炭酸水ダイエットを始める時の5つの注意事項

炭酸水ダイエットを始める時の5つの注意事項
炭酸水ダイエットは、痩せるために食事制限なんて絶対無理という人に人気がありますよね。食前に炭酸水を飲むだけで食事の量を簡単に抑えることが出来、その上、空腹感を感じることもほとんどないのですからストレスを感じることなくダイエットが出来ます。

それ以外にも炭酸水を飲むと血行が良くなり代謝がアップしてダイエットの効率も上がるので良いことばかりです。

しかし、簡単なダイエットというのは、気をつけなくてはいけないことが意外とあって、それを守らないと痩せるどころか体調が悪くなってしまうこともあるのできちんと理解してから炭酸水ダイエットを始めてくださいね。

そこで今日は、効果をきちんと出すために炭酸水ダイエットのスタート前に確認しておきたい注意事項をお伝えします。

歯の状態をチェックしよう

酢や柑橘類などを美容や健康のために生活に取り入れている人が多いのですが、酸性の飲食物で歯が溶けてしまう酸蝕歯(さんしょくし)という疾患になってしまうことがあります。そのため炭酸水ダイエットを始める前に、歯の状態を確認しましょう。

歯が以前よりも小さくなったと感じる場合は酸蝕歯の可能性があるので医師に相談してくださいね。気になる点が無くても炭酸水ダイエットを続けていると、なる可能性があるため炭酸水など酸性度が高いものを飲んだり食べたりした後は、水やお茶で口をすぐにすすぐと酸を洗い流せます。

酸で歯の表面が柔らかくなった状態で歯ブラシでゴシゴシと磨くと歯がすり減ってしまうので、30分位経ってから磨くのがおすすめです。虫歯になりやすい人は、コップ1杯の水に小さじ1杯の重曹をしっかり溶かした重曹水でブクブクうがいをしてから、柔らかい歯ブラシで優しく磨きましょう。

 

体調のチェックをしよう

まずは、胃腸の調子です。炭酸水は腸を刺激して便秘を解消する効果がありますが、もともと胃腸が弱い人が炭酸水ダイエットを行うと下痢や腹痛を起こしやすくなってしまうので注意してください。

それと貧血が気になる人は炭酸水に入っている二酸化炭素が胃の中で鉄分を吸収しづらくさせるため、炭酸水の飲み過ぎで症状がひどくなることがあるので気をつけましょう。

他にもむくみ改善の効果がある炭酸水ダイエットですが、もともとむくみやすい人は炭酸水のナトリウム量を確認して少ないものを選ぶようにしないと、逆にむくみの原因になることがあるので商品ラベルをしっかりチェックしてくださいね。

体調が万全であったとしても急に炭酸水をたくさん飲んでしまうと調子が悪くなることもあるため、ますは1日1~2回位からスタートするのがおすすめです。

 

炭酸水が飲めるか確認しよう

コンビニやスーパーに行くと炭酸水がたくさん並んでいますよね。しかし炭酸水ダイエットに使う炭酸水は、どれでも良いという訳ではありません。無糖でゼロカロリー、無添加のものを選びましょう。そして水の硬さで飲みやすさが変わるので、日本に多い軟水を選んだ方が無難ですよ。

硬水は苦味を感じることもあるので、味の変化を楽しみたい時にはおすすめですが、苦手だと感じると炭酸水ダイエットの継続が難しくなるのでお試しという気持ちで準備してみて下さい。

そして、ここが重要なポイントなのですが、炭酸水ダイエットは常温で飲んだ方が効果が高いため、炭酸水が苦手だと食前に300~500mlも飲むことは出来ません。

無糖でゼロカロリーなのにフルーツの風味がするものもあるので、いろいろ試して飲めそうか確認してから炭酸水ダイエットを開始してください。

 

炭酸水を確保しよう

先ほど、炭酸水がコンビニやスーパーでたくさん売られているとお伝えしましたが、炭酸水ダイエットを完全に行おうとすれば、1日約1.5ℓ近く必要です。1日2回、食前に飲むとしても600ml~1ℓは必要なので、気付くとストックが無いという事もあります。

1回くらい止めても問題はありませんが、食前に常温の炭酸水を毎回飲むのは結構辛いので挫折のきっかけにもなりやすいため、ある程度炭酸水を確保しておいた方が良いでしょう。

お気に入りの炭酸水を見つけたら箱買いする位の方がもったいないという気持ちから炭酸水ダイエットが継続しやすくなりますよ。

そのため、早め早めに炭酸水を確保するように心がければ、常に炭酸水が身近にあるので、飲み忘れが無くなるのでそういう点からもストックをきちんと持つようにしましょう。

 

食事時間がどれくらいとれるか確認しよう

食事を取る10~30分前に炭酸水を飲んでおくことで食事の量を抑えることが出来ます。その際、300~500mlの炭酸水をゆっくりと飲むのが理想なので少なくても炭酸水を飲む時間+10分+食事を取る時間が必要です。

自宅であれば自分で時間を調整すれば良いのですが、仕事中となると食事時間が定時でない限り難しいこともあります。

接客業などの場合、忙しいと休憩中に呼び出されたりということもあるので、炭酸水ダイエットで必要な時間が確保出来ないようなら最初から自宅のみにし、仕事中は出来そうな日だけにするくらいの気持ちの方が挫折しません。

1日3食、食前に炭酸水ダイエットを行った方が効果が高いのは当たり前ですが、忙しくて出来なかったとストレスになってしまうよりは最初から1日2回にしてしまう方が気持ちが楽ですよ。

 

このように炭酸水ダイエットをきちんと行えば痩せるだけでなく冷え性などの血行不良の改善にもなるので、毎年冬になるとタイツや靴下の重ね履きをしている人にとっては健康のためにも実行したい方法ですよね。

もちろん夏場に冷房が辛いという人にもおすすめで、その上代謝がアップして食べたものを消費する力が高くなるという+αもついてきます。

ですが、ダイエットに成功したとしても歯が小さくなってしまったり疲れやすくなるなど健康に影響が出てしまうことがあるので事前に防げるようにしなくてはいけません。

歯に関しては炭酸水をコップやペットボトルから飲むのではなく、ストローを使えば歯に直接炭酸水が触れるのを防げてゆっくり飲むこともできるためおすすめですよ。炭酸水ダイエットを成功させるために、今日お伝えしたことは必ずチェックしてください。

まとめ

炭酸水ダイエットを始める前に

・ 歯の状態をチェックしよう
・ 体調のチェックをしよう
・ 炭酸水が飲めるか確認しよう
・ 炭酸水を確保しよう
・ 食事時間がどれくらいとれるか確認しよう


連記事