好きな人と付き合いたい人に奨める5つの恋愛の始め方

好きな人と付き合いたい人に奨める5つの恋愛の始め方
好きな人と付き合いたい、けれどどんなふうにアプローチしたらよいかわからない……初恋の人も、恋愛経験のある人も、いつだって恋を始めるときは迷いが生まれるものですよね。

今誰かに片思いの人も、恋愛自体はお休み中だけれど「いつかは好きな人と付き合いたい」と思っている人も、なにはともあれ自分から動かなくては話になりません。かといってやみくもに突っ走っても、なかなかコレといった恋愛はできないもの。

また、周りが恋愛モードだからと焦ると、相手を見極める目が曇るため、うまくいかないことも多いものです。そこで今回は「ノリでお付き合いをするのではなく、心を動かされた人とちゃんと付き合いたい」と真剣に悩むあなたにおススメしたい、恋愛の始め方についてお伝えします。

「一緒にいる時間」を増やして存在を認識してもらいましょう

好きな人と付き合いたいならば、まずは「好きな人の視界に入ること」から始めましょう。人間には「会う時間が長いと印象に残りやすい」「会う時間を1回だけ長くとるよりは、短くても頻回である方が親近感を持ちやすい」という傾向があります。

もちろん好きな人と付き合いたいなら、相手に好印象を与えることが基本条件なので、普段から身だしなみやマナー、清潔感などに気を配るのは言わずもがなです。そのうえで、わざとらしくない程度の距離を保つようにしてみてください。

また、目があったときは2~3秒ほど見つめてみるとなお効果が表れますよ。同じ時間や空間を共有することで、相手の好感度を上げることができるほか「気が付いたらいつもそばにいる存在」=「いないとなんとなくさみしい存在」に自分を格上げすることができます。

 

気になる相手と連絡先を交換しましょう

さて、顔を合わせるようになってある程度親しくなってきたら、今度は連絡先を交換しましょう。好きな人と付き合いたいなら、LINEやメールアドレスはアプローチに効果的。SNSもできれば有効活用したいところですよね。

ただし、連絡頻度や時間帯・内容は相手の特徴を見て、よく考えましょう。まだまだ「知り合い」よくて「お友達」の段階ですから、たまに用事がある時や、せめて数日間に1度程度を目安にし「返事が来たらラッキー」くらいにとらえて気楽に構えてくださいね。

送る時間帯や内容も、相手の生活パターンを念頭に置いて送るようにしましょう。早朝や深夜はもってのほか、仕事もしくは授業中と思われる時間帯も避けるのが無難です。

内容も1人語りなものだと「ふーん、そう」くらいに思われて既読スルーされることがあるので要注意。好きな人と付き合いたいなら、昼食・休憩時や夕方など、相手の都合が良く、目を通してもらえる確率の高い時間帯を狙うのが吉です。

 

相手の好みを把握して心理的距離を近づけましょう

好きな人と付き合いたいと考えるなら「共有」は有効な手段です。相手の「興味のあるもの」や「好きなもの」、反対に「嫌いなもの」などについて、普段の会話からさりげなく情報を引き出してみてください。

興味のあるものや好きなものがかぶれば話が盛り上がりますし、嫌いなものを把握しておけば、知らぬが故の思わぬ失敗を防ぐこともできます。ですが、好きな人と付き合いたいばっかりに、相手の好みに合わせすぎてもあざとさがにじみ出てしまいますから要注意です。

たまたま相手の好みと自分の好みが合う分には全く問題ありませんが、相手の好みがどうしても、自分の好みと合わない場合は無理をする必要はありません。自分も好きになれそうなら挑戦してみればよいですし、ダメそうなら「理解する」姿勢を見せるだけでも大丈夫。否定さえしなければ問題ありませんよ。

 

リサーチした情報を参考に自分を磨いていきましょう

話の流れで、相手の好みのタイプを耳にすることもあるかもしれませんね。せっかくですから「自分らしさを残しつつ(ここがポイントです)、相手の好みを盛り込んで」自分磨きをしてみましょう。ちょっとメイクやファッション、ヘアスタイルを変えるだけで、印象はガラッと変わりますよ。

好きな人と付き合いたいなら、好みに合わせるのが最も近道です。もちろん外見のみならず、内面を磨くことも重要です。特に食事などのマナーや一般常識の有無は結構見られています。いくら外見が良くても、常識のない人は恋人としては論外です。

好きな人と付き合いたいとあなたが思うように、相手からも「あなたと付き合いたい」と思ってほしいものですよね。ですが合わせすぎると今度は「自分がない子なんだな」とつまらなく思われてしまいます。自分に自信をもってイキイキとしている人は、男女問わず魅力的に見えるものです。

 

考えるだけでは変わりません、行動しましょう

いくら「好きな人と付き合いたい」と思っても、相手からロマンスを運んできてくれるなんてシチュエーションは、漫画や小説の中だけの話です。とにかく「人と会う」「行動する」のが大事です。待っているだけ・考えているだけでは出会いやチャンスなんて一生訪れませんよ。

今好きな人がいるのなら、勇気を出して一歩踏み込むところから始めましょう。今好きな人は特にいないけれど、いつかは……と考えている人は、出会いの機会を増やすのが先ですね。直接的には出会えなくても、その出会った人からさらにイイ人を紹介してもらえるかもしれません。

人との縁はどこで結ばれるかわからないもの。積極的につないでいきましょう。もっとも、ガツガツするのは禁物です。好きな人と付き合いたいからといって、余裕のなさがにじみ出るようでは、相手に引かれてしまいますよ。ちゃんと自分に合う人に出会えるはず、と前向きにとらえ、自然体を心がけましょう。

 

さて、好きな人と付き合いたい、長くドキドキ・ワクワクする関係でいたいというのは男女問わず誰もが持つ感情ですよね。恋愛は生活に潤いを与える原動力となり得ます。

好きな人と付き合いたいけど、何をしたらわからないと悩んでいる人は、相手にさりげなくアプローチすることはもちろん、自分の魅力をアップさせることから始めてみてはいかがでしょうか。

自分に自信がつき日常生活にハリが出てくると、自然と姿勢や視線が前向きになり、表情や言動も柔らかく明るくなります。以前に増して輝くあなたに目を惹かれる人は必ずいるはずですよ。

恋愛とは不思議なもので、したいと思う時ほど遠ざかり、たいして意識していない時ほど良い出会いに恵まれたりもするものです。焦りは禁物、誰かと比べることなくあなたのペースで進んでいきましょう。

まとめ

好きな人と付き合うために行うには

・ 「一緒にいる時間」を増やして存在を認識してもらいましょう
・ 気になる相手と連絡先を交換しましょう
・ 相手の好みを把握して心理的距離を近づけましょう
・ リサーチした情報を参考に自分を磨いていきましょう
・ 考えるだけでは変わりません、行動しましょう


連記事
タイトルとURLをコピーしました