好きな人と話せないときに試す、話しかけるチャンスを作る方法

好きな人と話せないときに試す、話しかけるチャンスを作る方法
気になる人や好きな人と話せない、どう話しかけていいかわからない…こんな悩みを抱えている方は多いですよね。気になる相手以前に、初対面の人とコミュニケーションを取るだけでも苦手という方にとっては、こうした悩みはより深刻です。

また、人見知りでないという自信のある方にとっても、意識してしまって好きな人と話せないなんてことは、珍しいことではありません。

気になる相手とどうにかして距離を縮めるきっかけを掴みたいと思うのは、性別や年齢を問わず共通の願いではないでしょうか。

好きな人との距離を縮め親交を深めるためには、まずは気になる相手と接点を持つことです。そこで今回は、好きな人と話せないときに試す、話しかけるチャンスを作る方法を5つお伝えします。

 

好きな人と話せないときに試す、
話しかけるチャンスを作る方法

 

まずは「笑顔で挨拶」から始めましょう。

好きな人と話せない場合に限らず、相手がどのような立場の人でもコミュニケーションのきっかけは「笑顔で挨拶」が基本です。

挨拶であればごく自然に、毎日でも声を掛けることができます。挨拶を続けることで、相手から話かけてもらえるようになるかもしれませんよ。

どうしても緊張して好きな人と話せない、というのであれば目を合わせて軽い会釈だけでもするようにしましょう。大切なのは、相手の印象に残ることです。

もちろん、不自然な振る舞いなどで微妙な印象で目立ってしまうような事は避けなければいけません。けれど、挨拶という礼儀としても最低限のことをしっかりと続けておくことで、話しかけるチャンスは多くなるのです。

 

ちょっとした情報や連絡事項などを教えてあげましょう。

挨拶で自然に声を掛けることに慣れてきたら、さらに会話を続けるチャンスを作りたいですよね。そんな時は、電車の遅延状況や道路の通行止め、天気予報など普段の生活の中で事前に知っておくと便利な情報を教えてあげましょう。

学生の方であれば、試験範囲に関することや休講情報などがあります。好きな人と話せないという方の中には、何を話していいのかわからないという方もいると思いますが、こうした身近な便利情報や連絡事項であれば、さり気なく声を掛けることができるでしょう。

相手の為になるので少なくとも嫌な気持ちにさせる事はありませんし、内容によっては感謝される事になるかもしれませんよ。好きな人と話せない方は、こうした周囲の情報に敏感になっておくことを心掛けておくといいですね。

 

知らない事やわからない事を聞きましょう。

先ほど、身近な便利情報や連絡事項を教えてあげる事が話しかけるチャンスになるとお伝えしましたが、逆の立場でも同じ事が言えますね。

つまり、知らない事やわからない事を教えてもらうために声を掛けるのです。なかなか好きな人と話せないという方でも、“知りたい事を聞く”という目的があれば、自然に話をする事ができるのではないでしょうか。

先にお伝えした身近な情報や連絡事項はもちろん、パソコンやスマホの便利な機能など実際に聞いて損の無い事を教えてもらえれば、自分のためにもなりますね。

ただ、質問の内容には少し気を付けてください。あまりにも常識的な事を尋ねてしまうと世間知らずと思われてしまいますし、逆にマニアック過ぎる質問も相手を困惑させてしまいますよ。

 

普段の様子から好きな人との共通点を見つけましょう。

挨拶や世間話は気軽に話しかけるきっかけになりますが、そこから楽しいと思える会話に発展させるのはなかなか難しいですよね。

よりプライベートな内容となると意識してしまって、好きな人と話せない方であれば尚更でしょう。できれば、好きな人が乗り気になって会話が弾む話題で話しかけたいところです。

そのためには、相手の趣味や好みについて情報を収集する必要があります。そして、どんな些細な事でも良いので、自分との共通点を見つけてください。

共通の知人がいないかどうかチェックしてみるのもいいですね。また、もし好きな人との共通点が見つからなければ、自分から相手の趣味や好みに興味を持ってみることも話しかけるきっかけになります。

ただし、要注意なのは好きな相手のことを知ろうとするあまり、ストーカーのようにならないことです。警戒心を持たれてしまうことのないように、さり気ないリサーチを忘れずに。

 

時には確信犯的な“勘違い”を利用しましょう。

さて、好きな人と話せないことで悩み何とか話題を探そうとしたけれど、どうしても相手の趣味や好みがわからない事もありますよね。

そんな時は、“勘違い”を装って話すきっかけにしましょう。勘違いを装うということは、言い換えれば嘘を利用するという事なので抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、勘違いは実際に起こる可能性があるものです。

そして、例えば、「(お店など)に居ませんでしたか?」「この間の休日、(スポーツなど)をしてましたよね」というようなことであれば、誰にも迷惑を掛けることはありません。

しかも、話し掛けたことをきっかけに相手の趣味や好みをさり気なく知ることができるかもしれないので、一石二鳥です。もちろん、相手のイメージをダウンさせるような内容は厳禁なので、その点には十分注意してください。

 

いかがでしたか。好きな人と話せないときに試す、話しかけるチャンスを作る方法を5つお伝えしました。好きな相手だからこそ悪い印象を持たれたり、変な人だと思われたりしたらどうしよう…と不安になるのは仕方のないことでしょう。

そして、その不安からどうしても好きな人と話せないと悩んでしまうことも無理のないことかもしれません。ただ、好きな相手と距離を縮めて親交を深めたいという強い気持ちがあるのに、何も行動を起こさないまま、ただ見つめているだけでは接点を持つこともできませんよね。

偶然のきっかけを待っているだけでは、何も変わらないのです。今回お伝えした方法を参考にして、ぜひ勇気をもって第一歩を踏み出してください。

まとめ

好きな人に話しかけるチャンスを作る方法とは

・ まずは「笑顔で挨拶」から始めましょう。
・ ちょっとした情報や連絡事項などを教えてあげましょう。
・ 知らない事やわからない事を聞きましょう。
・ 普段の様子から好きな人との共通点を見つけましょう。
・ 時には確信犯的な“勘違い”を利用しましょう。


連記事