彼女との上手な別れ方を学んで円満に終わらせる5つの方法

彼女との上手な別れ方を学んで円満に終わらせる5つの方法
付き合っていた彼女との上手な別れ方について、悩まれる方は多いでしょう。こちらの気持ちが変わってしまったり、他に好きな人ができたりした場合は、特に気を遣いますよね。

せっかく縁あって付き合ってきたのですから、なるべく彼女のダメージを少なくしてあげたいと思うのは自然なことです。また、中途半端な別れ方をしてしまうと彼女が諦めきれず、最悪の場合ストーカーのようになってしまう恐れもあります。

そんな事になってしまっては、お互いにとって不幸なだけですね。できることなら、良い恋愛だったとお互いにわだかまり無く別れられることが、一番の理想だと思います。そこで今回は、彼女との上手な別れ方を学んで円満に終わらせる5つの方法をお伝えします。

 

彼女との上手な別れ方を学んで
円満に終わらせる5つの方法

 

少しずつ距離を置いて別れの予兆を感じさせましょう

彼女との上手な別れ方を実行するためには、まず、相手と少しずつ距離を置くようにすることが大切です。自分にとってはもちろんですが、「最近、何かおかしいな」と予兆させることで、相手にとっても心の準備になりますね。

デートなど2人で会う機会や、連絡の頻度を少しずつ減らすなどして、物理的にも時間的にも徐々に距離を置くようにしていきましょう。勘の良い相手であれば、あなたの気持ちの変化に気づくはずですよ。そうしてある程度「心変わり」を予感させたら、あとはタイミングを見計らって改めて別れ話を切り出してください。

ちなみに、相手との距離を置き続けて「自然にフェードアウト」でも余計な波風は立たないかもしれませんが、やはり心のどこかにモヤモヤが残りますよね。誠意をもってきちんと気持ちの区切りをつけることが、彼女との上手な別れ方なのです。

 

別れの理由は正直に、はっきりと伝えましょう

いざ彼女に別れを告げることになったとして、やはり相手を目の前にすると言いづらくなることもあるでしょう。しかし、遠回しな言い方をしたり「察して欲しい」という雰囲気を出して言葉を濁したりするのは、彼女との上手な別れ方を意識するのであれば良いことではありません。

まず、「別れたい」「この関係を続けることができない」という結論から伝えてください。そして、その理由についても誤魔化さず正直に話すことが大切です。

当然ですが、嘘はいけません。理由については相手が「まだやり直せる」と思うような細かいことではなく、根本的に関係を継続することが無理であるという大きな1つに絞りましょう。

あなたに対して中途半端に気持ちが残るような別れ方をしてしまうと、彼女も次の恋に進めなくなってしまいます。その方がかえって残酷なのですよ。

 

言い訳や反論はせず、自分が悪者になる覚悟を持ちましょう

さて、あなたの別れ話に対して相手がすんなりと納得してくれればよいですが、そう簡単にはいきませんよね。動揺した相手から絶対に嫌だと強く拒まれる、考え直すように迫られる、キツい言葉で罵倒される…色々な反応が予想されます。

もちろん、相手を泣かせることにもなるでしょう。けれど、これで気持ちが揺らいでしまっては意味がありません。別れる決意をしたからには最後までしっかり貫き通してください。

仮に、少し度が過ぎると感じる批判を浴びたとしても、言い訳や反論をするのは厳禁です。別れたくない相手にしてみれば、あなたは別れを告げる“ヒドい人”なのですから。彼女との上手な別れ方を考えるのであれば、自分が悪者になる覚悟が必要となるでしょう。

 

決して感情的にならず、冷静さを保ち続けましょう

別れ話をする際、先ほどの悪者になる覚悟と共に、決して感情的にならない冷静な心も非常に大切です。いくら悪者に徹していても興奮した相手に対して「こっちが悪いって認めているのだから、それでいいだろ!」と同じように応じてしまっては、まとまる話もまとまりませんよね。

彼女との上手な別れ方を模索するのであれば、険悪な状態で関係を終わらせるのは適切ではありません。相手の中から自分に対する気持ちを無くすように仕向ける、という意味であえて嫌われるような態度を取るという考え方もありますが、その結果、不要な恨みを買ってしまうこともあるのです。

相手が泣いたり怒ったりして、どれだけ感情的になっていても、冷静さを保ちながら淡々とした態度を取り続けましょう。しばらくして相手も冷静になれば、動揺もせず落ち着いて話をするあなたの姿から、「別れる」という揺るがない意思を感じ取るはずですよ。

 

最後にこれまでの感謝の気持ちを伝えましょう

彼女と落ち着いて話ができたら、これまで一緒に過ごしたことに対して後悔はないという気持ちと共に「今までありがとう」という感謝の言葉を伝えましょう。

話し合いの最後に伝えることで、これでもう話は終わりだという雰囲気にもなります。また、少なくとも余計な波風は立たないはずですよ。

お互いが新しい恋愛に向けて前向きな気持ちで進むためには、これまでのお礼をきちんと伝えることを忘れないでください。これが彼女との上手な別れ方の締めくくりになります。

これまで共に過ごしてきた相手に対して、誠実な気持ちがあれば、こうした感謝の言葉は自然に出てきますよね。彼女との上手な別れ方というものを意識するのであれば、「なるべく後腐れのないように」と考えるのではなく「お互いこれから前を向いていくために」ということを大切にしましょう。

 

いかがでしたか。彼女との上手な別れ方を学んで円満に終わらせる5つの方法をお伝えしました。良いかたちで付き合い始めるよりも、後腐れのないように別れる方が、気力も体力も使うと言いますよね。

喧嘩や浮気など明らかな理由がない場合はなおさらでしょう。彼女との上手な別れ方で大切なことは、彼女をなるべく傷つけないことはもちろん、彼女が新しい恋に前向きになれるようにしてあげることです。

別れることが避けられないとしても、できる限りの配慮をしようという誠意がちゃんと伝われば、その後も友人でいられるくらいに良好な関係を築くこともできるでしょう。今回はお伝えした方法をもとに、彼女の性格やお互いの状況に合う上手な方法で、円満なお別れをしてください。

 

まとめ

彼女との円満な別れ方とは

・ 少しずつ距離を置いて別れの予兆を感じさせましょう
・ 別れの理由は正直に、はっきりと伝えましょう
・ 言い訳や反論はせず、自分が悪者になる覚悟を持ちましょう
・ 決して感情的にならず、冷静さを保ち続けましょう
・ 最後にこれまでの感謝の気持ちを伝えましょう


連記事
別れ恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会