恋愛関係をうまく進める5つの嫉妬しない方法

恋愛関係をうまく進める5つの嫉妬しない方法
人を好きになった時、どうしても逃れられないのが嫉妬という感情、辛いですよね。嫉妬しない方法なんて自分ではなかなか見つけることが出来ません。でもそのまま嫉妬がどんどん膨らんでいくとなかなかそこから自分の力で抜け出すのが難しくなっていくばかりです。

嫉妬にとらわれて苦しくて仕方がない時、どうにかしてそれを自分の心から追い出さないと、せっかくの楽しい恋愛も悲しい終わりを迎えてしまいかねません。でも、

じゃあ、どうやって?誰かに聞いてもらったり、相手に直接伝えたり、色々なやり方はありますが、今回は、自分一人、部屋の中で嫉妬の思いにとらわれてしまった時にそこから抜け出すおまじないのような、そんな方法をお伝えします。

「大好き」と口に出してみる。

一人でいると、心の中でいろいろな言葉や思いがぐるぐるし始めるときってありませんか?それが相手への嫉妬だったりするとどんどん悪い方向に想いが回り出して、負のスパイラルに陥ってしまいますよね。

そんな時、それ以上嫉妬しない方法として、まず、その心の中のもやもやを全部打ち消すように一言、声に出して言ってみて下さい。「〇〇くん、大好き」小さな声でいいんです。はっきりと声に出して。そしてその声を自分の耳からきちんと聞きましょう。

たったそれだけでぐるぐるしていた心の中の嫉妬が一時停止します。なかなか止まらない時は何度も繰り返して言ってみましょう。泣き出しちゃってもいいんです。涙を流すことも時にはすっきりするために必要です。それもこれ以上嫉妬しない方法の一つです。

 

自分だけが知っている相手の何かを思い出す。

彼の小さな癖や、好きな食べ物、好きな歌、運転している時の横顔、ハンドルを握る手。何でもいいんです。嫉妬しない方法は付き合っているあなただからこそ知っている彼のことを思い出してみることです。

あなたしか気が付かないような何か。それは、あなたと彼が過ごしてきた時間が作り出してきたものです。その時間は他の誰にも譲らない、あなただけの時間です。もちろん、あなたの知らない彼の時間もあるでしょう。

あなたに会う前の彼、仕事の時の彼そんな時間があなたの嫉妬の原因なら、あなたしか知らない彼の姿もあることを知ることが嫉妬しない方法です。

 

相手の笑顔を思い出してみる。

嫉妬に支配されていると、彼の笑顔が自分以外の誰かに向けられていると思い込んでいませんか?もちろん、彼には彼の世界があり、必要に応じてあなた以外に笑顔を向けることもあるでしょう。でも、あなたにもその笑顔はちゃんと向けられているはず。

嫉妬のあまり彼の笑顔を思い出すことさえ忘れていませんか?嫉妬しない方法の3つ目は、目を閉じて、彼があなたに向ける最高の笑顔を思い出してみること。心に浮かんで来たら、その心の中の彼にあなたの一番素敵な笑顔を見せてあげてください。

それができたら、そっと目を開けて鏡で自分の顔をぜひ見てみて。今あなたの顔にはきっととっても素敵な笑顔が浮かんでいるはずです。そんな自分の笑顔を見直してみるのも嫉妬しない方法としてとても有効です。

 

自分のいいところを出来るかぎりたくさん思い出す。

誰かと自分を比べたり、誰かが自分にはない素敵な何かを持っていると、思わず嫉妬してしまいますよね。それを彼がちょっとほめたりするのを聞いたら、もう嫉妬の炎がめらめら。でも大丈夫。あなたにはあなたの魅力がたくさんあるんです。

だって、あなたの大好きな彼が大好きになった人なんですよ、あなたは。まずそのことを思い出すことからこの嫉妬しない方法を始めましょう。彼はあなたのどんなところが好きになったのかしら。それはもしかしたら「そんなのほめるところじゃないよ!」って思うようなところかもしれません。

でも、そんなところさえ彼にはいとおしいんです。彼がほめてくれたあなたのいいところを一つ一つ思い出してみて下さい。なかなか難しいですよ。

でも難しいからこそ、嫉妬なんかしてる場合じゃなくなってしまうでしょう。そこから新たな自分磨きが始まったら、それこそ嫉妬しない方法から更に上に向かって進むことができますよ。

 

「嫉妬」の本当の意味を考える。

やきもち焼きの女性を可愛く書かせたら天下一品の漫画家、高橋留美子さんの作品の中には嫉妬しない方法を考えるいろいろなキーワードが隠されています。その中の一つをご紹介しましょう。マンガ「犬夜叉」の中の1シーンです。

桔梗の死を受けて動揺する犬夜叉に心穏やかではいられないかごめ。そんなかごめの心のすきを敵がついてきて、あと少しで敵の手に落ちそうになったとき、彼女は我を取り戻し、こう叫びます。

「あんたの言っていることは全然違う…。犬夜叉が桔梗を忘れられないことは…頭で納得していても、やっぱりくやしい…だけど…。私が犬夜叉を恨んだり…桔梗に嫉妬したりすることは…人間だったら誰だって持っている気持ちよ。

あんたの言うような、人を呪う気持ちじゃない。私が…私が犬夜叉を…大好きだってことよ!」(小学館 犬夜叉 29巻より)

そうです。相手が大好きだからこそ起きる気持ちなんです。対して好きでもない相手に嫉妬心は起きません。大好きな人のことだから嫉妬する、そんな自分の心をまずは自分が抱きしめてあげましょう。嫉妬しない方法、それは嫉妬という気持ちを正しく理解することです。

 

さて、嫉妬には必ず相手が存在します。彼だったり、彼の回りの誰かにだったり。でも相手を変えるのはとても難しいことです。不可能と言ってもいいかもしれません。そして彼を縛り付けるような行動も良い結果を生むことは絶対にありません。

それどころか、もしかしたら彼もあなたを嫉妬させたことに心を痛めたり、困ったりしているかもしれないんです。でも、じゃあどうしたらいいの?そう思いますよね。だからこそ、嫉妬しない方法を知り、自分の力で嫉妬から抜け出し、明るく魅力的なあなたに戻る必要があるのです。

嫉妬に心がいっぱいになって苦しくてたまらない時、なかなか大きく一つ深呼吸をして、今回ご紹介した5つの方法をぜひお試しください。

まとめ

恋愛関係をうまく進めるには 

・ 「大好き」と口に出してみる。
・ 自分だけが知っている相手の何かを思い出す。
・ 相手の笑顔を思い出してみる。
・ 自分のいいところを出来るかぎりたくさん思い出す。
・ 「嫉妬」の本当の意味を考える。


連記事
嫉妬恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会