず、相手の話をしっかり聞いてあげましょう

ここまで、なるべく相手を傷つけない別れ話の切り出し方についてお伝えをしてきましたが、こちらの気持ちをハッキリと伝えたら、相手の言葉も誠意をもってちゃんと聞いてあげてください。

別れたくない相手としては、どれだけ傷つけないように配慮しても、あなたからの別れ話にはショックを受け、少なからず動揺しているはずです。

その複雑な感情をあなたにぶつけてくることでしょう。それはしっかりと逃げずに受け止めてあげてくださいね。ただし、相手が「やり直せるかもしれない」と思えるような隙を見せてはいけません。

相手の言い分にはきちんと耳を傾けるけれど、態度は淡々として別れる意思は揺るがないということを示し続けましょう。

相手にあなたへの気持ちが残っていると、良いかたちでお別れすることが難しくなってしまいますよ。最も良くない状態は中途半端に引きずらせてしまうことなのです。

 

いかがでしたか。上手な別れ話の切り出し方で相手を傷つけない方法を5つお伝えしました。どんなに言葉を尽くしても、別れを告げられる側は悲しむことになりますし、ショックを受けることになります。

ですから、別れを告げる相手に対しては慎重に言葉を選び、誠意を持って接することが大切です。そして、できるだけ早く相手が立ち直り、新たな一歩を踏み出せるようにしてあげることが、最後の役目でありこれまで付き合ってきた相手に対する礼儀でしょう。

発してしまった言葉は後から訂正をすることはできるかもしれませんが、その言葉によって受けたショックはしばらく消えることはありません。お互いのためにも、今回ご紹介した方法をもとにトラブルなく別れ話をまとめてください。

 

まとめ

相手を傷つけない別れ話の切り出し方とは

・ メールやLINEではなく、なるべく電話か直接会って伝えましょう
・ 別れ話の予感をさせて、心の準備をさせてあげましょう
・ 別れ話をする時は簡潔な言葉で、ハッキリと伝えましょう
・ これまでの事を否定するような言葉は慎みましょう
・ 期待は持たせず、相手の話をしっかり聞いてあげましょう


連記事
別れ 恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました