慢性成人病を予防する酵素ドリンクの5つの作り方

慢性成人病を予防する酵素ドリンクの5つの作り方
酵素ドリンクの作り方はメディアでもよく取り上げられていますが、そもそも酵素ドリンクってなに?とまだ知らない人も多いですよね。

酵素ドリンクは健康や美容、ダイエットにとてもメリットがありドラッグストアや通販などでも種類豊富に販売されていますが、毎日飲むならやはり手作りが一番安心です。酵素ドリンクは難しい材料が必要なく、簡単なものから凝ったものまで色々とアレンジできる特徴があります。

近年生活習慣病と呼ばれる糖尿病や高血圧の患者さんが増えているといわれていますが、大人になるとつい生活習慣の乱れで健康を崩してしまいます。

これらの慢性成人病の改善には普段の食生活が大切な鍵を握ってるのです。そこで本日は、慢性成人病を予防する酵素ドリンクのオススメの作り方についてお伝えします。

 

慢性成人病を予防する
酵素ドリンクの5つの作り方

 

ビタミンCたっぷりのレモン酵素ドリンクを作りましょう 

ビタミンCがたっぷりでさっぱりした風味が魅力のレモンの酵素ドリンクの作り方ですが、用意するものは国産無農薬レモン2㎏・上白糖2.2㎏・米麹20g。酵素ドリンクは独特な苦みやニオイがあって苦手なという人も多いですよね。

このレシピはレモンだけなので暑い季節にもぴったりですし、冬はホットレモネードにしてもOK。作り方は保存用の瓶に砂糖を1㎝ほどいれてスライスした皮付きのレモンを入れます。

その上に砂糖をのせてまたスライスレモンを入れ層のように重ね最後に麹を入れて保存します。次の日に手で良く混ぜて1週間ほど発酵させたらレモン液だけを濾して冷蔵庫で保存しましょう。

 

糖質控えめの酵素ドリンクで肥満予防しましょう

酵素ドリンクの作り方はどれも砂糖を使うレシピが多く、糖分を制限したい人にはちょっと抵抗がありますよね。そこでオススメしたいのが砂糖を使わない酵素ドリンクの作り方。用意するものは無農薬のリンゴ300gとドラックストアなどで売っているシリカ水。

スライスしたリンゴを煮沸消毒した瓶にシリカ水といれて常温で発酵させます。1週間ぐらい経過したらジュースの部分だけを濾して冷蔵保存しましょう。リンゴは皮ごと使いますので酵素ドリンクには食物繊維やビタミンがしっかり吸収され便秘解消にもメリットになります。

 

旬の食材を使った酵素ドリンクで健康促進しましょう

酵素ドリンクの作り方は発酵が手間になりますが、健康のためなら手作りは欠かせませんよね。色々な材料を使えば栄養もバランス良くなる酵素ドリンク。でも値段を考えるとあれこれ野菜や果物をそろえるのはちょっと高くついてしまう場合もあります。

そんな時にオススメなのが旬な野菜や果物を使った酵素ドリンクの作り方です。たとえば秋ならば柿やブドウ、リンゴなどが安く売っていますのでこれらの旬の食材を消毒した瓶の中で上白糖と一緒に発酵させましょう。一日2回しっかり洗った手でよく中身をかき混ぜ発酵したらジュースだけを冷蔵保存してください。

 

熱中症予防によい梅酵素ドリンクを飲みましょう

梅を使った酵素ドリンクの作り方ですが、準備するものは青梅1㎏と上白糖1㎏。梅は熱中症予防になり疲労回復にもメリットなので、慢性成人病の疑いがある方は普段の健康促進として飲むと安心ですよね。梅はエキスが出やすいように種の部分に届くまで切り込みを入れます。

煮沸消毒した瓶に砂糖と梅を何層かにして入れ、毎日2回手でかき混ぜましょう。泡がでてくると発酵しているサインなので、出来上がったらエキスだけを濾してペットボトルに入れて冷蔵庫で保存してください。炭酸水やミネラルウォーターで割って飲んだり、ヨーグルトに入れて食べてもよいでしょう。

 

失敗しない作り方の基礎をマスターしましょう 

酵素ドリンクの作り方は材料を色々変えても作り方の基本は同じです。食材1㎏に対して砂糖が1.1㎏なので比率さえ知っておけば作りやすいですよね。必ず素手で1日2回混ぜ合わせる点がポイントで容器内にガスが溜まったらフタを開けて逃がしてください。

無農薬食材がない場合は重曹を使ってしっかり洗っておきましょう。出来上がる時間の目安は冬は2週間前後、夏は1週間前後となります。室温は25℃~26℃ぐらいがちょうど良く、失敗すると腐敗する場合もあるのでご注意ください。使用する保存容器はホワイトリカーなどで消毒したり煮沸消毒をして事前に準備しておきます。

 

いかがでしたか。酵素ドリンクの作り方は慣れてしまえば色々とアレンジができますね。野菜や果物の酵素は体内にたまる悪玉菌を排出しやすくするデトックス効果が抜群です。血圧や血糖値の安定、コレステロールを下げるなど慢性成人病にはメリットだらけの酵素ドリンク。

効果を実感するには毎日継続して飲まないといけませんので、飲み方も水で割ったりジュースに入れるなど工夫してください。作った酵素ドリンクは賞味期限が長くありませんので、出来れば2週間以内には飲み終える点がポイント。

季節の食材や好きな果物などを使った健康的な酵素ドリンクは、毎日楽しく健康管理ができるきっかけになりますので、早速今日から手作り酵素ドリンクの作り方を実践して健康生活を始めましょう。

まとめ

慢性成人病によい酵素ドリンクの作り方とは

・ ビタミンCたっぷりのレモン酵素ドリンクを作りましょう
・ 糖質控えめの酵素ドリンクで肥満予防しましょう
・ 旬の食材を使った酵素ドリンクで健康促進しましょう
・ 熱中症予防によい梅酵素ドリンクを飲みましょう
・ 失敗しない作り方の基礎をマスターしましょう


連記事
生活健康
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会